漫湖(まんこ)公園のクジラが潮を吹くらしい(動画あり)

tawashi_taro
漫湖(まんこ)公園に設置されているクジラのオブジェが潮を吹くらしいとのこと。

漫湖(まんこ)とは

漫湖(まんこ)は、沖縄県那覇市と豊見城市にまたがる干潟である。近くには漫湖公園等がある。
漫湖 – Wikipedia

漫湖は、那覇港に近い、国場川下流部、饒波川との合流部に位置し、那覇市街の南に位置する。県外の旅行者が那覇空港から那覇市街に向かう途中(国道58号の明治橋や沖縄都市モノレール線の奥武山公園駅 – 壺川駅間)で、この河口を横断する。その際、右側に漫湖を望むことができる。なお、漫“湖”と書くが湖ではなく干潟である。
漫湖 – Wikipedia

漫湖公園とは

国の鳥獣保護区特別保護地区に指定されている。漫湖に面した総合公園。1999年には湿地を保護するラムサール条約にも登録され、冬場には多くの渡り鳥が飛来。観察地として最適。
漫湖公園 クチコミガイド【フォートラベル】|那覇

漫湖のくじら

実際の様子はこちら

公園管理課の方のお話

1.クジラの潮吹きについて
漫湖公園のクジラを昨年塗り替えたのだが、その際にミストがでる仕組みが実装された。
漫湖公園のクジラは潮を吹く – 沖縄B級ポータル – DEEokinawa(でぃーおきなわ)

2.クジラの潮吹きについて(2)
もともとクジラには潮を吹く仕組みが実装されていた。地下水をくみ上げ、今のようなミストではなくびゅーっと水が飛び出す仕組み。しかし、クジラの近くにしぶきが飛んでしまって(地下水を使っているので)衛生的にどうなのかなどの苦情もあり、止めていた。
漫湖公園のクジラは潮を吹く – 沖縄B級ポータル – DEEokinawa(でぃーおきなわ)

Twitterより

漫湖公園(Manko)のほとりに建てられた巨大クジラの遊具。しかもなんとこのクジラ…潮を吹くんです。一定時間になると蒸気が噴き出ます。さすが、漫湖(Manko)なだけありますね! pic.twitter.com/hR9qQb6sUs

たくさんの生物が暮らす漫湖

漫湖は河口干潟であり、満潮時には水で満たされ、干潮時には泥干潟が広がります。
泥干潟では、無数のカニ類がハサミを振り、「トントンミー」と呼ばれているトビハゼ類が飛び跳ね、泥の中にはゴカイや貴重な貝類が生息しています。干潮時には、それらの豊富な底生生物を食べるために多くの水鳥が集まり、忙しく干潟を歩き回る姿が見られます。
漫湖いきもの図鑑 | Field Guide | 漫湖水鳥・湿地センター

https://matome.naver.jp/odai/2149959513221147901
2017年07月09日