「鼠小僧」江戸時代に大名屋敷を荒らした盗賊の実話

momonga777

鼠小僧は江戸時代後期の窃盗犯(しかし一般家庭は狙わない)


https://matome.naver.jp/odai/2159650963746645201/2159651436447655803

鼠小僧(ねずみこぞう、寛政9年(1797年) – 天保3年8月19日(1832年9月13日))は、江戸時代後期(化政期)に大名屋敷を専門に荒らした窃盗犯。

本名は次郎吉(じろきち)鼠小僧次郎吉(ねずみこぞうじろきち)として知られる。
鼠小僧

本業は鳶職であったといわれ、義賊の伝承で知られる。

生い立ち

歌舞伎小屋・中村座の便利屋稼業を勤める貞次郎(定吉・定七とも)の息子として
元吉原(現在の日本橋人形町)に生まれる。

10歳前後で木具職人の家へ奉公に上がり、16歳で親元へ帰った。
その後は鳶人足となったが、不行跡のため父親から25歳の時に勘当される。
ウィッキペディア

その後は賭博で身を持ち崩し、その資金稼ぎのために盗人稼業に手を染めるようになったと伝わる。
ウィッキペディア

典型的なギャンブルで身を崩していくパターン

1度目の捕縛

文政6年(1823年)以降、武家屋敷の奥向に忍び込むこと28箇所32回に及んだが、文政8年(1825年)に土浦藩上屋敷(現:日本橋蛎殻町二丁目。

当時の藩主は奏者番の土屋彦直)に忍び込んだ所を捕縛された。

南町奉行所の尋問を受けるが、「初めて盗みに入った」と嘘をついて切り抜け、入墨を入れられた上での中追放の刑を受ける。

江戸時代の刑罰には身体刑のひとつとして入墨を入れられるというものがありました。


https://matome.naver.jp/odai/2159650963746645201/2159651436547657703

入れられる場所や模様は罪状や地域によって異なったそうですが、「前科者である」という消えない烙印になったのです。場合によってはオデコに「犬」と入墨を入れられることも……あんまりだ!
義賊・鼠小僧は実在した!2億円以上盗んだ大盗賊の生涯をまとめてみた【お墓も紹介】|江戸ガイド

なおも続く盗人稼業 – 2度目の捕縛・処刑

一時は上方へ姿を消し、江戸に密かに舞い戻ってからは父親の住んでいる長屋に身を寄せる。しかし、賭博の資金欲しさにまたもや盗人稼業に舞い戻る。

その後7年にもわたって武家屋敷71箇所、90回にわたって忍び込みついに天保3年5月5日(1832年6月3日)(日付については8日(6日)などの諸説あり)、日本橋浜町の上野国小幡藩屋敷(当時の藩主は松平忠恵)で捕縛された。


https://matome.naver.jp/odai/2159650963746645201/2159651436547657903
「もはやこれまでか・・・・・・!」

お縄となった鼠小僧は、前回のような大嘘はもはや通用しないと観念したのか、あっさりとこれまでの犯行を自白しました。それによると――

10年間のうちに荒らした武家屋敷は95カ所、盗んだ回数は839回。

北町奉行・榊原忠之の尋問に対し、十年間に荒らした屋敷95箇所、839回、盗んだ金三千両余り。と鼠小僧は供述したが、本人が記憶していない部分もあり、諸書によっても違うので正確な金額は未だに不明である。

3ヵ月後の8月19日(9月13日)に市中引き回しの上での獄門の判決が下される。

いくら盗んだのかというと、これがどうもハッキリしない。というのも、盗んだ金は全部、ギャンブルや女、ぜいたく三昧に使い果たしてしまい、残っていなかったんだとか。

一説に3,000両(約2億4千万円)とも1万両以上(約8億円以上)ともいわれていますが、どちらにしてもとてつもない金額。

「10両盗んだら死罪」だった江戸時代、間違いなくそれ以上に盗んだ鼠小僧には問答無用で死罪が言い渡されました。

しかもただの死罪ではなく「市中引き回しのうえ獄門」という凶悪犯罪者に適応される非常に重い判決。
義賊・鼠小僧は実在した!2億円以上盗んだ大盗賊の生涯をまとめてみた【お墓も紹介】(2) | 江戸ガイド

引きずり回しではなく、引き回しなので、その面を晒すというもの


https://matome.naver.jp/odai/2159650963746645201/2159651436547658203
これが市中引き回し。死刑囚は馬に乗せられ処刑場まで晒し者にされながら連行されるのです。

引き回しの際には牢屋敷のある伝馬町から日本橋、京橋のあたりまで有名人の鼠小僧を一目見ようと野次馬が大挙して押し寄せた。
ウィッキペディア

五尺に満たぬ小男で、動作敏捷といい、捕まったときは碌な家財道具もなく金もなかった。
処刑は小塚原刑場にて行われた。
ウィッキペディア

獄門というのは斬首刑のことで、はねられた首は台に載せられ3日間見せしめのため晒されました。現代では考えられない厳しい刑罰ですね……オソロシイ。写真が残されているのですが、残酷なので割愛。
義賊・鼠小僧は実在した!2億円以上盗んだ大盗賊の生涯をまとめてみた【お墓も紹介】(2) | 江戸ガイド

本物の鼠小僧は、背も5尺(約150cm)くらい、丸顔にうすあばた、髪も眉も薄くて目が小さい、とお世辞にもイケメンとは言いがたかったようです。

でも、鼠小僧はなぜなのか?(金があるからか?)モテモテだったみたいで、妻も愛人もたくさんいたんだとか。

金は泥棒で、スケベで一途ではない浮気者となると、どうしようもないな。そりゃ死刑執行だろ

江戸時代、重罪の場合には家族にも刑が及んだのですが、鼠小僧は捕まる直前に彼女たちに離縁状を渡し、累が及ばないようにしたといわれます。

当時の重罪には連座制が適用されていたが、鼠小僧は勘当されているために肉親とは縁が切れており、数人いたという妻や妾にも捕縛直前に離縁状(離婚証明)を渡していたため、天涯孤独の身として刑を受けた。

この自らの行いに対しあらゆる人間を巻き込まずに済ませたという点も、鼠小僧が義賊扱いされる要因のひとつとなっている。
ウィッキペディア

石川五右衛門の場合は、おさな子も両親も親族も部下もすべて釜茹での刑にされたもんな。連座制

鼠小僧について「金に困った貧しい者に、汚職大名や悪徳商家から盗んだ金銭を分け与えた」という伝説がある。

事実、彼が捕縛された後に役人による家宅捜索が行われたが、盗まれた金銭はほとんど発見されなかった。
ウィッキペディア

傍目から見ると彼の生活が分をわきまえた慎ましやかなものであったことから盗んだ金の行方について噂になり、このような伝説が生まれたものと考えられる。

現在の研究家の間では「盗んだ金のほとんどは博打と女と飲酒に浪費した」という説が定着している。

結局はギャンブルと女に消えたとか、悲しすぎる使い方

鼠小僧は武士階級が絶対であった江戸時代に於いて、大名屋敷を専門に徒党を組むことなく一人で盗みに入ったことから、江戸時代における反権力の具現者

大泥棒が“義賊”と呼ばれてしまうのはなぜ?

・庶民は狙わず、ターゲットは大名屋敷のみ
・人を殺していない
・盗んだ金は手元に残っていないのに、傍目に
それほどハデな生活をしていない
・集団ではなくたったひとりで権力階級である武士の家に
盗みに入った/

特に、自分たち庶民を狙わなかった、というところが高ポイントだったそうですが、盗賊は盗賊、最後は死刑

鼠小僧。その墓は墨田区両国にある回向院(えこういん)にあります。

普通、獄門にかけられた罪人は埋葬も弔いも許されなかったわけで墓なんてもってのほかなんですが、有名人で人気者の鼠小僧をしのんだ誰かが建てたのでしょうか。

現在、鼠小僧のお墓はちょっとしたパワースポットになっており参拝客で賑わっています。


https://matome.naver.jp/odai/2159650963746645201/2159651436547659103
削りようが手前の白いのです。
あのね、私霊感あるからいうけど、そんなことしないほうがいいよ。お寺さんも、まったくと思ってるよ。
本当にわきまえのない一般平民多くてあきれてしまう

そんなご利益を求め、参拝客がガリガリとお墓を削るので、見かねた回向院がご丁寧に”削る用の墓石”を墓の前に用意してくれています。みなさま、削る際はくれぐれも手前のこちらをご利用ください。

確かに墓を削るなんて言語道断、その人のご本体を壊してるも同じ。なんでそんな人たちいるんだろ、あほかと思う。いくら相手が盗賊でも墓を削る人がいるのは、大変無礼だよ。

・石川五右衛門的な人だな

・ただのスケベ

・大名から金盗む時点でそこの領民の税金が上がったりするって
考えつかない同情の余地もない悪だな

・確かにろくでなしにはお似合いの最期だな

とにかく盗みはいけないってことですよ。最後が哀れな結末になるから

ソ連のロシア兵  日本人と違い民度低くて最低

https://matome.naver.jp/odai/2159650963746645201
2020年08月18日