伊良部京淑(きょんす) →伊良部秀輝の妻?

-聖少女-
伊良部の嫁の名は、伊良部京淑(キョンス)

伊良部京淑

無縁仏とは、弔う身寄り(親族や縁者など)がいない死者・墓のこと。同寺は、近年の少子化や独居高齢者の増加などで墓の継承・管理に不安を持つ者の遺骨を預り、永代供養を行なっている。しかし、伊良部氏には京淑(きょんす)夫人という家族がいるはずだが……。

伊良部 秀輝(いらぶ ひでき、1969年5月5日 – 2011年7月下旬)は、平成時代のプロ野球選手(投手)。

沖縄県宮古島市生まれの兵庫県尼崎市育ち。アメリカ人の父と日本人の母との間に生まれる(ただし、両親は伊良部が物心つく前に離婚しており、本人は後年渡米するまで、自分の父親がアメリカ人であることも知らなかったという)

1996年オフ、メジャーリーグへの移籍希望を表明。球団側はサンディエゴ・パドレスに伊良部の保有権を永久的に譲渡する契約を交わした。それに対し伊良部は「ピンストライプのユニフォームの重さというのは野球を経験した者にしか分からない」と主張しあくまでニューヨーク・ヤンキースの入団に拘り、代理人の団野村を雇って対応。大型トレードを仕掛け、最終的に三角トレードという形でヤンキース入団を果たし、4年1280万ドルで契約した。この時、取材陣に対し「アンタら凡人にミケランジェロの気持ちが解るか?オレはミケランジェロなんだよ」という暴言を吐き顰蹙を買う

伊良部メジャー移籍騒動(いらぶメジャーいせきそうどう)とは1996年オフに起こった千葉ロッテマリーンズ所属投手の伊良部秀輝によるメジャーリーグ移籍を巡る騒動。

ロッテ球団はサンディエゴ・パドレスのシェーン・デニス投手とジェイソン・トンプソン外野手を獲得することを目的に、伊良部を人的トレードとして、パドレスに伊良部の保有権を譲る。しかし、伊良部はニューヨーク・ヤンキースとの契約を熱望し、代理人の団野村を雇ってパドレスの入団を拒否。この騒動は日米球界をまきこむ騒動となった。

最終的に、パドレスは2選手プラス300万ドルの金銭を交換条件に伊良部の保有権をヤンキースにトレードすることに合意。伊良部は三角トレードという形で念願のヤンキースに入団することとなった。

この騒動は他のMLB球団から機会均等を求める声が上がり、日本球界におけるポスティングシステムの確立に繋がった。

日米球界に衝撃を与えた伊良部秀輝氏(享年42)の自殺は、「死から1か月前の離婚」が直接的な原因だったと報じられているが、妻の京淑さんは伊良部氏の死後も表舞台に姿を見せず、伊良部氏の苦悩が何であったのかも語られていない。 ..

さぼ@ayn0sit

伊良部さんの話をきいて なんだか うーん……

西獅子@ni__shishi

伊良部無縁仏とかソースは週刊誌やけど悲しすぎやろ…まあ自分が将来なる確率もあるから他人事とは思えない
巨人小笠原、無縁仏の伊良部を訪問する

泰山 / TAIZAN@taizan_hbd

つい二三日前、伊良部のことを思い出して色々考えていたんだよなあ… 遣る瀬ない。>”嫁と実家の確執の末に伊良部秀輝氏の遺骨が「無縁仏」に” http://t.co/gLMpYQjR

まじっく@lomagic

伊良部の遺骨の話マジかよ…

同級生で、高校でもプロでもよく対戦した。同じチームでやってた選手がこんな形になって残念。野球が本当に好きな人だった

https://matome.naver.jp/odai/2132641559133072601
2012年02月08日