うっかり日焼けに気を付けて!!その後のケア次第で雲泥の差が!

cacocaco8
日焼け後のケアをきちんとすることで、日焼けのダメージを後に残さず、赤みや痛み、皮むけなども軽くできるのです。

◆曇りでも日に焼けしまう

曇りで太陽が隠れているから、日焼け対策をしなくても大丈夫だと思っていると、1日でかなり日焼けをしてしまった経験などは無いでしょうか
スキンケアのガイド – mikke

日焼けは「光」によっておこるのではない

日焼けは、明るさとして目に見える、いわゆる「光」が原因なのではなく、目に見えない「紫外線」が原因
スキンケアのガイド – mikke

空が曇っていると、目に見える「光」は殆ど地上に降りてこないが、紫外線は晴れているときの50~80%程度の割合で地上まで降りてくる
スキンケアのガイド – mikke

雨の場合は20~30%程度

◆日焼けしたお肌には

日焼けした直後の対処の仕方で雲泥の差がでてきてしまうので日焼けした直後から24時間以内のスキンケアが最も重要になる
その他Q&A-美白のためのUVケアを徹底解説!

日焼けは軽度のやけど。そのため日焼け後のケアは単なるお肌のお手入れ、スキンケアというよりはお肌の治療でもある
日焼け後のケア

▼まずはとにかく冷やす

日焼けが全身に及ぶ場合は冷たいシャワーを何度か浴びる
日焼け後のケア

湯船で入浴すると、ヒリヒリと痛むと思いますのでやめておきましょう

紫外線によってダメージを受けた部分は発熱や火照りといった炎症を起こす。日焼け直後は、まず冷やすことでそれを鎮静化させる
女子の気になることが分かる!コラム | web R25

保冷剤になにも巻かず、直に患部にあてて使うと肌の負担が大きくなるので気を付けて

▼冷やした後に保湿と水分補給

熱や火照りがおさまったのを確認したら、化粧水などをなじませて日焼けによって奪われてしまった水分を補給
女子の気になることが分かる!コラム | web R25

化粧水でたっぷりと保湿
日焼け後のケア

クールダウンも継続できるので、コットンマスクがお勧め

日焼け後の肌は傷んでいるので普段使いの化粧水がしみるようでしたら、敏感肌用やなるべくシンプルな成分の化粧水を使ってみる
日焼け後のケア

保湿が済んだらクリームを塗り、肌の表面を保護して水分の蒸発を防ぐ

熱がおさまった後の保湿ケアの継続が、シミの予防や軽減にもつながる
女子の気になることが分かる!コラム | web R25

炎症とほてりが収まり、日焼けの状態が黒くなってしまった場合は、肌のターンオーバーを促進するケアや美白ケアを十分に行なうことが効果的
その他Q&A-美白のためのUVケアを徹底解説!

日焼けしたあと、皮がむけても、無理にはがしたり、こすったりすると肌を傷めてしまうこともあるので、自然にむけるまで辛抱しよう
美容 | 美容ブログ [女性の美学]

◆お肌のダメージを体内から回復させる

▼水

保湿ケアをいつも以上に丁寧に行いながら水分の補給もしっかりと行なうことが必要不可欠
その他Q&A-美白のためのUVケアを徹底解説!

日焼け後のケアとしての水分補給は、肌にだけでなく口からも飲むように
日焼け後のケア

重いやけどと同じように、肌の細胞外液が失われて脱水状態になりやすいので、スポーツ飲料がお勧め

▼ビタミン

焼けした後は活性酸素が大量に作られ、これがシミやシワを引き起こします。抗酸化作用のあるビタミンを積極的に摂るように
美白/くすみを改善する方法-美白・くすみ・目の下のくま | スキンケア大学

ビタミンはどれも抗酸化作用が優れているが、とくにビタミンCとEを一緒に取ると効果が高まる。またビタミンCは、体内に必要な量以外は排泄されるので、毎日こまめにとりましょう
あすけん - 栄養士Q&Aトップ

●ビタミンA(β-カロチン)

ビタミンAは免疫機能を高めて、日焼けで受けたダメージの回復を助ける
日焼け後のケア

抗酸化作用で、活性酸素を抑える(老化を予防するといわれている)
あすけん - 栄養士Q&Aトップ

かぼちゃ、ニンジン、トマト、しそなどの緑黄色野菜

●ビタミンC

ビタミンCはメラニンの生成を抑えてシミを防ぎ、お肌を活性化させる
日焼け後のケア

メラニン色素の過剰生成を抑制する(シミ、そばかす、くすみの抑制)
あすけん - 栄養士Q&Aトップ

ブロッコリー、ピーマン、えんどうなどの緑黄色野菜。
グレープフルーツ、オレンジなどの柑橘系、キウイフルーツ、イチゴなど

●ビタミンE

ビタミンEはビタミンCの効果を高める
日焼け後のケア

血流を良くし、肌の新陳代謝を高める
あすけん - 栄養士Q&Aトップ

アボカド、大豆、ゴマ、ナッツなど

最後に・・

日焼けした肌は、化粧品などの外側だけのケアでは限度があります。色とりどりの野菜や果物をたっぷり食べて、カラダの内側から美白を目指しましょう!
あすけん - 栄養士Q&Aトップ

https://matome.naver.jp/odai/2140920137197580401
2014年09月02日