これはおトク!使える【リクルートポイント】攻略法・使い道・交換先まとめ※テレビCMも話題!

tongaricorn
最近話題の「リクルートポイント」。2013年5月から始まったサービスのため、まだまだ分からない点も。新規参入だからこそ、おトクなポイント還元やキャンペーンも期待できるはず。基本的な情報や使い方をまとめてみました。

★ビッグニュース!!

「リクルートポイント」と「Pontaポイント」の統合が正式発表されました。
まずはポイントの相互交換が始まりました。

★最新のキャンペーン情報はこちら!!

<キャンペーン期間>
2014年8月16日(土)12時~2014年8月29日(金)23時59分
※本キャンペーンは、期日前に予告なく終了する場合がございます。あらかじめご了承ください。
期間内の合計購入金額(税抜)の12%分共通ポイント(期間限定)をプレゼントします。
※リクルートポイント参画の全サイトでご利用可能なポイントです。

リクルートカード入会キャンペーン。結構頻繁にやっていますね。

1日に1回まわすことができるルーレットです。
・あたりが出ると最大で1万円分のポイントをプレゼントします。

テレビCMも。ソチオリンピックの放映時によく流れていましたね。

そもそも「リクルートポイント」とは??

元々は「じゃらん×ホットペッパーポイント」として運営されていた。
2013年5月より「リクルートポイント」へ名称変更。

どうやって貯めるの??

貯まるサービスはいろいろあります。それぞれ還元率が違うことに注意。

旅行時や出張時のホテル・宿の予約ができます。
【貯まるポイント】2%

ゴルフ場の予約サイト。
【貯まるポイント】2%

飲食店の情報やクーポン情報を掲載。ネット予約もできます。
【貯まるポイント】2%

美容院・美容室・ヘアサロンが探せる検索・予約サイト。
【貯まるポイント】2%

割引チケットの共同購入サイト。
【貯まるポイント】2%

ショッピングモール。(注意 ※画像は「ポンパレ」のものです)
【貯まるポイント】3%

電子書籍サービス。
【貯まるポイント】2%

「赤すぐ」「妊すぐ」「赤すぐキッズ」「eyeco」のすべての商品が一緒に購入できる通販サイト。
【貯まるポイント】2%

会員限定の招待制ファミリーセール。
【貯まるポイント】2%

下着の通販サイト。
【貯まるポイント】3%

食のお取り寄せサイト。
【貯まるポイント】1%

お店に行くだけでポイントが貯まるファッションアプリ。
【貯まるポイント】来店

ネーミング通り、リクルートグループの会社が運営する様々なサービスを利用することでポイントが貯まっていきます。

他のサービスとのポイント交換は??

日本には交通系(JRや航空会社のマイルなど)、クレジットカード系、家電系、ECサイト系等無数のポイントサービスがあり、それぞれの相互交換が行われています。

では、リクルートポイントはどうか?

まだサービス立ち上げから日が浅いこともあり、ポイントを交換できるサービスは限られています。これからに期待!?

株式会社ジー・プランが運営。
【交換比率】Gポイント 1ポイント → リクルートポイント 1ポイント
【交換単位】Gポイント 1 ポイント以上 1 ポイント単位

三菱UFJニコス株式会社が運営。
【交換比率】グローバルポイント 1ポイント → リクルートポイント 5ポイント
【交換単位】グローバルポイント500ポイント以上100ポイント単位

株式会社VOYAGE MARKETINGが運営。
【交換比率】PeX 10ポイント → リクルートポイント 1ポイント
【交換単位】PeX 5,000 ポイント以上 500 ポイント単位

三菱東京UFJ株式会社が運営。
【交換比率】グローバルポイント 1ポイント → リクルートポイント 5ポイント
【交換単位】グローバルポイント500ポイント以上100ポイント単位

どうも「リクルートカード」が重要らしい!?

リクルートポイントを貯めるうえで欠かせないのが、「リクルートカード」。
大々的なキャンペーンも行われています。

「年会費無料・ポイント還元率1.2%」の『リクルートカード』と「年会費2100円・ポイント還元率2%」の『リクルートカードプラス』の2種類があります。

ポイントが貯まるサービスを利用する際に「リクルートカード」で決済すればポイントを2重に獲得できます。

https://matome.naver.jp/odai/2138400635298715001
2014年08月24日