最新作から厳選おすすめ!これだけは読んどけってマンガ2015【第二弾】

酔いどれキツネ
2015年4月~7月上旬に発売された漫画から、個人的に「激おススメ!」なマンガを選びました。あなたの部屋の新しい一冊、こちらからいかがでしょうか。「はたらく細胞」「プリンセスメゾン」「A子さんの恋人」「おはよう、いばら姫」「ボーイスカート」「カコとニセ探偵」「ランド」「月光」

はたらく細胞/清水茜

我々の体でお祭り騒ぎ!
人間の体を舞台に、細胞たちや細菌などの働きを擬人化したマンガ。戦う白血球、擦り傷という奈落の穴など、ちょっとしたことを大迫力で描き出します。
あと、擬人化だけどそれを感じさせないセンスがあります。落ちで人間が出てきたりなどのチープさがなく、後味まですっきりいい感じです。

肺炎球菌! スギ花粉症! インフルエンザ! すり傷! 次々とこの世界(体)を襲う脅威。その時、体の中ではどんな攻防が繰り広げられているのか!?
http://kc.kodansha.co.jp/product?isbn=9784063765601

栞 里@kmmn_14

はたらく細胞っていう細胞が擬人化されてる漫画めっちゃ面白そう!白血球イケメン!読みたい❤️笑 pic.twitter.com/SeSAvoLQXO

りさひと@mtdrs_0904

「はたらく細胞」って漫画めっちゃ免疫学の勉強になるから免疫学取ってる人は是非読んで欲しい pic.twitter.com/Mxui91Aual
はたらく細胞試し読みしたけどめちゃおもろかった pic.twitter.com/QuB0AnkJeW

しまごん@ss_4710

はたらく細胞っていう細胞を擬人化した漫画を読んだのですが
これ生物やってない人も楽しめると思うけどやってる(やってた)人はうおおおおおってなるのでぜひとも読んでみては\(^^)/ pic.twitter.com/BJmfcm6TeS
【本日発売】人間の体内の細胞を擬人化した漫画『はたらく細胞 1 』
白血球とか赤血球とかキラーT細胞とかが出てくる漫画です!(い)
junkudo.co.jp/mj/products/de… pic.twitter.com/dgmfg5DmV5

プリンセスメゾン/池辺葵

マイホームに満ちる、夢と寂しさ
帯に描かれた主人公のセリフ、「大きい夢なんかじゃありません。家を買うのに自分以外の誰の心もいらないんですから」
これに心を打たれたら、絶対に買って読むべき。
なぜか無言のシーンが続いても、深く引き込まれてしまう良作中の良作です。
マイホームに夢を見ながら、他人の家の明かりに寂しさを感じたり。現代東京で沸くマイホームの夢に、あなたは何を感じるでしょうか。

モデルルーム見学の常連と化す主人公・沼越(ヌマゴエ)さんは、“たったひとつ”の物件に出会うため、オリンピックを控えた東京を舞台に歩き回る…!?
やわらかスピリッツ – プリンセスメゾン

プリンセスメゾン味わい深い面白さがあるので見るべきだと思う: やわらかスピリッツ『プリンセスメゾン』やってるよ! yawaspi.com/princess/index… #プリンセスメゾン pic.twitter.com/rjo5W4CYzG

chloe@___chloesun

ヌマちゃんのこの言葉すっごくグッとくるんだ #プリンセスメゾン #やわらかスピリッツ pic.twitter.com/xvhsK2gH3D

まーこ@larrrlo

プリンセスメゾンの1巻買った、絵も話もとても良い。。台詞の少ない漫画でいろんなひとりぐらし女性のおうちが出てくる。家でふと 、あぁ……って人生考えるとき、あるある。いろんな意味でぐっとくる。 pic.twitter.com/LWihQO3flp

chloe@___chloesun

「やわらかスピリッツ」連載作品『プリンセスメゾン』第11話 yawaspi.com/princess/comic…

沼ちゃんのようになりたい pic.twitter.com/rfUWCkZMly

川名潤@kawanasan

池辺葵『プリンセスメゾン』試し読みできます。画像は広告。
yawaspi.com/princess/index… pic.twitter.com/09Z64PJiaC

A子さんの恋人/近藤あきの

包み隠さない大人ラブ
縁を切れない女、不敵にあきらめないA太郎、懐の深いA君の不思議な恋を中心にした群像劇。
どろどろの三角関係ではなく、縁を切りたい女と切らせない男、それを楽しむ友人たちという大人のような子どもの恋模様。
すっきりシンプルな絵なのに、キャラが楽しいせいかどことなく常にお祭りのような盛り上がり。
いつの間にかのめりこんでいしまう作品です。

アラサー女性・A子が東京とニューヨークの男子を両天秤にかける2股ラブストーリー。
「ニューヨークで考え中」の近藤聡乃が描く2股恋愛マンガ「A子さんの恋人」1巻 – コミックナタリー

事態を面白がる女友達を交え、ひねくれた大人たちのあけすけな会話が飛び交う群像劇を描く。
「ニューヨークで考え中」の近藤聡乃が描く2股恋愛マンガ「A子さんの恋人」1巻 – コミックナタリー

コミックナタリー@comic_natalie

「ニューヨークで考え中」の近藤聡乃が描く2股恋愛マンガ「A子さんの恋人」1巻 natalie.mu/comic/news/150… #試し読みあり pic.twitter.com/6NlEMcxTzx

中田 頼みます@mukidashi666

近藤聡乃の新刊、「A子さんの恋人」おもしろかった〜。にしても、東京とアメリカに恋人がいるなんてお洒落だナ〜。 pic.twitter.com/LetW9MNLz6

西口想@100lines

『A子さんの恋人』が傑作だった。これが2巻以降も続くなんてすごいし楽しみだ。ひとつ、細かいけどここの時間があわない pic.twitter.com/K8DmNPxOau
COMIC ZINの『A子さんの恋人』の広告、いいな。胸のハートがメトロノームみたいにチクタク動き続けている。 pic.twitter.com/jiX2p2Y8Dd

おはよう、いばら姫/森野萌

1巻の結末、まさかこうきたか
試し読みで提示されたヒロインの秘密は、おおよそ予想がつく範囲内。問題はそれを目の前にした、主人公の態度。なかなかこんな選択をする主人公って、いないんじゃないでしょうか……。
各方面で絶賛されたハードルの高さがありますが、とにかくこれからの展開を気にしておきたい作品です。

離れで暮らす謎の少女・空澤志津と出会い、どこか寂しげな笑顔に惹かれていく哲だが、再び会った時の彼女は別人のように様子が豹変していて……?
http://go-dessert.jp/kc/ibara/index.html

るりか。@yuunaaa4803

森野萌先生『おはよう、いばら姫』久々の萌先生の新連載。訳あって家政婦をすることになった美郷。そこのお嬢様と仲良くなるんだけどその子は離れに閉じ込められていて――しかも次あった時には自分の事は忘れられていた。最初からもう既にハマってます pic.twitter.com/syviw0UWaB

なか。@pankopan28

講談社・森野萌先生「おはよう、いばら姫①」本日発売です~(*´ω`*)サイン入りPOPを頂きました!新刊台にて展示中です!ご来店の際には是非ご覧下さいませ~(*≧∀≦*)先生ありがとうございました! pic.twitter.com/wIoZJL7t0g
そういえば「おはよう、いばら姫」期待以上に面白かった!最初は「一週間フレンズ。」みたいな感じかと思って読んでたけど、ちょっと違う。ラスト数ページのせいで続き気になってしょうがないです!2巻…早く…!!!名だたる方たちも絶賛の作品! pic.twitter.com/51mWMrjcW5
奈須きのこさん、大今良時さん、末次由紀さんも大注目! ミステリー、ホラー、恋愛と、少女漫画の枠を超える『おはよう、いばら姫… twib.in/l/Mk5EKBjj9y7 | twibble.io pic.twitter.com/kUfHRBZF5z

ボーイ・スカート/鳥野しの

「ファッ!?」ってなってほしい一冊
なぜ男はスカートをはいてはいけないのか?という疑問を別に突き詰めはしないが、緩やかに問うてくる作品。
それは性同一性障害なのか?女装癖なのか?変態なのか?なにかと理由をつけたがる周囲と、そのことに疑問を覚える当人。関係ないから受け入れられる他人。いろんな受け止め方があって、繰り返し読みたくなる作品です。

主人公はスカートを穿く男子高校生・太一。「女装がしたいわけではない」という優等生な彼の不自由と恋が、ユーモラスに描かれる。
スカート穿く男子高校生描く、鳥野しの新刊「ボーイ☆スカート」 – コミックナタリー

鹿@sikadaisuki

6月8日発売の鳥野しのさんの「ボーイ☆スカート」のゲラ見てるんですが、鳥野さんの瞳の描き方ってちょうきれいですよね。 pic.twitter.com/681i34FuBV
ボーイ☆スカート
おもしろかったのびのびしてる鳥野しのさんの絵が好き

明日はいつもより早いから寝よ pic.twitter.com/sA5mPYX2Mi

鳥野しの「ボーイ★スカート」のこの部分、政治性嫌悪に関してものすごすクリティカルだと感じた。デモを見て「怖い」と言う人とかね。今日の学習会では「ファッション(と政治性)」がテーマなので、さっそく資料にする〜〜 pic.twitter.com/L5jtL6dZkB

みっちー@seuche2000

鳥野しののボーイ★スカート面白かった。自分も暗黙のルールというものが嫌いでそこから外れたくなる人間であるが、スカートを履きたいという願望はないなあ。でも一度でいいから鈴木先生みたいなループタイで会社に行ってみたいと思ったりもするよね。 pic.twitter.com/cSB9LFIShe

カコとニセ探偵/光永康則

こんなんチートや!チー探偵や!
「怪物王女」の作者が描く最新作!
霊が見える力を出し惜しむことなく使って、事件を解決していく探偵もの。ジャンル的にはぎりぎりミステリー!?という感じ。
まるで引っ張らずにちゃっちゃと謎解きするテンポや、主人公に付きまとうカコがなぜかかわいく見えてくるあたり、おすすめです。

華々しすぎる活躍により周囲や警察からも疎まれる彼の絶対的推理には、ある秘密があった。それは死者の霊が見え、その死者の示唆により犯人を知ることにあった。
カコとニセ探偵 – 週刊ヤングジャンプ公式サイト

コミックナタリー@comic_natalie

光永康則「カコとニセ探偵」YJで始動、元天才少年探偵描くミステリー natalie.mu/comic/news/133… pic.twitter.com/dfNYdl8Fhs
怪物王女の作者の新作、カコとニセ探偵かー。ヒロインが可愛い。 pic.twitter.com/nk67w1vwlt

mine@mine_acid

カコとニセ探偵。
おもしろかったけど、このシーン何度見ても御堂筋クゥンにしか見えない…… pic.twitter.com/n11dGSJO5V

ランド/山下和美

分厚い。世界観も、本も。
どれくらい分厚いかというと、普通の文庫本と「境界○上のホ○イゾ○」くらい違う分厚さ。わからない方は本屋へ。
内容としては古い日本を思わせる世界観、かと思いきや1巻の結末……これは分厚くしてでも収めねばな!と納得しました。
厚みと値段でハードルが高いですが、今年間違いなく上がってくる一冊。

村人を縛るしきたり、あの世と呼ばれる山の向こう、四方に鎮座する神々の姿。悲劇を背負うアンと名付けられた少女が見つめる先には希望も絶望もある。
ランド / 山下和美 – モーニング公式サイト – モアイ

NEWS大好き@JournalJjaphtpz

大人版『進撃の巨人』は、山下和美の『ランド』だ!(佐渡島庸平) dlvr.it/9xfWwp pic.twitter.com/qZud46gufJ
山下和美『ランド』おもしろい! pic.twitter.com/iVwyJgJUvr

いまさん@imatom3

山下和美先生の「ランド①」読了。一コマを何度も何度も書き直し、生まれたカットは凄まじいほどの力を持っています。ラストは手が痺れるほどの衝撃を受けました。続きが早く読みたい! pic.twitter.com/k7MjHr3lFs
4月23日発売の山下和美『ランド』第1巻の単行本編集作業中ですが、まとめて読むとめちゃめちゃ面白いですよ。コレ。ちなみに1話目の試し読みはモーニング公式サイトで読めます!要チェックですよ〜!moae.jp/comic/land/1 pic.twitter.com/bW2vSdVhcG

月光/ウチヤマユージ

やや期待値が高まりすぎた?
集中連載当初、キーワードだけが飛び交って謎を呼んだ作品。内容は割と先が読めますが、多くを語らず短くまとめられたストーリーには、読者が想像する余地があって○。
個人的には短編のほうが好みでした。即身仏を目指す男と、それを止めながらも支えた女。狂気ではなく、真の愛がある気がします。

ひとりの男とひとりの少女の物語。
小さな悪意と狂った歯車の物語。
ダークサイドと一筋の光の物語。
月光 / ウチヤマユージ – イブニング公式サイト – モアイ

【イブニングNEWS】本日発売のイブニング10号より、新鋭・ウチヤマユージが商業誌初連載となる『月光』を短期集中新連載開始! dlvr.it/9Z8d62 pic.twitter.com/o0ieL2z3Bi
ウチヤマユージ『月光』コミティア参加されてる作家さんの商業初単行本。イブニング掲載全5話の中編と短編1本。中編は少女監禁、短編は即身仏がそれぞれテーマだけど、絵柄の抜け感もあいまって重さや血生臭さはない。どちらかというとファンタジー。 pic.twitter.com/ZkGOSJDGyr

第一弾とかいろいろ、おすすめマンガ

https://matome.naver.jp/odai/2143693118754493001
2015年12月19日