仙台市などの上空を白い物体が飛行しているのを目撃したという通報が相次ぐ

july701
17日午前5時ごろから、仙台市をはじめ、宮城県内の広い範囲の住民などから、「上空に白い物体が飛んでいるが、何なのか」とか、「落ちてきたら怖いが大丈夫か」といった通報が警察などに相次いで寄せられました。

警察がヘリコプターを飛ばすなどして調べたところ、地上から1500メートル以上の上空を飛んでいる物体1体を確認したということです。物体は、白色の球体で、その下には白い十字の形をしたものと、2つのプロペラが付いていたということです。

警察は、国土交通省や気象庁などにも確認をしていますが、誰が飛ばしたものなのかなど詳しいことはこれまでに分かっていないということです。
上空に謎の白い物体 通報相次ぐ 東へ移動し消息不明に 宮城 | NHKニュース

また、国土交通省の仙台空港事務所によりますと、白い物体は、正午ごろには太平洋のある東の方向に移動し、現在はどこにあるのか確認できないということです。

警察などは、この物体が何なのか引き続き確認を進めるとともに、物体からの落下物がないかなども調べています。
上空に謎の白い物体 通報相次ぐ 東へ移動し消息不明に 宮城 | NHKニュース

午前10時ころ、宮城県名取市で撮影された写真です。

白い球体の下に、四角い板状のようなものが並んでいるのが確認できます。

写真を撮影した齋藤彰徳さんによりますと、午前8時ごろに、上空に白い物体が浮かんでいるのを見つけ、午前10時ごろには、やや東側に移動していたということです。

齋藤さんは「現場では強い風が吹いていましたが、白い物体はほぼ静止している状態なので驚きました」と話しています。
上空に謎の白い物体 通報相次ぐ 東へ移動し消息不明に 宮城 | NHKニュース

気象庁によると、気球の形状や機器のようなものを見ても、気象庁の観測気球ではないということです。
宮城の上空に謎の白い物体!問い合わせ相次ぐ「形状や機器のようなものを見ても気象庁の観測気球ではない」(KHB東日本放送) – Yahoo!ニュース

仙台空港の周辺の空域を管轄する東京航空局仙台空港事務所によりますと、通常であれば、このような物体を飛ばす際は事前の連絡が必要ですが、今回は連絡は入っていないということです。
宮城の上空に謎の白い物体!問い合わせ相次ぐ「形状や機器のようなものを見ても気象庁の観測気球ではない」(KHB東日本放送) – Yahoo!ニュース

仙台管区気象台は「観測気球と思われるが、詳細は不明」とコメント

仙台市天文台のインスタグラムによれば、この白い物体は「仙台上空南西」に浮かんでおり、「動きは非常に遅いのでしばらく見られると思われます」とのこと(午前8時頃に投稿された情報)。また同天文台が朝日新聞に寄せたコメントによれば「形状から観測用の気球とみられる」そうです。

ただ、その正体は未だに謎で、SNSでは「ドローン?」「どこかの大学が研究で上げた観測気球かな?」「ラジオゾンデにしか見えない」「無人偵察機?」など、多くの推測が飛び交っています。

ちなみに、先の朝日新聞の記事によれば、仙台管区気象台は「観測気球と思われるが、詳細は不明」とコメントしています。
仙台市上空に謎の白い物体が出現 「ドローン?」「ラジオゾンデ?」など推測が飛び交う(ねとらぼ) – Yahoo!ニュース

また河北新報の報道によると、同気象台は「気象庁が打ち上げた物ではない」とコメント。さらに宮城県危機対策課の担当者は「県警や自衛隊、大学などと連絡を取っているが、有力な手掛かりはない。引き続き情報を収集する」としています。

誰が、なぜ飛ばしたのか? 落下の危険性はないのか? など、詳細は不明。早く真相が解明され、何事もなく事態が落ち着くのを祈るばかりです。
仙台市上空に謎の白い物体が出現 「ドローン?」「ラジオゾンデ?」など推測が飛び交う(ねとらぼ) – Yahoo!ニュース

https://matome.naver.jp/odai/2159239036989422301
2020年06月17日