今だから見たい アパッチ野球軍

sandayou
当時のちびっ子たちを驚愕させた野球漫画アパッチ野球軍を簡単に紹介します。ちなみにアパッチとは野蛮・暴力的などの意味を持つ言葉。本作にはまさにこのアパッチという言葉にふさわしい過激で魅力的な人物が続々と登場します。

どんなジャンルなの?

アパッチ野球軍という名前や、オープニングの「おれたちゃ裸がユニフォーム」というフレーズで、一見めちゃくちゃな野球漫画に思えますが、地獄甲子園のようなスプラッタ要素、ギャグ要素などはほぼ出てきません。

ちょっと過激でぶっ飛んでいる漫画ではありますが、スポ根という文字を根底に置きつつ野球部創設までの経緯を描いた人間ドラマのようなジャンルだと思います、なかなか展開が読めないため、今見ても新鮮だと思います、むしろ今だから見たい漫画・アニメです。

簡単なあらすじ

甲子園で完全試合を成し遂げた天才投手堂島 剛、ある日彼はプロ入りを前に日に日に金に目がくらんでいく父の姿を見て激昂、その結果数々の栄光を勝ち取ってきた左手を自ら割ったビール瓶でつんざくという悲劇を生んでしまう。
その後正気を取り戻した父も天国に逝ってしまい、妹も結婚、何かを無くしていた様に生きる堂島。
そんな彼を不憫に思ったかつての恩師ネギ監督は彼に和歌山県にあるダムに揺れる町猪猿村の野球コーチを紹介するのであった。
ようやく村に着いた堂島の前に現れたのは、お世辞にも高校生とは呼べないほどの風貌を持つ高校生達、一癖も二癖もある彼らと元天才球児の熱い野球交流が今始まる。

漫画版とアニメ版の違い

1アニメは劇画タッチですが、アニメ版は少し絵が柔らかいです。
2ラストが違う。

アニメ版

メンバー

堂島剛 監督
本作品の主人公、あらすじでも書いたとおり、甲子園で完全試合を成し遂げた高校球児であったが、プロ入りを前に自ら選手生命を絶った。その後恩師の監督から紹介され、猪猿村の野球部監督となる。

1番 ファースト 大学(だいがく)
寺のせがれ 名前の通りガリ勉タイプの青年、野球を馬鹿にしており、まったく野球部にかかわろうとしなかったが、堂島により強引に参加させられることになる。無理やり参加させられていたため、最初は嫌々参加していた彼であったが後にチームのブレインとなる。

根はいい奴のようで、材木が車のフロントガラスにヒビを入れた際も、即座に謝りその場を収めようとした。

2番 センター モンキー
猿に育てられた青年、普段は不良たちとつるんでいるものの、実は心優しい青年である。友達の猿が足をやられた際も涙を流して悔しがっていた。
森で育ったためか身体能力は超一流、センターを守っているが堂島に外野全部を任せられると言われるほど。
私が思うに彼の一番の見せ場は最終回ではないだろうか。

モンキー
これ合成じゃないんですよ。

3番 サード ハッパ
父親がハッパ技師のためこのあだ名となった。一時気の迷いから校舎を爆破するという事件を起こしてしまう、その後ダム派からも、ダム反対派からも孤立してしまうが。和解し、アパッチ野球軍に加わる。

4番 キャッチャー 材木(ざいもく)
キャッチャー 高校生でありながら木こりで家族を養っている。林業で鍛え抜かれた肉体は並大抵のものではなく、一発あたればその球はどこまでも飛んでいく、怪物級のスラッガー。

5番 ピッチャー 網走(あばしり)
ヤクザを殺した罪で父親が網走刑務所に入っていたためこのあだ名が付けられた、一匹狼タイプの彼であったが後に和解し、アパッチ野球軍不動のエースとなる。
個人的には堂島のその後の活躍を見たかった。

6番 セカンド ダニ
いまいち野球を理解してない部分があるらしく塁を逆走してホームに帰ってくるというマリオカートよろしくなショートカットを披露、その結果チームメイトにボコボコにされるという珍肉さんぶりを発揮している。
堂島にお前はダニだボールにしがみついたら決して放すんじゃないというありがたい言葉を頂いた。

7番 ショート コケラ
兄オケラの代わりにチームに入る。

8番 レフト 花子(はなこ)
村長の娘 堂島を気に入っているようで、チームのために奔走していた。

9番 ライト ダイコン
決して女の子に言ってはいけないワード第1位に入りそうなあだ名。
QL学園との試合でボールを追いフェンスに大激突、負傷したためベンチに戻る。この行動によりチームの結束は固いものとなった。

コウモリ
オケラからチーム唯一の野球ボールを50円で買取り練習を出来なくするというどうしようもないやつ。
損得勘定でどっちにでも付く抜け目の無い男。

オケラ
オケラとは一文無しという意味
ちょっと拾ったものをアレしてしまう癖があり、練習中にボールが無くなった際も一番に疑われた。一度チームを脱退したためレギュラーになれず

オケラ

モグラ
幼少期の頃に体験した崖崩れのトラウマにより飛んでくるものが怖くなってしまった、小学生と試合をした際に盗塁されるのであればこっちが先にベースを盗んでしまえという頓知の効いた独自の理論を展開、堂島に叱られる。
猛特訓で克服するも一度チームを脱退したためレギュラーになれなかった。

この作品を見る方法は?

現在漫画の方はコミックオンデマンド版を購入できます、しかしアニメ版の方は2002年にDVD化されましたが現在絶版扱いになっており購入は難しく、プレミアがついているため視聴が困難なようです。
残念ながらこの作品は差別用語などが使用されているため今後テレビ放映で見るのは難しいんじゃないでしょうか・・・。よってまずは漫画版から見てはいかがでしょう?

堂島の高校時代の活躍を描いた「エースの条件」という作品もありますので気になった方はそちらもどうぞ、こちらも絶版で少々お金がかかりますが・・・。
なおエースの条件を描いたのは「ドカベン」で知られる若き日の水島新司先生です。

おまけ 野球漫画とは似ても似つかないサブタイトル

第2話 他国者(よそもの)は刺せ
第4話 白昼のダイナマイト
第5話 天狗岩の死闘

https://matome.naver.jp/odai/2137734689451073601
2013年09月07日