怖すぎ!死刑囚の狂気に満ちた最後の言葉 5選

JOBS
怖すぎる!死刑囚の狂気に満ちた最後の言葉5選をまとめました。・

死刑囚

死刑囚(しけいしゅう)は、死刑の判決が確定した囚人に対する呼称である。死刑が執行されるまでその身柄は刑事施設に拘束される。


https://matome.naver.jp/odai/2154374344598169001/2154521786887955703

日本には約100名超の死刑囚がいる!

死刑となる判断基準

死刑になる判断基準とは、9つあると言われています。

犯罪の性質、動機、残虐性、結果の重大さ、遺族の被害感情、社会的影響、犯人の前科、年齢、犯行後の情状の9つです。

この基準は、永山則夫が起こした事件で提示されたことから、「永山基準」と呼ばれるようになった。

死刑囚の狂気に満ちた最後の言葉5選


https://matome.naver.jp/odai/2154374344598169001/2154521786887958103

エドワード・H・ルロフ


https://matome.naver.jp/odai/2154374344598169001/2154521786887956603

この男は、妻と娘を殺害し、さらに親戚2人の毒殺を試みました。

一度は刑務所に入れられたものの、証拠不十分で釈放されることになり。

1870年に店員を殺害した罪で死刑を宣告されました。

そして、絞首台の前で死刑が執行される瞬間、突然大声でこう叫んだのです。

「早くしろ!地獄のディナーに間に合わねえだろうが!」

ショーン・パトリック・フラナガン


https://matome.naver.jp/odai/2154374344598169001/2154521786887956903

この男は同性愛者をことごとく嫌い、二人の男性を殺害。

彼の死刑は1989年にネバダ州立刑務所にて執行されました。

その時、フラナガンは死刑執行人の男性に対してニッコリ微笑み、こう言い放ったそうです。

「I LOVE YOU」

ゲリー・ギルモア


https://matome.naver.jp/odai/2154374344598169001/2154521786887957203

彼はガソリンスタンドとモーテルでそれぞれ殺人を犯しました。

この裁判はたったの「2日」行われただけで、ギルモアの死刑が確定してしまいました。

彼は、絞首刑と銃殺のどちらかを選ぶことが許されて、結局「銃殺」を選択。

その理由は「失敗が無いから」だったそうです。

そして、死刑の直前、最期の言葉を聞かれたギルモアが口にしたのが、

「やっちまおうぜ(Let’s do it.)」

ピーター・カートン


https://matome.naver.jp/odai/2154374344598169001/2154521786887957503

ドイツで連続殺人を犯したこの男は、「デュッセルドルフの吸血鬼」

という異名を持っています。

「吸血鬼」という名が付いた理由は、犯行時に「血液」に対して異常な関心を持っていたため。

裁判で死刑を宣告されたカートンが断頭台に上った時、執行人に向かって言った最期の台詞は。

「教えてくれ。首を刎ねられた直後、俺は自分の血が吹き出す音を一瞬でも聞くことができるのか。それが、あらゆる快楽に終止符を打つ、最後の喜びになるのさ」

ロバート・アルトン・ハリス


https://matome.naver.jp/odai/2154374344598169001/2154521786887957603

この男は自分の弟と組んで少年二人が乗っている車をハイジャックし、しばらく運転させた後で彼らを殺害。

その後、少年たちの車を使って銀行強盗を実行するも、1時間と経たずして逮捕されることに。

ハリスは窃盗、誘拐、殺人、強盗の罪で有罪となり、1992年に死刑が執行されました。

そのハリスの最期の言葉は。

「国王だろうと街の清掃夫だろうと、どんな身分の奴でも皆、死神とダンスを踊るのさ」

おすすめの話題⬇︎

https://matome.naver.jp/odai/2154374344598169001
2019年05月27日