2PAC(トゥパック)は、生きている。。?

蝦夷侍a.k.a.heads
2PAC(トゥパック)は、生きているという都市伝説?について

2PAC(トゥパック)とは

2パック(トゥーパック本名:トゥパック・アマル・シャクール(Tupac Amaru Shakur) 1971年6月16日 – 1996年9月13日)は、アメリカ合衆国のヒップホップMC、俳優である。ニューヨーク市マンハッタン区ハーレム地区出身、アフリカン・アメリカン。「トゥパック・アマル」は、古代インカ語で「輝ける龍」の意味(インカ帝国最後の皇帝トゥパク・アマルと、彼の2代目を自称し反乱を起こしたホセ・ガブリエル・コンドルカンキ(トゥパク・アマル2世)の名前から)。身長180センチメートル。
「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第86位。
Wikipedia

壮絶なキャリア

2パックの両親、アフェニ・シャクールとビリー・ガーランドは、二人ともブラックパンサー党の党員だった[3]。また一族には、1979年に脱獄後キューバに亡命中のアサータ・シャクールもいた。
幼少期をブロンクスで過ごし、1991年、「MCニューヨーク」というMCネームでデジタル・アンダーグラウンド(Digital Underground)の一員として「Same Song」でレコード・デビュー、その後「2パカリプス・ナウ」で2パックとしてソロ・デビュー。1992年には近代ブラックムービー「ジュース」に出演、ヒップポップアーティストだけでなく俳優としても成功し、注目される。
Wikipedia

5発の銃弾で負傷。東海岸と西海岸の激しい対立。

警官を狙撃したり、女性蔑視の歌詞(2パック自身はフェミニストだと語っているが、金目当てで性交する女性として「ビッチ(bitch)」を頻繁に用いる)などにより名誉毀損で告訴される。また、5発(頭部に2発、股間に2発、手に1発)もの銃弾を被弾する事件に巻き込まれる。このとき事件現場にショーン・コムズとノトーリアス・B.I.G.がいたことから、この事件はバッド・ボーイ・レコード(二人が所属し、ショーン・コムズが代表を務める東海岸の音楽レーベル)の陰謀だと疑い、ヒップホップ界は西海岸と東海岸とで激しく対立する
Wikipedia

刑務所暮らしの始まり

銃撃の怪我も癒えない1995年、ファンにア●ルセックスを強要したレイプ疑惑で4年6ヶ月の判決を受ける。刑務所内で西海岸のデス・ロウ・レコードと契約。9ヶ月の服役後、デス・ロウ・レコードのオーナーであるシュグ・ナイトが用立てた140万ドルの保釈金で出所。最初はこの保釈金はレーベルからの贈与であったが、後にレーベルが2パックに返済を要求したため、デス・ロウ・レコードから抜けられなくなった。
Wikipedia

ノートリアスBIG(ビーアイジー)とのビーフ(対立)

ドクター・ドレーがプロデュースした1996年の「カリフォルニア・ラヴ(California Love)」などのヒット曲を多数発表し、ウエスト・コーストを代表するMCとなる。また、ノトーリアス・B.I.G.らを激しくこき下ろす「Hit ‘Em Up」ではバッド・ボーイ・レコードへの憎悪を顕わにした。
Wikipedia

1996年9月7日

ラスベガスで友人のボクサーマイク・タイソンの試合を観戦後、横付けされたキャディラックからの銃弾を4発被弾し、6日後の9月13日死亡。25歳没。犯人や動機は2019年現在も判明しておらず、後に同様何者かに殺害されたノトーリアス・B.I.G.と並び、アメリカ東西海岸ヒップホップ抗争の犠牲者と言われている。東海岸側の犯行が噂され、また彼の命日は13日の金曜日であったため、様々な憶測が飛び交ったが、2パックの母親はこの事件に関して、メディアにビギーとディディではない別の数名の具体的な名前を挙げて非難している。死後、マキャベリ名義でアルバム「ザ・ドン・キルミナティ・ザ・7デイズ・セオリー」が発表される。2012年、ジェームス・ローズモンドがスタジオで2パックを撃ったと証言している。また、事件の前に関係していたブラッズのメンバーと共にクリップスメンバーであるオーランド・アンダーソンへの暴行を行なっており、その報復であったという証言も多い
Wikipedia

死後も多数の未発表音源が発掘され、新作がリリースされているので、実はまだ生きているのでは等との噂まである。2パックに憧れていたエミネムを始め[4]、多くのアーティストに影響を与え続けている。 2012年、米音楽祭Coachellaのドクター・ドレー、スヌープ・ドッグのステージには、ホログラムで登場した。
Wikipedia

2PAC、実は現在も生きているという都市伝説

またもや生存説、2パックがスタジオ入りで新曲制作!? 元レーベルのボス、シュグ・ナイトの息子が明かす
block.fm

亡くなったはずの2パックがスタジオ入り!?

信じるか信じないかはあなた次第とでも言いたくなるようなニュースだ。これまでも度重なる生存説が出ていた、1996年に亡くなったとされるロサンゼルスを代表する伝説的ラッパーの2パック(2Pac)。
block.fm

生前に所属していたレーベル、デス・ロウ・レコード(Death Row Records)のボスであったシュグ・ナイト(Suge Knight)の息子シュグ・ナイト・ジュニア(Suge Knight Jr.)が突然Instagramで2パックがスタジオ入りすることを発表! 生きているかも定かではない2パックの新曲が制作されるとし、そのプロジェクトに向けたプロデューサーも探しているとのこと。死後に未発表音源を含め、リリースこそあったものの新曲を制作とは一体どういうことなのだろうか?
block.fm

2パックはマレーシアにいる シュグ・ナイトがInstagramに投稿

シュグ・ナイトはInstagramで「2パックはマレーシアにいる」と投稿し、2パックの死後の写真や、最新映像としてマレーシアでの動画を立て続けに投稿していた。これには2パックのファンもいい加減なことを言うなと怒り出す者もいたが、シュグ・ナイト・ジュニアは「真実はいずれ明らかになる。オレはどこにも隠れないぜ」と反論。その真実が明らかになる時が近づいているからこその”スタジオ入り”を公けにしたのか。
block.fm

1996年に起こったラスベガスでの2パック銃殺事件は、その翌年のノトーリアス・B.I.G.(The Notorious B.I.G.)の銃殺事件と合わせて未解決のままで、事件の捜査をおったドキュメンタリー『Unsolved: 未解決ファイルを開いて』も昨年Netflixより配信されたばかり。同ドキュメンタリーのプロデューサーをつとめ、ノトーリアス・B.I.G.殺害事件の担当でもあったグレッグ・ケイディング(Greg Kading)によれば、2つの事件の犯人は特定できているものの、すでに殺害されているそうだ。
block.fm

2パックは生きている。というのが”彼の魂は”という意味なのならばファンも納得だ。これまでにもキューバで隠れて生活している、アメリカの田舎でひっそりと生活していると生存説が噂されていた2パック。生きているという不確かなニュースよりも、新しいアルバムに期待したいところだ。
block.fm

#2PAC#トゥパック#HIPHOP #HIPHOP

https://matome.naver.jp/odai/2158993899079888601
2020年05月20日