すぐに散らかる子供部屋に悩むお母さん必見!子供部屋の賢い収納術を教えます

readmail1114
子供部屋収納

子供部屋の整理と仕分け

子供が小学生になると、ランドセルや教科書、学校で必要なものが多くなります。
また、小学生に上がるタイミングで、子供部屋を作る家庭も多いようです。
しかし、子供部屋を用意すると、親の目が届かなくなり、あっという間に部屋の中が散らかってしまうこともよくあります。

親としては自主的に片付けられるようになってほしくて、「ちゃんと片付けなさい」と思わず叱ってしまうかもしれません。
しかし、子供にとっては、何をどこにしまえば良いかわからなかったり、収納するのに手間がかかったりして、気づけたら部屋がものであふれてしまうこともあるでしょう。

小学生の子供が自分の部屋をきれいに保つには、片付けやすい部屋を作ることが大切です。
そのため、まずは、子供部屋に必要なものとそうでないものを整理することが重要です。
ここでは、整理の仕方を紹介するので、子供さんと一緒に取り組みましょう。

まず、子供部屋にあるものを全て出して、何があるのか確かめて、必要ではないものはどんどん取り除いていきます。
例えば、筆記用具なら、鉛筆、ペン、消しゴム、定規、鉛筆のキャップなど、種類ごとに分けます。
そうすると、書けなくなったペンや短すぎる鉛筆があったり、消しゴムが何個もあったり、不要なものが見つかると思います。
不要なものは取り除き、これから使えそうなものは、筆記用具入れに収納します。
「こんなにスッキリした!」「欲しいものがすぐに出せるようになった!」と、便利で使いやすくなったことを実感できると、子供も整理することの大切さがわかるでしょう。

また、必要なものの整理と仕分けは、持ち主である子供にやらせることがポイントです。
「使いやすい」という感覚は、人によって違うものです。
そのため、自分の感覚で必要なものを決めることは、子供の自立のために大切なことです。

親は「これ本当にいるの?」「これはあった方が良いよ」など、口出ししたくなりますが、その気持ちを抑えて見守ることも大切です。
低学年の子供でも、まず自分でやらせてみて、また散らかるようなことがあれば、整理と仕分けをもう一度やらせれば良いのです。
何度も繰り返しているうちに、本当に必要なものが自分でわかってくると思います。

仕分けをして不要になったものの中に、まだほとんど使っていないものもあるでしょう。
それらは、リサイクルショップやフリーマーケットなどを利用すると良いです。
自分はいらなくなったものでも、欲しい人がいることを知ると、どんなものでも大切に使えるようになると思います。

子供部屋をジャンルごとに収納

小学生の子供部屋には、学校で使うもの、習い事で使うもの、子供が楽しむものなど、さまざまなジャンルのものが集まっています。
これらのものをきれいに収納するためには、ジャンルごとに使いやすい方法で収納することが大切です。

・勉強道具

学校から帰って来て宿題をする時、ランドセルから筆箱を取り出し、そこから鉛筆や消しゴムを出して使っている小学生もいるでしょう。
しかし、出した筆記用具を筆箱にしまうのを忘れて、翌日学校に持っていくのを忘れてしまった、ということもあると思います。
そのため、学校で使う筆箱は、鉛筆を削るなどの準備をしたらすぐランドセルにしまい、宿題は家の筆記用具を使って行いましょう。

また、家の筆記用具の収納場所は、いつも勉強をするところにするのがベストです。
子供部屋の場合は、学習机の上の取り出しやすいところがおすすめです。
リビングで宿題をする場合は、勉強道具と筆記用具をひとまとめにできるカゴを用意すると良いです。
宿題が終わったら、そのカゴに道具類をすべて戻し、そのまま子供部屋に持って行く習慣を付けさせましょう。

・おもちゃ

小学生のおもちゃは、ブロック、人形、カードゲームなど、いろんな種類があるでしょう。
片付けやすく、きれいに収納するためには、おもちゃを種類ごとに分けられるようにボックスを用意し、棚に収納しましょう。
なんでも入れられるボックスを1つ用意しておくと便利です。

・工作用具

ハサミやセロハンテープ、のり、色鉛筆など、工作に使う道具は、100円ショップなどに販売されているカゴにひとまとめにして収納しておきましょう。
工作する時に、一緒に使うことの多いものは、同じ場所にまとめておくことで、効率よく作業ができます。

「ハサミとのりを用意したけど、色鉛筆はどこだっけ?」と、あちこち探してばかりでは、せっかくの創作意欲も落ちてしまいますし、部屋の中もぐちゃぐちゃになってしまいます。
そのため、必要なものが1つのカゴに入っていれば、それだけで準備できますし、後片付けも簡単ですぐに終わります。

工作が好きで毎日のように使う場合は、工作用具を学習机の引き出しやおもちゃを収納している棚に収納しましょう。
勉強している時に工作用具が目に入ると、勉強に集中できなくなってしまいます。

・ゲーム機

子供はゲームが大好きなので、一度始めるとなかなかやめることができません。
子供部屋にゲーム機があると、勉強ができなくなってしまうので、親の目の届く場所に収納することをおすすめします。

学校で使うものの収納方法

小学生の子供に子供部屋を与えている家庭も多いでしょう。
子供にとっては、自分の思い通りに使える自由空間が手に入り最高の気分でしょう。
最初は、本をに整頓したり、好きなものを飾ったり、掃除をしたり、自分だけの部屋をきれに整えようとすると思います。

しかし、ものがどんどん増えると、収納する場所がなかったり、収納の仕方がわからなくて、散らかってしまうかもしれません。
特に、学校のものは、家で保管しておいて、必要な時に学校へ持っていくものや、週末や長期休暇に持ち帰ってくるものなど、しまっておかないといけないものが結構たくさんあります。
そのため、その辺に置きっぱなしにしたり、どこにしまったかわからなくなったりすることもよくあります。

ここでは、学校で使うものを収納する方法を紹介します。
最初は、親御さんが手伝ってあげて、徐々に子供さんだけでできるように習慣づけましょう。

・週末に持って帰るもの

小学生の多くは、週末になると、上履き、給食袋、手提げ袋などを持ち帰ると思います。
これらは、家できれいに洗って、週明けにまた学校へ持って行きます。
そのため、忘れ物を防ぐために、ランドセルといつもセットにできる場所に収納しましょう。

・長期休暇に持って帰るもの

夏休みや冬休みなどの長期休暇の前には、お道具箱、絵の具セット、習字道具、借りた本など、多くの荷物を持って帰って来ます。
これらを収納する場所を確保していないと、部屋がごちゃごちゃになってしまうでしょう。
また、とりあえず空いている場所に荷物を詰め込んでおくと、休み明けにどこにしまったか忘れてしまうこともあるでしょう。

このようなことにならないために、持ち帰った荷物を収納しておくボックスを用意し、そこに全て入れておきましょう。
休み明けには、そのボックスから出して学校へ持って行くだけなので、低学年の子供でもわかりやすいです。
また、折りたたみできるボックスにすれば、使わない時はコンパクトに収納できて便利です。

・学校で製作した作品

子供が学校で描いたり作ったりしてきた作品は、わが子の成長に感動するものです。
全て取っておきたい、という気持ちもわかりますが、収納のことを考えると難しいでしょう。
まずは、ディスプレイコーナーを作って、飾っておきたい作品を飾ります。
子供は、自分の作品を飾ってもらうことで、嬉しさと自信がわいてきます。

作品が増えてディスプレイコーナーに置ききれなくなったら、取っておきたい作品を保管するボックスを用意しましょう。
ほこりが入らないようにふたがあって、軽量のボックスがおすすめです。
年に数回しか出し入れしないので、押し入れの上段やクローゼットの枕棚など、高いところに収納しておいても良いでしょう。
ボックスに入りきらない作品は、写真で残したりデータ化したりするのもおすすめです。

子供部屋を片付けやすくするポイント

「小学生の子供部屋がすぐに散らかってしまう」という悩みをもつお母さんもいるでしょう。
「うちの子はだらしない」と思ってしまうかもしれませんが、部屋が散らかる原因は、子供の性格ではないことも多いのです。

一度、子供部屋をよく見回してみてください。
それは子供が片付けやすい部屋でしょうか?子供にとって、片付けやすく工夫がされた部屋なら、面倒くさいと思う前に片付けられるはずです。
片付けやすくするためのポイントは、「使いたいもの」「使う場所」「収納する場所」が近くにあることです。
必要なものがすぐ近くにあって、使った後も移動することなく片付けられれば、散らかることもなくなるでしょう。

小学生の子供で片付けが好きな子は少ないと思うので、片付けが億劫にならないように、楽に片付けられる動線を作ることが大切です。
子供が手間なく片付けられて「ちゃんと片付けられてえらいね!」と褒められれば、片付けの習慣も徐々に身に付いてくるでしょう。
それでは、片付けのポイントを細かく見ていきます。

・翌日の学校の準備

学校へ持っていくものは、教科書、ノート、筆記用具、絵の具セット、習字道具、ハンカチ、ティッシュなど、たくさんあります。
それに、時間割によって、持って行くものが違うこともあります。
忘れ物を防ぐためには、学校に持っていくものをひとまとめにしておける“学校準備コーナー”を子供部屋に作っておくと良いです。
壁掛けラックやオープンシェルフを利用すれば、簡単に設置できますし、見える収納として、何がどこにあるかすぐわかります。
また、時間割表を近くに貼っておけば、その場で確認しながら準備できます。

・勉強道具を置く場所

勉強道具を収納する棚は、勉強机の近くにおきましょう。
勉強や宿題をしている時に、必要なものがすぐに取り出せると、集中力を保つことができます。
ただ、いつもリビングで勉強している場合、勉強道具用の棚をリビングに設置できない家庭もあるでしょう。
その場合は、キャスター付きのワゴンや持ち運びしやすいボックスなどを用意すると、リビングに家族が集まる時や来客時にサッと移動できて便利です。

・ランドセルを置く場所

学校から帰ったらランドセルをすぐに置けるように、玄関にランドセル置き場を設置している家庭もあるかもしれません。
しかし、宿題をしたり時間割を確認したりする時は、玄関までランドセルを取りに行き、宿題や準備ができたら、また玄関に持って行かないといけません。
そのため、ランドセルは、時間割表のある勉強机の近くに置くようにしましょう。

子供部屋をきれいに保つポイント

子供が小学生になると、自立心を育てるために、子供専用の部屋を与える家庭もあると思います。
しかし、子供がなかなか片付けてくれなくて、子供部屋がすぐに散らかってしまう、とうんざりしているお母さんも多いのではないでしょうか。
ただ、子供が部屋をきれいに保てないのは、親にも原因があるかもしれません。
今回は、小学生の子供が自分の部屋をきれいな状態に保つポイントを紹介するので、子供と一緒に見直していきましょう。

・手間のかからない収納

「引き出しの中のボックスを開けて入れる」「扉を開けて、前のものをどかして入れる」など、必要なものを出し入れするのに手間がかかると、子供は片付けるのが面倒になって、その辺にほったらかしにしてしまいます。
「オープンラックに置くだけ」「ボックスに入れるだけ」など、手間なく簡単に出し入れできると、いつも整った状態を保てます。
また、サッと取り出しできるように、ゆとりを持って収納スペースを確保しましょう。
例えば、入れるものを収納スペースの容量の8割程度にすると、あふれることなくスムーズに出し入れできます。

・収納するものの適正量を見直す

部屋をきれいな状態に保つには、自分でものを管理できる“適正量”を超えないことです。
「こんなものあったんだ」というものが出てきた場合は、適正量を超えている証拠です。
また、大人に比べて、小学生がものを管理できる量はかなり少ないことも覚えておきましょう。

子供が自分でものを管理できる適正量を把握すると、「1人でちゃんと片付けられた」と実感して、片付けに対して苦手意識もなくなるでしょう。
そのためには、定期的に適正量を見直すことが大切です。
例えば、進級や学期末、買い物をしたタイミングで、次のように見直すよう促しましょう。

〇文房具や雑貨、おもちゃは、増えた分だけ不要なものを手放す。

〇子供部屋に置く教科書は、今年度分と昨年度分だけにする。

〇思い出の品は、保管ボックスに入る分だけにする。

〇学年が上がって使わなくなったものは置かない。

このように、自分なりにルールを作って守ることができれば、部屋がものであふれることもなくなると思います。

・ラベリングしてものを置く位置を示す

ものを保管する収納ボックスに何が入っているか一目でわかるように、前面にマスキングテープやシールなどでラベリングしましょう。
ラベルのデザインを選んだり、字を書いたりする時は、子供が自分でやるように促しましょう。
自分でラベリングすることで、子供部屋の管理に責任を持つようになります。
また、ラベリングする素材は剥がしやすいものを選ぶと、置き場所を変える場合も簡単できれいに貼り替えできます。

1つの子供部屋を数人で使うためのルール

小学生になると子供が自由に使える部屋を作る家庭も多いです。
しかし、兄弟姉妹がいる場合、部屋の数が足りなくて、子供1人1人に部屋を与えられない家庭もあるでしょう。
そのため、1つの子供部屋に2人や3人で一緒に使っているケースもあるようです。
狭い空間に長い時間過ごしていると、1人の時間を邪魔されたり、自分のものを取られたり、ちょっとしたことでケンカが起きてしまうこともあるでしょう。

兄弟姉妹が同じ部屋でも、レイアウトを工夫することで、1人の空間を確保して、問題なく過ごすことができます。
ここでは、子供部屋のレイアウトのポイントを紹介するので、参考にしてみてください。

・2人で一緒に使う場合

小学生の兄弟姉妹でも、1人1人のプライベートは大事です。
そのため、1つの部屋の中にも、個人のスペースを確保することが大切です。
机は1人1つ用意し、配置は背中合わせにします。
横並びに置く場合は、2つの机の間にパーティションや棚などで仕切りましょう。

また、本棚を2人で一緒に使う場合も、ブックエンドなどを使って、個人の収納スペースをしっかりと区切ります。
2人の本が混在していると、「僕の本を勝手に読んだ!」「お兄ちゃん、場所取りすぎ!」といったことでケンカになってしまいます。

・3人で一緒に使う場合

3人で1つの部屋を使う場合でも、学校と同じ大きさくらいの机を1人ずつ用意できると良いです。
個人の荷物は、それぞれで管理できるように、カラーボックスなどに収納して保管しましょう。
部屋に1つしかないものは、片付けまでしっかり行えば自由に使って良いことにし、個人の荷物は、自分で責任をもって管理するなど、子供同士で話し合ってルールを作らせましょう。

また、「勉強に集中したいのに、他の2人は騒いで遊んでいる」「勝手に友達を呼んで、部屋を使えなくなった」など、3人いると年齢が離れていることもあり、思うようにいかないことも多くなります。
勉強に集中したい場合は「〇時?〇時は勉強タイム」、友達を呼びたい時は「〇時?〇時、来客予定」と、子供部屋を貸切制にして、予約シートに書き込むようにするのもおすすめです。
何も言わずに予約をどんどん入れるとケンカの原因になるので、予約を入れる時は、他の2人に事前に報告して了承を得ましょう。
その予約シートを見れば、不公平になっていないか確認もできます。
また、使用している時は「勉強中」や「来客中」などのドアプレートを作ってかけておくと良いです。

教科書の整理の仕方

小学生の子供部屋には、「使わなくなった教科書がたくさんあって、必要な教科書がわかりづらい」「プリント類がぐちゃぐちゃで、どれが大切なものかわからない」「学校の準備にいつも時間がかかる」といった、収納に関する悩みを抱えている方も多いようです。
子供の成長のためにも、子供部屋の勉強道具の整理や学校の準備などを自分から進んでやってもらいたいものです。
ここでは、教科書の整理の仕方を紹介するので、最初は大人がサポートしてあげてください。

まず、「学校で今使っている教科書やノート、参考書」と「もう使わなくなったもの」を分けて整理することが大切です。

・今使っているもの

今使っているものは、必要なものばかりだと思うので、「学校」「家庭学習」「塾」のようにグループ分けしてください。
そのグループの中で教科ごとに分けて、さらに、テキスト、ノート、プリント、参考書に分けます。
使い終わったノートやプリントは、学期末までそのまま保管しておきます。

・使い終わったもの

学期末や学年末に、毎回、整理を行いましょう。
塾に行っている場合は、学校と塾のものを分けて整理します。
まず、教科書を全て出し、必要なものと不要なものを分けます。
次に、教科ごとに分けて、テキスト、ノート、プリント、参考書などに分けます。

教科ごとに分けられたら、保管する期限を決めて、その期限を過ぎたら手放します。
例えば、「教科書は2年分保管」「プリント類は前年度分まで保管」「参考書は卒業まで保管」といったルールを設定するのです。
ルールの設定に迷うようなら、「保管は全て1年分」としても良いでしょう。

必要か不要かを判断するのは、「今後、復習として使う」「子供が取っておきたいと希望する」の2点で考えると良いでしょう。
この時、重要なことは、子供の意見を尊重することです。
低学年の小学生だと、使い終わった教科書などを復習のために使う可能性は少ないかもしれません。
ただ、ノートやテストなどは、自分が頑張ってきた軌跡として残しておきたいこともあります。
そのため、必ず子供に確認しながら整理しましょう。

教科書は、基本的には学年末に処分しても問題ありませんが、子供が「この教科書は残しておきたい」と言うこともあるでしょう。
そんな時は、子供がその教科が好きなのかもしれないので、無理に処分することなく取っておいてあげましょう。

・学用品

絵の具セット、習字道具、体操服、給食セットなどの学用品は、今使っている教科書類の近くに収納しましょう。
一緒に使うものをまとめて近くに置いておくことで、翌日の準備や必要な時にスムーズに用意できます。

教科書類の収納方法

子供が小学生になると、学年が上がるごとに教科書が新しくなり、授業で使うノートやプリントもどんどん増えていきます。
しかし、「学年が上がったら、処分しても良いのか?」「もしかしたらまた使うかもしれない」などと心配になり、何年も部屋に保管したままになっているかもしれません。

しかし、何年も保管しておいて、一度も見返すことがなかったのなら、もう必要がないということではないでしょうか。
教科書の保管については、家庭によって考え方が違ったり、子供の希望があったりするので、「〇年保管したら処分しても良い」という期限は決められていません。
ただ、古い教科書を取っておくにしても、別の場所に保管しておきましょう。
子供部屋には、今使っている教科書だけ置くことで、古い教科書を間違えて学校へ持って行くという失敗も防げます。

教科書類をスッキリと収納するには、まず、必要なものと不要なものを分けて、子供部屋には必要なものだけ整理しておきましょう。
また、教科書は、勉強机に収納する場合と、それ以外に収納する場合があると思うので、それぞれの収納方法を紹介します。

・勉強机に収納する場合

「学校の教科書とノートは机の上に並べる」「参考書や塾で使うテキストやノートは引き出しに収納する」などのように、ジャンルでまとめて一か所に収納しましょう。
収納する際に便利なのは、“ファイルボックス”です。
教科ごとに仕切れるように、教科書やノートなどの量によって、ファイルボックスを用意しましょう。
教科書やノートの量が多い教科は、1ボックス使って収納し、少ないものは何教科かまとめてボックスに入れ、ボックスの中を教科で仕切って収納しましょう。

・勉強机以外に収納する場合

「子供部屋がなく自分用の勉強机がないから、いつもリビングで勉強する」「勉強机はあるけど、空いた収納スペースはない」という場合もあるでしょう。
このような場合は、いつも勉強する場所の近くに、教科書類をまとめて収納しましょう。
リビング学習でも、できれば空いている棚などにファイルボックスを用意し、教科ごとにに分類することをおすすめします。

また、使い終わった教科書やノート、プリント類を保管しておきたい場合は、1つにまとめてファイルボックスに収納しておきましょう。

翌日の学校の準備のことを考えると、ランドセルは教科書類の収納場所のすぐ近くに設置しましょう。
時間割表を教科書の収納場所に貼っておくと、低学年の小学生でもスムーズに準備ができます。

勉強机が散らかる理由

子供に自由に使える部屋を与えていても、子供部屋の掃除や片付けをするのはいつもお母さん、という家庭も多いでしょう。
特に、「勉強机がいつも散らかっている」とストレスがたまっているお母さんも多いでしょう、しかし、小学生の勉強机が散らかってしまうのは当然、とも考えられるのです。
なぜなら、片付け方がわからないからです。

幼稚園や保育園に通っていた頃は、通園バッグや手提げバッグ、水筒など、量は少なくいつもほとんど同じ持ち物です。
また、それらを園で片付ける場合も、決まった場所にしまうように先生がしっかりと指示してくれるので、幼稚園児でも自分の持ち物を決まった場所にちゃんと片付けられるのです。

それが自宅だと、全て自分でやらないといけないので、「片付けなさい!」と言われただけでは、何をどこに片付けたら良いのかわからず、いつまで経っても片付けられない子供になってしまいます。
そのため、小学生の子供でも、周りの大人が片付け方や収納場所を教えてあげる必要があるのです。

また、子供が勉強机を片付けられない原因の1つに、「片付ける理由がわからない」ということもあります。
きれい好きなお母さんにとっては理解できないかもしれませんが、散らかった状態に居心地の良さを感じているのでしょう。
そんな子供に片付けの習慣を付けるには、まず、なぜ片付けをする必要がるのか、その理由を教えることから始めてください。
「片付けるとは、使ったものを元あった場所に戻すこと」という「片付け」の意味はわかると思います。
しかし、なんのために片付けをするのか、ちゃんと理解できていない子供も多いようです。

机の上をきれいに片付けると、次にやりたいことが思いっきりできるようになります。
また、決まった場所にものを収納すれば、必要なものがすぐに見つかります。
このように、片付ける理由があることを子供が理解できれば、納得して少しずつ片付けられるようになると思います。

「勉強机は何をする場所か?」ということも、子供と一緒に話し合いましょう。
まず子供に机でやることを聞いてみてください。
宿題、勉強、遊び、読書、ゲームなど、子供によっていろんな意見が出てくると思います。
ここで、「勉強机は学ぶ場所」としっかり教えて、勉強机周辺には、学ぶためのものだけを収納します。
また、勉強机以外の場所は遊んでも良いスペースとし、遊びに関するものは別の場所に収納しましょう。

勉強と遊びのメリハリを付けるためにも、勉強机に余計なものであふれないためにも、子供と一緒に取り組みましょう。

勉強机の収納方法

小学生の子供部屋は、片付けても片付けても散らかってしまうものです。
子供部屋の中でも特に、勉強机の上がいつもいろんなものであふれている、という子供さんも多いようです。
宿題をやるにしても、関係のないものをよけながら狭いスペースでやらないといけません。
それでは、気が散ってしまい、宿題に集中できないでしょう。

今回は、勉強机をいつもきれいに使うための収納方法を紹介します。
低学年の小学生だと大変なので、大人が一緒に収納するものを考えて、収納場所を決めていきましょう。

・机の上

宿題や勉強をする時は、教科書やドリル、ノートなどを広げて行うことがほとんどでしょう。
そのため、机の上は広く使えるように、基本的に、必要最小限のものしか置かないようにしましょう。
勉強する時に必ず使う筆記用具や期限のある宿題などは、必要なものなので、出しておいても良いでしょう。
また、筆記用具はペンスタンド、宿題はブックエンドを利用して立てて収納することで、場所を取らずにスッキリと見せることができます。

・本棚

机の上にある本棚スペースは、今学校で使っている教科書やノート、勉強で使う参考書や辞書を置くと良いです。
ファイルボックスを使って教科ごとに分けると、必要なものがわかりやすく出し入れも簡単で、ごちゃごちゃになりません。

・上段の引き出し

勉強机の上段の引き出しは、普段使っている筆記用具や、よく使うハサミやのり、テープなどの文房具の収納に適しています。
筆記用具や文房具がたくさんある場合は、よく使うものを机の上か上段の引き出しに入れて、残りは中段の引き出しに“在庫”として収納しておきましょう。

よく使うものと在庫の仕分けは、子供の意見をよく聞いて行ってください。
また、あまりに文房具類が多い場合は、別の場所に保管するか、リサイクルショップなどを利用して、必要な人に使ってもらいましょう。

・下段の引き出し

どんどん量が増えていくテストやプリント類は、深さのある下段の引き出しに収納すると良いでしょう。
ただ、プリント類をそのまま入れると、バラバラになって、必要なものを探すのに時間がかかってしまいます。
そのため、国語、算数、理科、社会、その他のプリントというように、項目ごとにファイリングして収納しましょう。

低学年だとまだプリント類も少ないかもしれないので、フリーの収納スペースとして使っても良いでしょう。
その場合も、学期末や学年末に、不要なものがないか定期的に確かめて整理しましょう。

勉強机を常に片付いた状態に保つ工夫

小学生の子供部屋の勉強机をいつも片付いた状態に保つには、便利な整理グッズを利用すると良いです。
ここでは、おすすめの整理グッズと使い方を紹介します。
新しくグッズを購入する場合は、子供さんと一緒に選ぶと、自分らしい部屋作りを楽しめて、片付け意欲も高まるかもしれません。

・ボックス

勉強机の引き出しには付属の仕切りが少なく、そのまま収納していくと、ごちゃごちゃになってしまいます。
100円ショップにはさまざまな形や大きさのボックスがあるので、引き出しのサイズに合わせて組み合わせれば、仕切りになってきっちりと収納できます。

・ワイヤーラック

勉強机周辺の壁に、ワイヤーラックを立てて、カゴやフック、クリップなどを取り付ければ、小物を収納したりプリントを留めたりできて、便利な使い方ができます。

・ラベルシール

プリント類を保管するためのファイルや、筆記用具や文房具を入れるボックスにはラベルシールを貼りましょう。
外から見て何が入っているかすぐにわかるので、取り出しやすく、使った後の片付けも楽になります。

これらの整理グッズを使うことで、勉強机の周辺はきれに片付くと思います。
ただし、小学生になって学年が上がるにつれて、学校で必要なものや子供の持ち物は増えていきます。
学校や勉強で使うもの以外にも、おもちゃやマンガ、雑貨などもどんどん増え、放っておくと机の上や引き出しの中でごちゃ混ぜになってしまうこともあります。

勉強机をいつもきれいに保つには、定期的に持ち物の整理をして、必要なものを収納する場所を決めることが大切です。
また、使ったら必ず収納場所に片付けることを習慣づければ、散らかることはないでしょう。

整理と収納のポイントは、まず“行動”に重点を置いて、それに必要なものを考えて、それを収納するための場所を決めることが重要です。
「机の収納スペースが空いているから、そこに収納していけば良い」と子供は考えがちですが、それでは必要なものもそうでないものも次々に詰め込んでしまいます。
そのため、「机は何をする場所か」「何をするために机があるのか」と、行動を中心に考えるようにさせましょう。
そうすれば、それに合わせて収納や片付けができるようになり、余計なものを詰め込むこともなくなります。

これから勉強机を子供に与えようと考えている場合も、最初に、「整理してから収納する」というプロセスをしっかり教えましょう。
親とコミュニケーションを取りながら取り組むことで、必要なものの整理と収納を少しずつ学んでいき、そのうち自分で工夫して片付けられるようになるはずです。

自分で身支度できるスペース作り

小学生になったら、朝の準備を1人でできるようになってほしいものです。
しかし、子供が自分で新しくできることを増やすには、子供専用のスペースを確保してあげることが大切です。
それでは、子供が1人でできる身支度スペースを用意する方法を紹介します。

・身支度スペースの場所を決める

まず、悩むことは「どこにスペースを作れば良いのか?」ということでしょう。
これについては、子供の性格や兄弟姉妹構成、部屋の間取りなどによって変わってきますが、小学1年生のうちは、朝の準備以外にも時間割や宿題の確認など、親がサポートすることがたくさんあるので、親の目が届く場所に決めた方が良いでしょう。
例えば、リビングやダイニング周辺に設置すれば、お母さんが家事をしたり、何か作業をしたりしながらも、子供の様子を確認できます。
それに、子供もお母さんが見守ってくれている安心感があります。

・収納するものを選ぶ

身支度スペースを決めたら、そこに収納するものを選びます。
学校で必要なものは「ランドセル、教科書、学校に着ていく服、ハンカチ、ティッシュなどの毎日使うもの」「給食当番のエプロン、シューズなど、週末に持ち帰るもの」「絵の具セット、習字道具、お道具箱など、年に数回持ち帰るもの」の3つに分かれます。
この中で、身支度スペースには、「毎日使うもの」と「週末に持ち帰るもの」の2種類を優先的に収納しましょう。
これさえ、用意しておけば、毎日の準備を1人でできると思います。

・収納方法を考える

収納するものを選んだら、次は収納方法です。
ここで気を付けることは、子供にとって簡単な方法にすることです。
例えば、服をしまう時にハンガーにかけて収納すると、うまくできなかったり面倒になったりする子供もいるでしょう。
その場合は、簡単にたたんでカゴなどに入れるだけなど、手間のかからない方法にしましょう。

おすすめなのは、カラーボックスを利用する方法です。
ランドセル、教科書、学用品などを分けて収納できるので、必要なものを見つけたり片付けたりしやすくて便利です。

・どこに何をしまうかわかりやすく工夫する

簡単に収納できる方法を考えたら、どこに何を収納するか一目でわかる工夫をしましょう。
例えば、ラベルに「ランドセル」「教科書」「服」「学用品」と書いて貼ってラベリングしておくと良いです。
低学年の子供でも、すぐに収納する場所がわかります。
また、子供が自分でラベルに文字や絵を書くことで、片付けも進んでできるようになるでしょう。

小学生のうちは、学年が上がるごとにものがどんどん増えます。
それに、身長もかなり伸びるので、1年生の時に作った身支度スペースでは、使いづらくなってしまうでしょう。
子供が片付けにくいと感じたら、それは身支度スペースを見直すタイミングです。
子供と一緒に、どの部屋にスペースを用意したら良いか、ということから見直していきましょう。

子供部屋の収納アイデア

散らかりがちな小学生の子供部屋。
「どうしたらきれいに片付けてくれるのだろう」と悩んでいるお母さんも多いでしょう。
ここでは、子供部屋の収納アイデアをいくつか紹介します。
子供にとっても片付けやすいお部屋になり、見た目もスッキリきれいになりますよ。

まず、子供部屋に収納スペースを用意する時のポイントを紹介します。

・子供目線を意識

収納スペースを大人の目線で作ると、子供の手が届かないこともあり、片付けへの意欲も低下してしまいます。
子供にとってスムーズに出し入れできる高さなら、進んで片付けられると思います。
そのため、収納スペースは、子供の目線で作りましょう。

・手間のかからない収納方法

「この引き出しの奥にあるボックスの中に」というような複雑で手間のかかる収納だと、面倒でやる気もなくなってしまいます。
できるだけシンプルで手間のかからない収納方法にすることが大切です。

・子供の成長に合わせた収納方法

小学生の子供は、心も体も大きく成長する時期です。
幼稚園児の頃に作った収納スペースでは、使いづらいですし、幼稚さを感じて片付け意欲もなくなってしまいます。
そのため、子供の成長を考えて、高さを調整できる棚や、年齢問わず使えるデザインにすると良いです。

それでは、子供が収納しやすい収納アイデアを紹介します。

・木箱収納

木製の箱は、1個単位で販売されており、比較的安く手に入ります。
積み重ねもできるので、子供の成長に合わせて増やしていけますし、ものの出し入れが簡単なオープン収納になります。
また、重ねたり並べたり自由にアレンジできますし、必要がなくなれば減らしていくこともできます。

・スタッキングシェルフ

スタッキングシェルフを使って本棚を作れば、子供が小さいうちは、本を選んで出し入れしやすい低い位置に置き、シェルフを上に積み重ねることで、成長しても取り出しやすい高さになります。
また、ボックスやカゴを組み合わせれば、サッと小物を入れられて便利です。

・ウォールポケット収納

細かいおもちゃや小物を収納するのにおすすめなのは、ウォールポケットです。
おもちゃを大きな箱にひとまとめにすると、小さいものは見つけるのが大変で、出し入れするたびに部屋が散らかってしまいます。
ウォールポケットを使って、種類ごとにポケットに分けて入れておけば、どこに何があるかわかりやすいです。
それに、お気に入りのものをポイポイと入れるだけで、可愛いくておしゃれな“見せる収納”にもなります。

お母さんのイライラを解消する子供服の収納術

小学生になれば、服のたたみ方もわかりますし、整理整頓で部屋をきれいにすることは気持ちが良いことも理解できると思います。
だから、「自分の服くらいはきれいに整頓しておこう」と思っているはずです。
ただ、小学生は、毎日の宿題や習い事、お友達との約束など、さまざまなタスクをこなしているので、家のことは面倒くさいと感じ、気を抜きたくなるものです。
学校や外から帰ってきたら、上着や靴下をその辺に脱ぎっぱなし、という子供さんも多いのではないでしょうか?

「ちゃんと片付けなさい!」と怒りたくなるお母さんの気持ちもわかりますが、子供にとって服の収納方法が面倒なことが原因とも考えられます。
そのため、子供が面倒だと感じさせない収納方法に見直すことが大切です。

小学校低学年から子供部屋を与えている家庭も多いと思いますが、朝の身支度や学校の準備をお母さんがサポートしていることがほとんどでしょう。
そのため、朝の準備を子供1人でできるようになるまでは、服やランドセルなど毎日用意するものをまとめて、リビングなど家族との共有スペースに設置した方が良いでしょう。

高学年になれば、部屋の整理整頓や片付け、朝の準備ができるようになるので、子供のものを全て子供部屋に移動させても良いでしょう。
ただ、急いでいる時は、着ていく服を探してごちゃごちゃにしたり、部屋に出しっぱなしにしたりしてしまうこともあるでしょう。
服の収納におすすめなのは、底の浅い引き出しや深い引き出しなど、引き出しのサイズがいろいろあるチェストです。
入れるものに合わせてスッキリ収納でき、取り出したい衣類もすぐに見つかります。
また、高さを調整できるカラーボックスに、100円ショップの収納ボックスを組み合わせるのもおすすめです。

また、子供が学校や外遊びから帰ってきたら、上着を玄関で脱ぎ捨てたまま放置、ということもよくありますよね。
これもお母さんをイライラさせてしまいます。
それが毎日ではお母さんのストレスがたまってしまうので、いっそのこと玄関に上着の収納スペースを作ってしまいましょう。
それも、サッとかけるだけにしておけば、準備も片付けも簡単です。

いつもリビングやダイニングに脱ぎっぱなし、ということも多いでしょう。
「ちゃんと洗濯機まで持って行って!」と毎回言っていたら疲れてしまいます。
そこで、リビングに脱いだ衣類を入れられるランドリーバスケットを用意しておきましょう。
おしゃれなランドリーバスケットもあり、散らかった部屋もスッキリと片付きます。
それに、バスケットを洗濯機のところへ持っていくだけで良いので、お母さんの手間もかかりません。

100円ショップで作る収納グッズ

小学生の子供は、心も体も大きく成長する時期なので、身長もどんどん伸びますし、好みもいろいろ変わります。
子供部屋の収納方法や収納スペースを設置する場所も、子供の成長に合わせて見直していかないと、使いづらかったりデザインが気に入らなかったりして、片付ける意欲をなくしてしまいます。

また、ある学年でしか使用しないものもあると思いますが、「今しか使わないからここでいいかな」とその辺に置いていくと、どんどんものであふれてしまいます。
一時的なものでも、収納する場所を確保して、常に部屋をスッキリさせましょう。

ダイソーやセリア、キャンドゥなどの100円ショップには、さまざまな便利な収納グッズが販売されています。
ここでは、小学生の子供部屋の収納に使う100円グッズの選び方やポイントを紹介します。
低価格でそろえられるので、一時期だけ使うものの収納にも使いやすくて便利です。

・使い道を考えてから購入

100円ショップには、便利で可愛いグッズがたくさんあるので、「とりあえず買っておけば、きっと何かに使えるだろう」と衝動買いでいろいろ買ってしまいがちです。
しかし、家に帰って使おうと思っても、サイズが微妙に合わなかったり、使う場所がなかったりして、結局、無駄になってしまった、という経験をされた方もいると思います。
100円ショップに行く前には、「何に使うか」「どこに置くか」ということを考えてサイズもしっかり測りましょう。

・機能性や収納力を確認

100円とは思えないくらいデザイン性に優れたものが多いので、見た目に惹かれてしまいますが、まずは機能性を重視して選びましょう。
例えば、「子供が取り出しやすいように取っ手の付いた収納ケース」「手の届く場所に取り付けられる壁掛け収納」などです。

「収納するものの重さに耐えられるか」「スムーズに取り出せるか」「片付けしやすいか」「お手入れしやすいか」などをチェックし、実際に子供が使うことをよく考えて選びましょう。

・いろいろな使い方を工夫

「ブックスタンドは本を収納するためのもの」「お薬ケースは薬を入れるもの」という使い方をしますが、この通りに使わないといけないわけではありません。
おもちゃ入れにブックスタンドを使えば、おもちゃを種類別に分ける仕切りになりますし、お薬ケースは仕切りがたくさんありふたも付いているので、ビーズなど細かいものを入れるのに最適です。
素敵な子供部屋になるように、子供と一緒にいろいろ工夫してみてください。

https://matome.naver.jp/odai/2159180799193526101
2020年06月11日