W杯でアジア勢”全滅”…今後は「アジア枠」減る可能性も

INITIAL-R
アジア勢4カ国はすべてグループリーグ敗退という結果に。

アジア勢は「0勝3分9敗」という結果に終わった

予選敗退が決まり、倒れこむ韓国の選手

アジア勢にとって最後の頼みだった韓国もベルギーに敗れた。日本、オーストラリア、イランを含めたアジア勢4チームは今大会で通算3分け9敗。一勝も挙げられないまま、1次リーグ敗退が決まった。
<ブラジルW杯>地球半周アジア勢「アウェー」で3分け9敗

勝ち星なしは90年イタリア大会以来。4チームが代表として出場するようになった98年フランス大会以降では初。
韓国も最下位敗退 アジア勢白星なし

ホン・ミョンボ監督は「他のアジアのチームはベストを尽くしたと信じているし、我々も全選手がベストを尽くした。しかし、世界に勝つのは難しかった」と言った。
悲壮3分9敗のアジア勢。韓国ホン・ミョンボ監督「アジア勢は全力を尽くしたが…」

現在のアジア枠は4.5となっているが・・・

ブラジル大会

ブラジル大会でベスト16に進出したチームの大陸ごとの内訳はヨーロッパが「6」、南米が「5」、北中米カリブ海が「3」、アフリカが「2」となっている。
なぜW杯でアジア勢はひとつも勝てなかったのか

アジアのみ決勝進出は「0」

アジア勢の「4.5」枠にはサッカーの全世界的な普及を掲げるFIFA(国際サッカー連盟)の方針、特に世界最大の人口を誇る中国やオイルマネーで潤う中東における潜在人気を掘り起こすマーケット戦略も込められている。
なぜW杯でアジア勢はひとつも勝てなかったのか (THE PAGE) – Yahoo!ニュース

強豪ひしめく南米、欧州勢からは「実力が伴っていないのに、割り当てが多すぎる」との批判があり、今回の結果でさらに高まるのは必至。
W杯アジア枠減る!? 韓国も敗れて4チームが0勝…

2018年のロシアW杯はどうなるのか

4年後はロシア大会が行われる

国際サッカー連盟(FIFA)が次回18年ロシア大会の枠を減らす可能性も考えられる。4年後の雪辱を期す日本には逆風となりそうだ。
アジア枠ピンチ!イラン敗れいまだ白星なし…多すぎるの声も/W杯

アジア勢全て未勝利って事は、次回のロシアではアジア枠1つ減って南米枠が1つ増える予感

▼関連リンク

https://matome.naver.jp/odai/2140385902647758701
2014年06月27日