中国が、EUに「中国でコロナ発生」削除を要求

kondatetanaka
中国でEUの論説を検閲し、「中国でコロナ発生」を削除していた、というニュースとコロナの起源に関するニュースをまとめました。

▽ 中国が、EUに「中国でコロナ発生」削除を要求

27か国のEU大使が共同執筆した論説は、中国の政府系英字紙チャイナ・デーリー(China Daily)に掲載されたが、「中国で新型コロナウイルス発生」に言及した箇所は削除された。

しかし、EUの虚偽情報対策の専門家によると、中国政府は武漢(Wuhan)を新型コロナウイルスの発生地と言及する箇所を削除するよう求めてきたという。

EUが中国の検閲に屈する決断をしたことに、欧州政界の一部からは反発の声が上がっている。

この論説はEUのニコラ・シャピュイ駐中国大使が27加盟国の中国大使と連名で執筆したもので、EUと中国の外交関係樹立45周年を記念して発表された。

EU代表団のウェブサイトで公表された元の文章は、「中国における新型コロナウイルス集団感染の発生と、その後3カ月での世界的な拡大」によって、既存の外交計画が難航していると指摘する内容。

しかし、中国の国営英字紙チャイナデイリーに掲載された文章では、新型コロナウイルスが中国で発生したこと、感染が世界に拡大したことへの言及が削除されている。
CNN.co.jp : EU、中国による検閲容認 論説から「中国でコロナ発生」削除

4月の発行を予定していたが、ウイルスの起源が湖北省武漢市であることを想起させるデザインを問題視する声もあり、延期していた。新たな切手は武漢市の名所が目立たないよう薄く修正された。
中国コロナ切手、武漢色薄め発行 起源説警戒か | 全国のニュース | 福井新聞ONLINE

▽ WHOはウイルス起源解明のため代表団を中国に派遣

世界保健機関(WHO)は新型コロナウイルスの起源を解明する目的で中国への新たな代表団派遣を検討している。WHOの感染症専門家、マリア・ファンケルクホーフェ氏が明らかにした。
【新型コロナ】WHO、ウイルス起源解明で中国への代表団派遣を検討 – Bloomberg

欧州連合(EU)はロシアと中国が、EUと近隣諸国で新型ウイルスに関する陰謀論や誤情報を広めているとする報告を発表した。このEU報告書によると、「ロシアを含む様々な政府が(ロシアほどではないが中国も)、EUや周辺の世間に向けて、陰謀論や誤情報を引き続き広めている」という。
中国外交官、新型ウイルスの発生源探しをBBCに否定 – BBCニュース

▽ 諜報機関は、研究所流出説を否定

日本語で書けば「アメリカの同盟国(ファイブアイズ)は、ウイルスのアウトブレーク(爆発的流行)は中国の研究室からではなく、市場(いちば)から来た可能性が高いという認識を共有した」となる。
米中激突:ウイルス発生源「武漢研究所説」めぐり (ニューズウィーク日本版)

▽ 昨年12月にはフランスでコロナ感染者が見つかっていた

昨年12月にパリで肺炎と診断された患者が、新型コロナウイルスによる感染症COVID-19だったことが明らかになった。この患者の医師の話として、地元メディアが報じた。
昨年末の肺炎、実は国内初の新型ウイルスだった? フランス – BBCニュース

これまでは、欧州で最初にヒトからヒトへの感染が確認されたのは1月19~22日の間、ドイツ人男性が同国を訪れていた中国人の同僚から感染したケースだとされていた。

アメリカも最近になって、新型ウイルスの流入した時期を修正している。カリフォルニアで行われた検視により、アメリカで最初に確認された新型ウイルスによる死亡例は、当初より1カ月も前に発生していたことが明らかになっている。
昨年末の肺炎、実は国内初の新型ウイルスだった? フランス – BBCニュース

▽ 新型コロナの遺伝子的な起源

アリゾン氏によると、遺伝子配列に残る変異は1か月に約2回の頻度で発生するため、研究者らはこの跡をたどることができるという。

「二つのウイルスを比較すれば、何個の変異で隔てられているかを数えることができる」と、アリゾン氏は説明した。このつながりをたどれば「すべての感染ウイルスに共通する祖先」が見つかる。
遺伝子でたどる新型コロナの起源 中国最初の症例前に他国で感染あったのか 写真7枚 国際ニュース:AFPBB News

この祖先は2019年11月17日頃(誤差範囲は8月27日~12月29日)に出現した可能性があると、ランバウト氏は推定している。

また、新型コロナウイルスの系統樹をさかのぼる調査を世界保健機関(WHO)と共同で実施した英インペリアル・カレッジ・ロンドン(Imperial College London)は、共通祖先が12月5日(誤差範囲は11月6日~12月13日)に中国で出現したと推測している。
遺伝子でたどる新型コロナの起源 中国最初の症例前に他国で感染あったのか 写真7枚 国際ニュース:AFPBB News

▽ フランス初の感染者は中国人との接触がない?

パリの研究グループは、2019年12月27日にインフルエンザのような症状で入院した男性の検体を、2020年4月にあらためて検査したところ、新型コロナウイルスに感染していたことが確認されたと発表した。

男性に直近の渡航歴はなく、中国人との明確な接点もない。
仏で2019年末に感染者 渡航歴・中国人との接点なし

https://matome.naver.jp/odai/2158934215333886401
2020年05月14日