【黒子のバスケ考察】キセキの世代が交わした”誓い”の謎

kurobas-mania
週刊少年ジャンプにて大好評連載中の『黒子のバスケ』。一部では能力バスケ漫画、バヌケなどと揶揄されることもありますが、実は読み込んでいくと色々と伏線や謎もあったりして面白いです。そこで今回はまだ明かされていない謎の一つである、キセキの世代が交わした”誓い”の謎についての考察記事を取り上げました。

”キセキの世代”とは…

週刊少年ジャンプに連載中の漫画、『黒子のバスケ』に登場する、いわゆるバスケの天才達の総称。

バスケットボール超強豪校「帝光中学校」において100名を超える部員達の頂点に立ち、「10年に一人の天才」と呼ばれた5人の選手たちのことである。帝光中学校の歴史の中でも「最強」と呼ばれ、黄金世代を築いた。同じ年、同じ学年、同じ学校に10年に一人の逸材が5人も集まったことから、「キセキ」と呼ばれる。
キセキの世代とは (キセキノセダイとは) [単語記事] – ニコニコ大百科

そんなキセキの世代が交わした謎の”誓い”があるらしい

赤司は 不思議な言葉を口にしています

キセキの世代がWC前にみんなで集まったとき
「全員あの時の誓いは忘れてないようだからな」という発言

とにかく謎が多いです
赤司征十郎は2人いる 緑間の言葉の真相は??(ネタバレ注意) – Yahoo!知恵袋

赤司とはキセキの世代の一人で帝光バスケ部の黄金世代を築いた当時のキャプテンです。

【考察①】”誓い”を交わす前に起こったとされる”ある事件”についての考察

”ある事件”が各メンバーに与えた心理的影響を数字で表すなど、わかりやすい考察です。

【考察②】”誓い”を交わすまでに至る時系列の考察

”誓い”を交わすまでに至るイベントを時系列順に並べられています。

【考察③】”誓い”の内容についての具体的な考察

黒子の”復讐”とキセキの世代同士の”潰し合い”

”誓い”の内容について予想外な考察がされています。
でも今の過去編を見ると十分にあり得る…。

最後に…

現在、週刊少年ジャンプでは主人公の黒子がキセキの世代の幻の6人目になる過程からバスケ部を辞めてしまうまでの過去編が連載されています。

こういった謎や伏線の考察といった側面から見るのも黒子のバスケをまた違った視点から楽しめるかと思います。

10月からアニメ2期も始まりますし、皆さんで黒子のバスケを盛り上げていきましょー!!

https://matome.naver.jp/odai/2137567049326752901
2013年08月05日