【アプリリア】RS250 前期と後期の違いは?【2st 250cc】

mtx50
【アプリリア】RS250 前期と後期の違いは?【2st 250cc】イタリアのバイク メーカー aprilia のRS250 の性能/外観の違いをまとめました。Suzukiの2ストロークエンジン(ガンマ250)のエンジン搭載したバイクです。パーツリスト ダウンロード サービスマニュアル

■RS250 型式から前期と後期の見分け方

フレームのステム部分の首元の右側に打刻されているレームナンバーから
年式を確認できます。

—— 前期型RS250 ——
1994年式 DGM ~
1995年式 ZD4LD0000S~
1996年式 ZD4LD0000US~
1997年式

—— 後期型RS250 ——
1998年式 ZD4LDA000WS~
1999年式 ZD4LDA000XS~
2000年式 ZD4LDA000YS~
2001年式 ZD4LDA0001S~
2002年式 ZD4LDA0002S~
2003年式 ZD4LDA0003S~

■ RS250 前期と後期の違いは?

LD型(前期)は重心が低くて1次旋回が良く普通のバイクの動きをします。
LDA型(後期)は重心が高くて、グラっと倒れ込む独特の動きをしますが
絶対的な限界は高く感じる。 ただし、LDA型のフロント120/60-17のサイズは
太すぎるので、110/70-17に入れ替えたい。

前期

テールが尖っている。

海外用RGVΓの62psに+8psして70psにした。

前期は1995~1996までは9000rpmから唐突に
パワフルになる感じなのでピーキーと言われる。

前期でも1997年ごろのはトルクが下も太っていて乗りやすい。

重心が低くて1次旋回が良く普通のバイクの動きをします。

最高速はスプロケットの丁数の関係で若干前期が上回ると思うが
実測値は大差ない。
どちらも220km/hくらいが最高速。

前期型のマルゾッキのフォークは、片側ダンパー・片側スプリング

重心が低い
細長い車体のような印象で、2stレプリカらしい機敏さはあまり感じられない
気軽に速く走れる感じ

燃料タンクは前期型が16L

シート高は、前期が775mm

後期

テールカウルが丸く尻下がりになっています。
SUZUKIの工場でもアプリリア専用ユニットを作っていた物です。
正確には、RGVΓエンジンのアップグレード版です。
ECU性能が優れています。

重心が高くて、グラっと倒れ込む独特の動きをしますが
絶対的な限界は高く感じる。

後期は排気バルブの制御が無段変速になって細かくなり、
低速からトルクが出るチャンバーのせいもあって乗りやすい。

後期型のRS250専用ヘッド&シリンダーは、あまり効果を感じない。

後期型のSHOWAのフォークは、両側ともダンパー・スプリング

太く・幅広く・腰高の不思議な印象で、
2stレプリカというより大型バイクに近い乗り味を感じられる
速いが、速く走らせるのは難しく感じた。

燃料タンクは後期型が19L

シート高は、後期が810mm

■RS250 パーツリスト

RS250 パーツリストの公開先URL

■RS250 サービスマニュアル

https://matome.naver.jp/odai/2150537606472666301
2017年10月04日