フランス人女性のような感覚、見習いたい!女性が「自立する!」というこ…素敵up女子道!✰

choco331
世の中が大きく変化している今、女性が、精神的にも経済的にも自立を求められている時代に突入にしていると言えます。結婚しようとしまいと女性も自立することが必要となってきます。自立と言う意味では、フランス人女性の感覚はかなり参考になりそうです。ご紹介します!

1.「ねばならない論」はない!

日本人女性が将来に不安を抱いてしまうのは、「人生はこうあるべき」という社会的圧力がもとになっている場合が多いです。

「何歳までに結婚しなければならない」、「何歳までに出産するべき」、「子どもを産んだら仕事はやめなければならない」など、日本社会の「ねばならない論」がプレッシャーとなって窮屈な思いをしている女性も少なくないのではないでしょうか。

それに比べて個人主義のヨーロッパでは社会や家族からの無言の圧力のようなものはなく、それぞれが「生きたいように生きる」という感覚です。結婚をするもしないも個人の自由で、自分と同じように考えることを他人に強要しない文化です。

「人は私とは違う」という認識が根底にあるので、「ねばならない論」を他人に押し付けたりせず、それぞれが自分の幸せのためにやりたいことをするという考え方を持っています。性別に関係なく、自分らしく自由に生きられる環境という観点からいうと、ヨーロッパは日本よりも一枚上手だと思います。
全然ちがう! 日本人女性とヨーロッパ人女性の「結婚」に対する考え方|「マイナビウーマン」

愛し続けたいから「結婚しない」

「結婚観」の多様性を認めているヨーロッパでは、結婚する理由も結婚“しない”理由も様々です。

子どもも大きくなって独立し、今では旦那様と平和な老後の人生を送っていますが、結婚はしていません。彼女になぜ結婚しないのか尋ねると、自信満々にこう言われました。

「結婚しちゃったら愛でつながる関係ではなく、書類でつながる関係になってしまうでしょう。私は彼を愛しているから一緒にいるし、愛がなければ別れるわ。彼を本当に愛し続けたいから結婚はしないことにしたのよ。」

彼女の発想は、「愛するから結婚する」という価値観しか持っていなかった筆者には目の覚める発見でした。ヨーロッパ人は社会の価値観ではなく、それぞれ個人が考える「結婚の意味」を尊重します。

ヨーロッパで事実婚が多く、事実婚の制度が整っているのも、こういった結婚に対する自由な考え方と多様性を社会が認めているからだと言えます。
https://woman.mynavi.jp/article/141110-71/

お金は別々に管理する!

「結婚=将来の安定」という意味合いが強い日本。彼女の気持ちもわかります。

「結婚したって財産は個人のもの。わたしなんて、パートナーの給料の額も知らないわ」

フランスでは生活に必要なお金は共通口座で管理し、それ以外は個々で管理するのが一般的なのだとか。それは結婚をしていても同じこと。妻が家計をすべて管理することが多い日本とでは、財産に対する考え方も異なるようです。

依存しない生き方が女を強くする

貿易会社でキャリアを積むサラと、フランス語教師のオデット。彼女たちに共通するのは、パートナーがいても自分の力で生きていくことが前提であるということ。
女は40歳からがもっとも美しい。フランス、イタリアに学ぶ結婚しない生き方 (2016年6月19日) – エキサイトニュース(2/3)

ヨーロッパと日本の国内事情の違い

恋愛のゴールは必ずしも「結婚」ではないし、結婚しなければ家族になれない、とも考えない。事実婚の社会的認知が進んでいるうえ、結婚や離婚の手続きが面倒なことから、籍を入れない人も多い。そのため、「結婚すべき」というプレッシャーはないし、「結婚できない人には問題がある」という考えにもならない。「結婚」はあくまで当人の自由な意思に基づくものであり、パートナーシップは多様である、という理解が進んでいる。
ヨーロッパは「結婚制度に縛られない社会」だ | 恋愛・結婚 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

まとめ

幸せの基準はいつも自分。他人ではなく自分の価値観を大切にするヨーロッパ女性が輝いて見えるのは、ブレない生き方から生まれる自信からくるものなのかもしれません。
https://woman.mynavi.jp/article/141110-71/

https://matome.naver.jp/odai/2158906492408851901
2020年06月28日