スズキを育て上げた鈴木修の伝説エピソード!

MediaM

鈴木修会長兼最高経営責任者(CEO)が、CEO職を辞任

鈴木修のプロフィール

鈴木修、すずき・おさむ。日本の経営者。
鈴木修の名言 厳選集

自動車メーカー「スズキ」社長・会長。岐阜県出身。中央大学法学部法律学科卒業後、中央相互銀行(のちの愛知銀行)を経て鈴木自動車工業に入社。常務、専務などを経て社長に就任。同社を大きく成長させた。

すごすぎる、鈴木修の経歴!

昭和53年6月に社長就任
プロフィール 鈴木 修

平成12年6月から会長、平成20年12月には再び社長を兼務する。

社長就任時3,232億円であった売上高を30年間で3兆円企業に育て上げた。
プロフィール 鈴木 修

現場・現物・現実にこだわる三現主義のもと、社長就任時3,232億円であった売上高を30年間で3兆円企業に育て上げた。

アジアを中心に現地生産化の推進
プロフィール 鈴木 修

軽自動車を中心に小さな車作りを目指し、パキスタン、インド、ハンガリー、ベトナム、インドネシア等アジアを中心に現地生産化の推進など、スズキの更なる成長を日々追求する。

伝説的なエピソード!

他社に先んじてインドで成功を収めているのがスズキ
スズキのインド進出のエピソード—会長が明かした成功の背景 – 我が郷は足日木の垂水のほとり

よく『スズキさんは先見の明があって素晴らしいですね』などと言われる。冗談じゃない。先見の明なんてどこにあるかって。 本当は,我々だって大手と同じように先進国に進出したかった。しかし,先進国の中で(軽自動車のような)小さなクルマを造ってほしいと言ってくれる国はどこもなかった。

世界的メーカーとして認知
鈴木修 (実業家) – Wikipedia

海外進出を積極的に行い、インドでのマルチ・ウドヨグ(現マルチ・スズキ・インディア)社への積極的支援等を通し、アジア成長国での販売を伸ばした。一方、1981年には巨大自動車メーカーであるゼネラルモーターズ(GM)との業務提携を進め、さらに1990年代初めには欧州戦略拠点としてハンガリーへの工場進出を図るなどした結果、社長就任時には1700億円であった売上高を、2007年3月期では3兆1636億円になるまでスズキを成長させ、世界的メーカーとして認知される基礎を築いた。

ディーラーや小売店の整備工場へは自らの足で出向く
鈴木修 (実業家) – Wikipedia

全国各地に点在するディーラーや小売店の整備工場へは自らの足で出向くほどフットワークが良いことで知られ、現場スタッフやユーザーの声を直に訊いたりするなど顧客の動向や問題点の洗い出し、販売戦略、製品改良等の探求(追求)に余念がない。

鈴木修の名言

自動車メーカーのない国に行けば一位になれる。
鈴木修の名言 厳選集

追いかければ追いかけるほど、ツキは逃げていく。
鈴木修の名言 厳選集

人間の能力の差は、体力・気力・努力次第で簡単に逆転する。要はやる気次第だ。やる気を出せばなんでもできる。
鈴木修の名言 厳選集

机の上で評論していちゃ駄目。やってみなさい、試してみなさい。
鈴木修の名言 厳選集

https://matome.naver.jp/odai/2146537898309821301
2016年06月08日