【疲れ目対策】目に優しいパソコン画面の表示設定方法【Windows】

hilo.blkaf
パソコンを長時間使用すると目が疲れてくるってことないでしょうか。Windowsの設定で目を疲れにくくする表示方法について紹介します。

■夜間モードを使用してブルーライトをカットする

ブルーライトカットメガネなど使用しなくてもWinodow10なら「夜間モード」を有効にすることでブルーライトを軽減することができます。

ブルーライトが軽減される色となるため、目の疲れが気になっている方や寝る前にパソコン作業をしていて寝付きにくい人に、おすすめです。 設定名は「夜間モード」となっていますが、設定をカスタマイズすれば、昼間も使えます!

私は目の疲れが気になっていたので、
ブルーライトをカットする眼鏡をかけてパソコン作業していました。

Windows10に夜間モードが追加され後は、
夜間モードを常時使って、今は眼鏡無しで作業しています。
【Windows10】【夜間モード】目の疲れる方へおすすめ。設定すれば昼間でも使えます – こころ心ココロ

夜間モード設定方法

「スタート」→「歯車アイコン」(設定)の順にクリックします。
121ware.com > サービス&サポート > Q&A > Q&A番号 019904

設定」が表示されます。
「システム」をクリックします。
121ware.com > サービス&サポート > Q&A > Q&A番号 019904


https://matome.naver.jp/odai/2156985728473596101/2156991873493411603

「ディスプレイ」をクリックし、「夜間モードの設定」をクリックします。
121ware.com > サービス&サポート > Q&A > Q&A番号 019904

「夜間モードの設定」が表示されます。
夜間モードを有効にするには、「今すぐ有効にする」をクリックします。
121ware.com > サービス&サポート > Q&A > Q&A番号 019904

夜間モードのメリット・デメリット

メリット】
・目が疲れにくくなる(ブルーライトが少ない色合いになる)
・寝る前にパソコンで作業していても、眠りを妨げにくくなる

【デメリット】
・色が暖かい色となるため、本来の色合いでなくなる。
夜間モードでは「白」が「薄いオレンジ色」になったりします。
動画や画像をちゃんとした色で見たい場合は、夜間モードをオフにしましょう。
【Windows10】【夜間モード】目の疲れる方へおすすめ。設定すれば昼間でも使えます – こころ心ココロ

■ダークモードを使用する

ずっと画面を見続けていると、目が疲れる。デジタル眼精疲労は、いまや深刻な社会問題と言ってもいいだろう。こうしたなか注目されているのが、黒い背景に白か色つきの文字を表示する「ダークモード」だ。
画面の見すぎで目が疲れたら、「ダークモード」をお試しあれ|WIRED.jp

色が黒くなる事によって、以下のメリットがあるかと思います。

① 目の疲労が緩和されます。画面が白いと、長時間見る事によって目が疲れやすくなりますので、黒くする事によって目の疲労対策になります。

② 作業に集中しやすくなります。画面が黒い(ダーク系)と目が疲労しにくくなりますし、黒いほうが見やすいので集中力が上がるかと思います。これは画面の色だけではなく、インテリアやオフィスのデザインも同じ事がいえます。よくスターバックス(その他カフェ含む)で勉強とか仕事している人が多いと思いますが、スターバックスのインテリアが白系だと集中しにくい環境かと思います。

③ 暗色系が好きな人は、デザイン的にカッコよくなります。
【Windows10】ダークテーマを使ってみる | SEブログ

ダークモードの設定方法

まずは左下の「スタートボタン」をクリックし、続いて「設定」をクリックします。
Windows 10で「ダークモード」を有効化する方法。エクスプローラーをはじめ、ChromeやFiorefoxなども対応済み。 | enjoypclife.net

【個人用設定】が開いたら、左側メニューから【色】をクリックし、下部にスクロール。最下部にある【既定のアプリモードを選択します】の部分がダークモードへの変更項目です。デフォルトでは【白】が選択されていると思います。
Windows 10で「ダークモード」を有効化する方法。エクスプローラーをはじめ、ChromeやFiorefoxなども対応済み。 | enjoypclife.net

これを【黒】に変更すれば、即座に黒色を基調とした、通称“ダークモード”に切り替わります。文字などは読みやすくなりますね。
Windows 10で「ダークモード」を有効化する方法。エクスプローラーをはじめ、ChromeやFiorefoxなども対応済み。 | enjoypclife.net

■ブラウザをダークモードで表示する

メニューや背景を黒やグレーを基調とした暗い色に変えることで、暗い場所でのブラウジングでの目の疲労を抑えたり、可読性を高めたり、バッテリー消費を抑制したりできる「ダークモード」は、YouTubeなどさまざまなサービスで取り入れられています。Google Chrome・Firefox・Safariの人気ブラウザに導入することで、簡単にブラウザをダークモードに切り替えられる拡張機能「Dark Reader」がリリースされています。
Chrome・Firefox・Safariを簡単に「ダークモード」にできる拡張機能「Dark Reader」を使ってみた – GIGAZINE

googleのトップページをDarkReaderで表示した結果

Dark Readerのインストール方法などが紹介されています。

https://matome.naver.jp/odai/2156985728473596101
2019年10月16日