行楽の秋!各地の名物駅弁(南九州編)

mtmまとめ
各地に美味しそうな駅弁がありますが、今回は九州のものを採り上げてみました。

●鹿児島中央駅

鹿児島黒豚 赤ワインステーキ弁当
出水駅でも販売しています。
極黒豚めし
黒豚横丁
出水駅でも販売しています。
鰹一本釣り弁当
えびめし
川内駅・出水駅でも販売しています。

●出水駅

竹灯籠弁当
出水駅弁「松栄軒」の「竹灯籠弁当」(1,080円)

「松栄軒」のサイトを挙げますね。色々ありますよ!

●新八代駅

天草大王地鶏めし
鮎屋三代
球磨川で獲れた天然の鮎を使った出汁で炊いた御飯に、鮎の甘露煮が乗っている。JR九州の「人気駅弁ランキング」で3年連続1位。
阿蘇赤うし
牛の時雨煮と焼き肉

この他にもありますが、この3点を挙げました。

●八代駅

新八代駅のところで挙げた弁当、その他が売られています。みなみの風(より藤)が販売。

●人吉駅

人吉駅のホームでも、「いさぶろう・しんぺい」や「SL人吉」の発着時に、おなじみ「菖蒲豊實さん」による駅弁の立ち売りが行われています。
人吉駅「栗めし」(1,100円)~SLもやって来るレトロな温泉を堪能する【ライター望月の駅弁膝栗毛】 | ニッポン放送 ラジオAM1242+FM93

人吉駅弁やまぐち
栗めし
鮎寿司
山彦かしわめし
鶏のてりやき弁当

この他にもありますよ!楽しみですね!

●吉松駅

1・2番のりばのホーム上には売店があり、特急「はやとの風」運転開始を機に駅弁の販売を再開した。また全国的に珍しくなった駅弁の立ち売りが行われている。
吉松駅 – Wikipedia

駅弁たまり
御弁当

●霧島温泉駅

土日に限り、 特急「はやとの風」停車時間に合わせて販売している。
霧島温泉駅 – Wikipedia

竹ん皮温泉おにぎり弁当
ペットボトルの霧島茶(500ml)も一緒にお渡し致します。

駅弁は、地元の温泉水で炊きあげたおにぎり、黒豚の一口かつ、がんもどき、サツマイモの天ぷらのガネなど9品。竹の皮で包み、地元産の食材であることの説明文も付けている。価格は700円。8月中は金曜日を除き、特急「はやとの風」の乗客に限り10個を販売する。乗客であれば事前予約も応じる。

地元の食材を使った駅弁を販売することで地域活性化につながればと、地元の主婦4人が設立した「ぽっぽ屋」(吉原あや子代表)が、約半年かけてメニューを考案した。
霧島温泉駅の駅弁いかが 黒豚かつ、イモ天… 地元食材たっぷり : 九州の温泉ニュース・スクラップ帳

●嘉例川駅

土・日・祝日に限り、霧島市にある「森の弁当やまだ屋」という業者が製造する『百年の旅物語かれい川』(通称「かれい川弁当」)が発売開始されている。土曜日と日曜日に駅舎内で発売している。
嘉例川駅 – Wikipedia

百年の旅物語 かれい川

●西都城駅

駅前に「せとやま弁当」という駅弁の店があり『かしわめし』等が有名で、大型時刻表にも駅弁マークが記載されているが、現在は駅前での店舗販売のみとなっている。
西都城駅 – Wikipedia

かしわめし

●都城駅

西都城駅前に本店を置く「せとやま弁当」]が都城駅前にも店舗を置いている。1955年(昭和30年)から販売されているかしわめしが有名で、都城駅の駅弁として紹介される場合もある。2018年6月現在では、大型時刻表にも駅弁マークが記載されておらず、現在は駅前での店舗販売のみ。
都城駅 – Wikipedia

●宮崎駅

元祖椎茸めし
日向鶏弁当

●こちらも見てね!

https://matome.naver.jp/odai/2157198265225197501
2019年11月11日