怖すぎる!日本・世界で起きた熊による9つの死亡事件

parum

目次

・三毛別羆事件
・石狩沼田幌新事件
・札幌丘珠事件
・福岡大学ワンダーフォーゲル同好会羆襲撃事件
・秋田八幡平クマ牧場事件
・十和利山熊襲撃事件
・星野道夫死亡事件
・ペトロパブロフスク羆事件
・ニュージャージー ハイカー襲撃事件
・熊に襲われた動画

三毛別羆事件 1915年

三毛別羆事件(さんけべつひぐまじけん)とは、1915年(大正4年)12月9日 – 12月14日にかけて、北海道苫前郡苫前村(現:苫前町)三毛別(現:三渓)六線沢(正式な住所は北海道天塩国苫前郡苫前村大字力昼村三毛別御料農地6号新区画開拓部落六線沢)で発生した、クマの獣害(じゅうがい)としては記録的な被害を出した事件。六線沢熊害事件(ろくせんさわゆうがいじけん)、苫前羆事件(とままえひぐまじけん)、苫前三毛別事件(とままえさんけべつじけん)とも呼ばれる。エゾヒグマが数度にわたり民家を襲い、開拓民7名が死亡、3名が重傷を負った。事件を受けて討伐隊が組織され、問題の熊が射殺されたことで事態は終息した。
三毛別羆事件 – Wikipedia

本やテレビでも取り上げられたこの事件。日本における最大の獣害事件とされる

石狩沼田幌新事件 1923年8月21日

夏祭りの催し事を楽しみに出かけていた近隣住民らが帰宅の家路につき山道を歩いていたところをヒグマに襲われたというケース。

最初に子供や青年らの一群へヒグマが襲いかかります。

ついで彼らが逃げ込んだ民家へも追撃に及んだヒグマはなおも人を襲いつづけたのだそうな。

結局、複数人の死亡を含めた被害者を出すに至ったクマ被害なんだって。

襲撃された青年のひとりは生きたまま土中に埋められていたり、老人が山中へと引きづりこまれ咬殺・食害されてしまうなどこれもまた凄惨な内容の事件となった史実。

駆除へむかった猟師などにも死傷者が発生したため、最終的には5人が死亡し3名が重傷を負われることとなりました。

この数値はクマ被害史上2番目の悪しき記録。
石狩沼田幌新事件

この動画で20分ごろより「石狩沼田幌新事件」を詳細に紹介しています

札幌丘珠事件 1878年

札幌丘珠事件(さっぽろおかだまじけん)とは、1878年(明治11年)1月11日から1月18日にかけて北海道石狩国札幌郡札幌村大字丘珠村(現:札幌市東区丘珠町)で発生した、記録されたものとしては日本史上4番目に大きな被害を出した獣害(事件。冬眠から理不尽な形で目を覚まされたヒグマが猟師や開拓民の夫婦を襲い、死者3名、重傷者2名を出した
札幌丘珠事件 – Wikipedia

明治11年1月11日、真冬の札幌。
ある猟師が円山と藻岩山の山間のクマ穴にクマを捕りに行った。
既にヒグマは冬ごもりをしている時期である。
しかし猟師はこの穴グマを捕り損ね、逆に殺されてしまう。
札幌丘珠ヒグマ事件 | ヒグマ研究室

クマは冬ごもりを猟師により中断されたため、飢餓状態で真冬の札幌の町中を走り回った。
クマ駆除隊も編成され、クマは猟師によって起こされた山から平岸⇒月寒⇒白石⇒雁来まで逃げ回った。
その後駆除隊は雁来でヒグマを見失う。
ヒグマは事件現場になる丘珠へ向かっていた
札幌丘珠ヒグマ事件 | ヒグマ研究室

1月17日深夜、丘珠の堺さん宅に侵入。
堺さん宅には堺さん、妻、長男、雇女の4名がいた。
ヒグマは堺さんとまだ乳のみ子だった長男を殺害。
一緒にいた妻と雇われていた女性も重傷を負う。
札幌丘珠ヒグマ事件 | ヒグマ研究室

1月18日昼ごろ、加害グマが駆除隊に射殺される。
体長:1.9m
性別:オス
年齢:成獣
加害理由:冬ごもり中のヒグマを猟師が手負いにした為
札幌丘珠ヒグマ事件 | ヒグマ研究室

福岡大学ワンダーフォーゲル同好会羆襲撃事件 1970年

福岡大の5人は1970年7月14日、日高山脈縦走のため、北部の芽室岳から入山した。
25日午後3時20分ごろ、カムイエクウチカウシ山北側にある九の沢カールに着いてテントを設営。
午後4時半ごろ、夕食後に全員がテント内にいたとき、6-7メートル先にクマを発見。最初は興味本位に眺めていたが、やがて外にあったザックをあさり、食料を食べ始めたので、すきを見てザックを回収、すべてテント内に入れた。火をたき、ラジオを鳴らし、食器をたたいていると、クマは30分ほどで姿を消した(第1の襲撃)。
午後9時ごろ、クマの鼻息がして、テントにこぶし大の穴があく。2人ずつ交替で起きて見張りをした(第2の襲撃)。

7月26日午前3時起床。撤収準備中の午前4時半、再びクマが現れ、近づいてきた。テントに入ろうとするので、5人は支柱やテント地を握り、5分間ほど、クマとテントを引っ張り合う形になった(第3の襲撃)。
最後にグマと反対側の幕を上げ、5人そろって稜線方向に逃げ出し、50メートルほど離れた。クマはテントを倒し、ザックの中身をあさっていた。ザックをくわえては低木帯の中に隠すという行動をくり返した。
リーダーA君の指示で、サブリーダーB君と最年少のE君の2人が九の沢を下って、ハンター出動を頼むことになった。
2人は午前7時ごろ、八の沢出合いで北海岳友会(北海学園大)の18人パーティーに出会い、救援要請を依頼。コンロや食料、燃料、地図を借り受け、残った3人と合流するため、八の沢を登りなおした。

6日午後1時、カムエク岳近くの稜線で下った2人と残った3人が合流。稜線上で鳥取大、中央鉄道学園のパーティーに会う。
午後3時、稜線上のほうが安全と判断してテントを張る。
午後4時半、ヒグマ出現。縦走路を50メートルほど下って、1時間半ほど様子を見る。午後6時ごろ、鳥取大のテントに避難させてもらうことに決定。稜線を外れて、カールを下り始める。
午後6時半、稜線から60-70メートル下ったところですぐ後ろにいるクマに気づき、全員が駆け下りる。
E君が最初に襲われ、ヤブの中で悲鳴や格闘の音がした後、「足を引きずりながら、カール底の鳥取大テントの方に向かって行くのが見えた」という。
リーダーA君が「全員集合」をかけたが、集まったのはB君、D君の3人のみ。2年生のC君は、答える声は30メートルほど下から聞こえたが戻らず、そのままはぐれてしまった。C君はこの後、1人で夜を過ごし、翌日の27日午後3時までは生存していたことが、遺品のメモから分かった。
午後8時ごろ、3人は安全そうな岩場に身を寄せ、ビバークした。

27日朝は霧が濃かった。3人は午前8時から行動を開始。岩場から下るとまもなく、目の前にクマが出現した。
リーダーA君がクマを押しのけるように進み、そのままカールの底の方へとクマに追われていった。A君も遺体で発見される。
残った2人はカールを避けながら八の沢に出て、沢を下った。午後1時、砂防ダム工事現場に着き、車を手配してもらう。午後6時、中札内駐在所に2人は保護された。

Cさんが残したメモ

26日夕方に仲間とはぐれたC君は、孤独と恐怖の中で手帳にメモを残していた。「下の様子は、全然わからなかった。クマの音が聞こえただけである。仕方ないから、今夜はここでしんぼうしようと…」とある。
彼は焚き火が見えた鳥取大のテントに逃げ込もうと、夕暮れの中を下ったが、クマに見つかり、追われる形になった。
ガケに上り、石を投げつけ、「15㎝くらいの石を鼻を目がけて投げる。当った。クマは後さがりする。腰をおろして、オレをにらんでいた。オレはもう食われてしまうと思って…一目散に、逃げることを決め逃げる」と書いた。
転びながら、後ろを振り返らず、やっと逃げ込めたテントには誰もいなかった。
「なぜかシュラフに入っていると、安心感がでてきて落ちついた。それからみんなのことを考えたが、こうなったからには仕方がない。風の音や草が、いやに気になって眠れない。鳥取大WVが無事報告して、救助隊がくることを、祈って寝る」
翌27日、早朝から目は覚めたが、「外のことが、気になるが、恐ろしいので、8時までテントの中にいることにする」。

テントの中のご飯を食べて少し落ち着いたが、状況は変わらない。「また、クマが出そうな予感がするので、またシュラフにもぐり込む。ああ、早く博多に帰りたい」と、切ない言葉が続く。
午前7時、下山を決意して握り飯を作り、テント内のシャツや靴下を借りて外に出るが、「5m上に、やはりクマがいた。とても出られないので、このままテントの中にいる」。
絶望のメモは字が乱れ、不安を書き記して途絶える。
「3:00頃まで…(判読不能)
他のメンバーは、もう下山したのか。鳥取大WVは連絡してくれたのか。
いつ、助けに来るのか。すべて、不安でおそろしい…
またガスが濃くなって……」
C君は1人でテントにいるところを襲われて亡くなったらしい。

秋田八幡平クマ牧場事件 2012年

秋田県鹿角市の八幡平熊沢外国有林内(十和田八幡平国立公園八幡平地域そば)にあったクマの動物園(テーマパーク、観光牧場)。八幡平クマ牧場とも呼ばれる。飼育員がヒグマに襲われ死亡する事故が発生したため休園し、2012年6月に閉園した
秋田八幡平クマ牧場 – Wikipedia

事件の経過

午前8時頃、冬期閉鎖中のクマ牧場では、春の営業再開に向け、3名の従業員が作業中だった。
女性従業員は餌場に餌を置き、クマを運動場に放つ為に冬眠房を開けたのだが、この時、運動場内には、
2日前の除雪作業中に圧雪し損なった事で雪山が出来ていたが、その事態に、従業員達は気付いていなかった。

写真で見てもわかるほどやつれている熊。閉園が決まっていたため、餌を与えず空腹で共食いをさせることでさっ処分せずに数を減らす目的だったらしい

午前9時頃、運動場に放たれたヒグマの内、6頭が、高く積み上がった雪山を利用し、堀外に脱走。
餌場で作業中の女性従業員・館花タケさん(75)は、ヒグマの脱走に気付き、急いで、外通路に飛び出し、
「クマが逃げ出した!」と、付近で雪を水で洗い落とす作業をしていた男性従業員に叫び知らせた。
男性従業員は、タケさんの叫び声に気付き、瞬時に事態を把握したが、その叫び声に気付いたのは男性従業員だけ
ではなかった。 男性従業員が目を向けた先では、逃げ走るタケさんにヒグマが襲いかかり、噛み付いていた。
また、奥通路で作業中の筈である、もう一名の女性従業員・館花タチさん(69)からは、何の応答も無く、
最悪の事態も想定された。 男性従業員は、急ぎ、牧場経営者に電話連絡し、其の足で、近隣の鹿角市猟友会会員
の青澤さん宅にも事態を知らせに向かった。

午前10時頃、牧場経営者から緊急要請を受けた警察、救急隊が牧場出入口に到着。
暫く後、男性従業員と青澤さんも現地に到着。 国道側から牧場を見下ろせる為、青澤さんが上に上がってみると、
牧場内での凄惨な光景が目に飛び込んできた。
直ぐには、タケさんなのか、タチさんなのが判別が付かないが、横たわっている人物がおり、更に、2頭のヒグマが、その人物を餌でも奪い合うかの様に引っ張りあっていた。
青澤さんは、警察からの緊急召集要請が猟友会に掛けられる事を予測し、自宅に戻り、銃器の準備に取り掛かった。
その後、まもなく、警察隊は自分達だけでは手に負えないと判断し、猟友会に緊急救助要請を発令し、関連施設に於けるヒグマの射殺許可要請を発令することになる。

午前11時半頃、猟友会のツキノワグマ撃ちの名人・斉藤良悦さん(57)も要請を受け、現地に到着。
正午頃には、射殺許可も発令され、斉藤さんを含む領友会の会員は、次々とヒグマを射殺していく事になる。
一匹目は、脱走原因になったとされる雪山近くの外通路におり、体長は約1.5メートル、体重は約250キロ程の
大きさだった。 ヒグマを撃った経験が無かっただけに不安な部分もあったが、見事に頭部を撃ち抜き、射殺した。
最初に発見したヒグマを射殺後、「こっちにもいるぞ!」との猟友会の他会員の声を耳にし、声元の方に移動すると、一匹目よりも明らかに大きく、体長、約2メートル、体重、約300キロ近くと見られるヒグマが2匹いたので、
片方を、付近の手摺で銃身を支えながら銃弾を放ち、射殺に成功すると、もう片方のヒグマが、突如、立ち上り、
仁王立ちの態勢で威嚇してきた。 急ぎ、斉藤さんは弾を装弾し、頭部を一撃の下、3匹目の処理の成功。

餌場付近に、4匹目のヒグマが彷徨いている事を確認し、目眩などが発生するリスクを考慮し、合図と共に、
数人が一拍置きに銃弾をヒグマの体の浴びせ、射殺。
その後、5匹目のヒグマも発見したので、4匹目を射殺した時と同じく、合図と共に、一拍置きに銃弾を浴びせ、
手応えを感じたが、ヒグマは、くるりと後ろを向き、近くの餌場内に、もう一匹のヒグマと共に隠れた。
そこで、斉藤さん含め、皆で餌場を包囲したが、ヒグマが出て来ない為、斉藤さんがショベルカーに乗込み、
餌場のトタンの外壁を強引に剥がし、中の様子を確認すると、5匹目のヒグマは既に絶命していた。
その亡骸の近くに、6匹目のヒグマがおり、斉藤さんとの距離は5メートル程だった。
ヒグマは斉藤さん目掛けて、飛び掛かろうとする仕草を見せたが、斉藤さんが目を見開き睨み付けると、後ずさりを
始めたので、直ぐに飛び掛かっては来ないと判断し、斉藤さんは、急いでショベルカーに乗込み、半身を車外から
出す姿勢でライフルの照準をヒグマの頭部に定め、一撃で射殺。
脱走した6頭全てを射殺した頃には、午後4時近くとなっていた。
羆の恐怖&神秘的な話 秋田八幡平クマ牧場事件

その後、射殺された熊を解剖すると・・・

2名の女性従業員は、既に絶命しており、病院に搬送された。
射殺されたヒグマらは、22日に解体解剖され、胃内からは、握り拳程度のくすんだ赤色の肉片、毛髪、
捲れた皮膚、胃液で黄色に変色したタイツなどが発見された。
事件の原因は調査中だが、おそらくは、除雪時のミスだろう。
また、クマ牧場は経営難で、施設の老朽化が目立っていた点を以前から問題視されていた事も、後に分かった。
羆の恐怖&神秘的な話 秋田八幡平クマ牧場事件

十和利山熊襲撃事件 2016年

、2016年5月から6月にかけて、秋田県鹿角市十和田大湯字熊取平 と字田代平 で、ツキノワグマがタケノコ採り客を襲撃し4人が死亡、2人が重傷を負った事件である。北海道に生息するヒグマも含めると三毛別羆事件、石狩沼田幌新事件に次いで日本史上3番目に最悪な獣害事件と言われる。また、本州では記録に残っている中では最悪な獣害事件である。事件の命名者はNPO法人日本ツキノワグマ研究所理事長の米田一彦である。

事件が起きた後もこの山には山菜目当ての人間が後を絶たなかった・・・

星野道夫死亡事件 1996年

星野は自身の持ち込み企画である「ヒグマと鮭」を題材にした写真を撮影するため、TBSのクルーと共にロシアのカムチャッカ半島南部のクリル湖畔へとやってきました。付近には身の安全を確保できる小屋や「鮭観察タワー」などの宿泊施設があったものの、彼は敢えて湖畔のほとりにテントを設置し、そこへ寝泊りすることを選択します
この時、季節は7月。「この時期は、サケが川を上って食べ物が豊富だから、ヒグマは襲ってこない」との見識に基づいた判断でした。

到着してから2日後の夜、異変が起こります。宿泊用の小屋に備え付けてある食糧庫にヒグマがよじ登り、飛び跳ねていたのです。発見したのは、星野の近くでテントを張っていたアメリカ人写真家。体長2 m超・体重250 kgはあろうかという巨体を持ち、額に赤い傷のある雄クマだったと言います。
このヒグマ、数日前にも食糧庫を荒しており、どうやら空腹のようなのです。なぜ食べるものに困らない時期のはずなのに、人間の食糧を欲するのでしょうか? 実はこの年、サケの遡上が例年よりも遅れていたのです。さらに、この赤い傷を負ったヒグマが、地元テレビ局の社長によって餌付けされた個体であったため、人間への警戒心が薄かったとも考えられています。

しかしこの時、そんなことは分かっていません。「たまたまだろう」と思ったのか、星野は再三に渡るガイドの忠告を聞き入れず、テントでの宿泊を続行します。そして、2週間が経過したある日の深夜。悲劇は起こったのです。
キャンプ場に突如として響き渡る絶叫。その声がすぐに星野のものだと分かったTBSスタッフは、急いで小屋から出ていきます。するとそこには、額に傷のある例のヒグマが彼を咥えて、悠々と森の中へ戻っていく姿が見えたのです。

テント!ベアー!ベアー!」とガイドに叫ぶスタッフたち。それを受けて、すぐにガイドがシャベルで応戦したものの、それをもろともせずにヒグマは立ち去っていきました。森の奥深くで発見されたときには、星野は無残に食い荒らされた後でした。
ヒグマに襲撃されて死亡…『どうぶつ奇想天外!』で起こった最悪の事故 – エキサイトニュース(3/3)

ペトロパブロフスク羆事件 2011年

2011年8月13日、シベリア東部のカムチャッカ半島東岸に位置するペトロパブロフスクという
漁業で有名な都市の近隣のTermalniy村近郊の川辺で発生した羆襲撃事件
2名の親子が死亡、娘が羆に食害されている最中に母親へ電話で助けを要請したと云う凄惨な事件

2011年8月13日、音楽学校を卒業し、数日前に運転免許も取得したオルガ・モスカヨワ(19)は、
継父のイゴール・チガネンコフさんと一緒に記念のキャンプ旅行に来ていました。
正午頃、川原でイゴールさんが休んでいると、突然、背の高く生い茂った葦の中から巨大なヒグマが
襲いかかって来た。
イゴールさんは抵抗する間もなく一撃で首の骨を折られ、さらに頭骨を圧し割られ死亡。
その継父が殺害される様子を近くの葦の奥で目撃したオルガさんは、直ぐにその場から逃げる事を試みたが、
彼女の存在に気付いたヒグマの反応の方が素早かった。 70ヤード程逃げた地点で、彼女は足を攻撃され
身動きが取れなくなった。 そしてヒグマは彼女の体を下半身から生きたまま喰い始める。

その絶望的な状況下、彼女は手持ちの携帯電話で母親のタティアナさんに助けを求める電話を掛けている。
タティアナさんが電話にでると、
『ママ!! クマが私を食べているの! ひどく痛いよ! たすけてー!!』
という娘のオルガさんの声が聞こえ、当初、母親はいつもの娘の悪いジョークだと思ったものの、近くで
獣の息遣いと、何かを食べる粗食音が聞こえた為に現実を理解し、気が動転しながらも夫のイゴールさんの
携帯電話に掛けたが・・・、この時には、既にイゴールさんはヒグマにの攻撃で絶命している。

ティアナさんは夫が電話に応答しない為、直ぐにキャンプ地近くのTermalniy村の警察に通報、
その通報する最中、オルガさんからタティアナさんに二度目の電話が掛かってきた。
『ママ・・・、クマが戻ってきた・・・・3頭のコグマを連れてきて・・彼らが私を食べているわ・・・』
と弱々しい声で自らの状況を語り、電話が途切れてしまった。
タティアナさんは警察に事情を伝え、救援を急ぐ様に要請し、夫の親族にも様子を見に行って欲しい旨を連絡。
それから数分後、再度、オルガさんからの三度目の着信を知らせる着信音が鳴り響く。
『ママ、もう噛まれていないわ・・。 痛みも感じなくなった・・、今までごめんなさい。凄く愛してる』
と自身の死を悟ったかの様な電話内容であり、この三度目の電話の声が母親が最後に聞く娘の声となった。

最後の電話から約30分後、通報を受けた警察関係者とイゴールさんの兄弟は現地に到着。
彼等が目にした物は、イゴールさんを食べているヒグマの親子と、無残な姿で亡骸と化したオルガの姿だった。
直ぐに、警察は地元のハンター6人にヒグマ退治を依頼したとの事。
羆の恐怖&神秘的な話 ペトロパブロフスク羆事件

ニュージャージー ハイカー襲撃事件 2014年

2014年9月21日、米国のラトガース大学の学生、ダーシュ・パテル(22)は、
ニュージャージー州ウェスト・ミルフォードの自然保護区に友人達三人と
ハイキングに来ていた。

そして、クロクマが彼らの後を付いて来ている事にある地点で気付いた。
野生動物に好奇心があり、距離も離れている事もあり、四人は足を止め、
手持ちの携帯電話でクマを写真に収めたところ、クマが若干、四人との
距離を縮める動きを取ったので、警戒しながら数枚の写真に収めた。
すると、更に距離を縮めようと此方側に真っ直ぐに向かってきたので、
四人はパニックになり、蜘蛛の子を散らす様な逃げ方になってしまった。
逃げる際、パテルの靴が脱げてしまい、彼が逃げる三人に向かって、
構わずに走り続けろと叫び、岩の上に逃げようとしていた姿を友人の一人が
後に証言している。 その姿がパテルの生前時の最後の姿となってしまった。


https://matome.naver.jp/odai/2147532970297163101/2147549841612216103

残りの三人は森を抜け、警察に通報。
地元の警察が森に捜索に入ると、渓谷の谷の底でパテルの遺体を発見。
問題のクマは、遺体の周囲を周回するようにウロウロしていたので、警官二人が
ショットガンで射殺したとの事。

問題の加害クマを解剖した所、食道と胃の上部から彼の衣類、体毛や体組織、
爪からも血液や皮膚組織などが発見された。
また、この付近ではゴミを漁る熊の目撃例や、ハイカーの後を付けたりなど
人間に執着するクロクマの報告例があり、警戒されていた矢先での事件だった。
残念なことに、そう言った忠告や警戒が生かされず、ニュージャージ州で初めての
クマによる死亡事故となってしまった。
事件で亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。
羆の恐怖&神秘的な話 戦慄の羆関連獣害事件(海外)

熊に襲われた動画の数々

ロシア語のタイトルが「彼自信の死の撮影」となっています。

恐らく3人程亡くなられたか重症を負ったようです。

https://matome.naver.jp/odai/2147532970297163101
2017年01月08日