芸能人たちの闇の都市伝説まとめ

junkymouse
華やかな芸能業界の闇の都市伝説をまとめてみました。

・今話題の8.6秒バズーカの闇の都市伝説!

8.6秒バズーカーのネタに反日的な意図が隠されているのではないかと、話題になっている。
彼らがネタを披露する際のポーズは、広島県の平和記念公園の「原爆の子の像」に酷似しているとの指摘がある。また、赤いシャツに黒いネクタイという服装が、「放射能」というタイトルのアルバムを出したドイツの「クラフトワーク」に似ていると言われている。

これらの真偽が問われる中で、新たな説が続々と提起されている。例えば、アメリカの爆撃機「B-29」に「Chotto Matte」と名づけられたものがあるという記録が発見された。その結果、「ちょっと待ってちょっと待ってお兄さーん」というネタとの関連が疑われた。

彼らのネタ「ラッスンゴレライ」の意味についても諸説が飛び交っている。一例が、「Enola Gay Returns」を並びかえると「Ratsunne Goleray」になるという説だ。Enola Gayは、原爆投下用に改造されたB-29の名称である。

これに搭乗した元兵士が、「必要なら、広島にまた原爆を落とす」と発言して物議を醸したことがある。「8.6=広島に原爆が投下された日」、「2回目=second=秒」、「バズーカー=原爆投下」を意味するのではないかというのだ。

さらに、8.6秒バズーカーのはまやねん(本名は浜根亮太)が以前に更新していたブログから、「世界の車窓からは日本はクソって思える番組やから幸せ」などという発言が見つかった。世界大戦での毒ガス兵器について小学校の頃に学び、それを元ネタに新しい言葉を作ったことがあるという話題も、過去ログから発掘された。

はまやねんの過去のTwitterのアカウントも見つかった。その中に「もう日本オワタ。中国と韓国とロシアに一気に攻め込まれる(笑)
植民地ぷぎゃあ」というツイートがあった。これが発見された途端、2013年8月のツイートを最後に放置されていたアカウントが非公開設定になった。

真相は!?

よしもとの人気芸人が登場するネット配信番組「よしログ」に登場した8.6秒バズーカーは、番組の中で、次々と情報が重ねられ、拡散している“ネットの噂”について言及。田中シングルが「ラッスンゴレライ」誕生の瞬間について語った。

もともとこのネタは、「はまやねんが普通の漫才とかできなかったんで、だからタイミングを(手拍子で)教えてたんですよ。ラッスンゴレライに関しては、(次の日がネタ見せで時間がない中で)もうネタ合わせに行き詰まっていて、なんとかこいつを笑かそうと思ったんです。空気悪かったんで」と、当時の状況を振り返り、そのときに、田中曰く「謎の言葉」という「ラッスンゴレライ」が口から出てきたという。

はまやねんもその瞬間は「意味分からなかったんですよ。僕も」と思い、「急に何言い出してるんだって」と、いきなり「ラッスンゴレライ」と田中が言い放ったことに困惑したそうだ。

そして田中は「いまね、ネットで『ラッスンゴレライ』は本当は怖い意味がある、みたいになってるんですけど、そんなの全くなくて(笑)」と笑顔で否定。「僕が『ラッスンゴレライ』って言ってから1時間で作ったネタなんです」と、噂されるような深い意味は全くないと説明した。

また、「『8.6秒バズーカーは8月6日でなんたら』みたいのもあるんですけど、(8.6秒は)はまやねんの50メートル走のタイム」と、コンビ名の由来についても、これまでと同様の説明を繰り返し、「ネットの力はすごいというか」と感心。そして「ネットで騒いでるアレは事実無根」と強く否定した。

スマイリー菊池さんコンクリート事件犯人説!

ボキャブラ天国、ヨン様のモノマネで注目を集めたスマイリー菊池さん

お笑いタレントのスマイリーキクチは1999年春から、キクチが女子高生コンクリート詰め殺人事件(以下、コンクリ事件)で殺人に関与した犯人である(以下、コンクリ事件キクチ犯人説)と信じている者たちからネット上の匿名掲示板などで中傷されるようになった。1989年に発覚したコンクリ事件は犯行形態から世間を震撼させた凶悪事件でありながら、犯人たちが未成年であったために少年法の規定により犯人は匿名報道となって世間に広く知られることはなかった。ネット上では、「殺人事件の犯人を憎む者」「犯行に興味のある者」が、様々な手法で調べた犯人のプロフィール(実名、職業、友人)を載せて世間に広めるなど、犯人を糾弾し続ける活動が存在した

しかし、コンクリ事件の犯人に対する糾弾が繰り返されるうちに、「犯人を仕立て上げたい者」によってネット上で「出身地が犯行現場である足立区」「犯人グループと同世代」「10代の時にグレていた」芸能人であるキクチがコンクリ事件の犯人として扱われるようになっていた

映画にもなりました

真相は!?

世界仰天ニュースにもとりあげられました!

・芸能人が多数目撃!小さいおじさんの都市伝説!

通称「小さいおじさん」と呼ばれる、体長8~20cmほどの妖精のような小人のようなおじさんがいるという都市伝説をご存知ですか?芸能人の方々がテレビで小さいおじさんの目撃談を話し始めた数年前から広まり、今や目撃談も多数あります。

何回も目撃しているという釈由美子さん。

「やっと小さいおっさんが市民権を得た」と喜びながら「妖精は普通にいます。この間も、友人のスマートフォンを全身で操作しているのを見た」と目撃談を語る。また別の機会に見た妖精については「朝の缶コーヒーくらいの大きさ。着ていたジャージには村田と書いてあって、団塊世代だと思う」とあっけらかんと説明した。

こわもて俳優的場浩二さんもその一人。

京都のホテルで寝てる時、耳元で誰かの話声がして起きたら、妖精?というか親指大のおっさん顔の小人達が、ガリバー旅行記みたいに体に群がって、髪に白い糸を結んでいた。不思議な事に、当時短髪だった髪は、人間技ではありえない三つ編みがされていた

その他の目撃談

・V6岡田純一さん

緑の服を着たちっさなおっさんを見た。ちっさいおっさんがつがいでコンセントを引っ張っていた。

・中島美香さん

TVの野球中継を見ていてふと振り返ったら小さいおっさんがメガホン持って応援してた。あとハーレーに乗ってるのも見た。友達が見た小さいおっさんはジャージを着ていた。

・ダウンタウン・浜田さん

勉強していてふと目の前の窓を見たら、窓枠にちっちゃいおっちゃんがいて“オイ!オイ!”って呼びかけられた。

・パンクブーブ黒瀬さん、千秋さん、松任谷由美さん、小池栄子さん、宮迫さん、榊原郁恵さん、渡辺徹さん、大島優子さんなども目撃しています。

真相は!?

妖精、河童、妖怪、幽霊、宇宙人といった何らかの未確認生物の可能性はあるが、実際には肉体および精神的な疲労などを原因とする幻覚と指摘されている。その根拠として、目撃談の大半が就寝中または夜中であること、小人の幻覚の話を精神科医が頻繁に聞かされていることが挙げられる。

こうした小人の正体をレビー小体型認知症による幻覚とする説があり、妖怪研究家・山口敏太郎は自身の祖母が小人を目撃したという体験談を挙げて、その正体をこの病気によるものと結論づけている。

また、何らかの薬の副作用という説がある。他に、禿げ頭が光って見えるというイメージから、単に虫を見間違えたとの指摘がある。その一方で、コロポックルなど小人の伝説も実際に伝わっているため、一概に幻覚説によってこれらの小人を否定することはできないとの意見がある。

・桃の天然水の呪い

桃の天然水のCMに出演した芸能人たちの不幸

なぜ“桃”が!?

古くから、桃は古事記や日本神話にて「魔除け」「邪気払いの力」があるものとして登場。「桃源郷」という言葉もあるように、桃は、世俗を離れた別天地をあらわす理想の土地を表現する場合にも使われた。

これには諸説あるが、まず、桃が女性の性器に似ているということが関係していたようである。

女性器は地上と黄泉の国をつなぐものとして考えられていたため、魔除けの力があるとされ、崇められると同時に、卑しいものであるともされていたそうだ。

こう考えると、「桃の天然水」も、地上と黄泉の国をつないでしまっとも推測できるのではないだろうか。

・華原知美さん

出演直後に小室と破局、さらに事務所もクビにされた。
放送年1998年
被災年1999年

・浜崎あゆみさん

突発性難聴のより左耳の聴力を完全に失った。
放送年1999年
被災年2008年

・村田洋子さん

2000年4月に突然引退、復帰後に理由は急病によるものだと明かした。
放送年2000年
被災年2000年

・吉井玲さん

急性骨髄性白血病を発症、骨髄移植を受けたがその治療により不妊に。
放送年2000年
被災年2000年

・神戸みゆきさん

心不全により、24歳という若さでこの世を去った。
放送年2000年
被災年2008年

・ローラさん

海外療養費をだまし取ったとして、ローラの実父であるバングラデシュ国籍のジュリップ・エイエスエイ・アル氏に対し、警視庁組織犯罪対策1課は詐欺容疑で逮捕状が出すという、ローラにとっては悲劇の事件が起こった

そのほか桃つながりで

信じるか信じないかは………

https://matome.naver.jp/odai/2142987692337154401
2015年04月25日