【西洋占星術】ハウス(1室~6室)

kondatetanaka
西洋占星術のハウス(1室~6室)まで、まとめてみました。

ハウス・システムとは

仮に地球上のある地点で、天頂に向かって
真っすぐに立ったとします。
すると、地球の表面は視野に広がる
平らな地平面として目にうつります。
この地平面を無限に引き延ばした時に
天球と交わる線を地平線といいます。

この場合に、東の地平線上の太陽が昇ってくる点を起点として、
黄道を12のブロックに分けて1室から12室まで数えたものを
天球12室(Heavenlly Twelve Houses)と言います。
「占星学」ルル・ラブア(実業之日本社)

最初は、なかなか難しいので、星座(サイン)とは別に、ハウスという12の部屋がある、ぐらいでいいと思います。

ホロスコープを見てみましょう!!


https://matome.naver.jp/odai/2158796696105509401/2158806401746971503

真ん中に数字が書いてあります。
これがハウスの番号です。ハウスの番号にも意味があるのです。

ハウスの分け方にも、ソーラーハウス、プラシーダスなどがあります。
上のホロスコープは、プラシーダスです。
プラシーダスが多分一番メジャーですが、詳しく読みたくなると、
ソーラーハウスとかも見るようになります。

最初はハウスを分ける方法にもいろいろあるぐらいでいいと思います。

ハウスの意味の覚え方

1室は自分自身、2室は財産、3室はコミュニケーション、と覚えていくのは大変です。
実は簡単な覚え方があるので、ご紹介します。

1室 牡羊座 「本人」「生命」

実際には生まれた時期によって、1室の星座(サイン)は異なります。
ただ、1室と最初の牡羊座、というのは意味が似ているのです。

牡羊座は火の星座、主観的、衝動的というイメージです。
また牡羊座の支配星の火星で行動的というイメージもあります。

1室の起点を、アセンダント・ASC(ラテン語:ascendere、上昇する)
といいます。
太陽星座、月星座と同様に、重要な意味を持ちます。

2室 牡牛座 「金銭」「所有」

2室は財産を表すハウスです。
牡牛座の支配星は、金星です。美、財産を表す惑星です。
物質的な満足をあらわします。

3室 双子座 「知識」「研究」

3室はコミュニケーションを表します。
双子座もコミュニケーション、表現力を表す星座です。
支配星は水星ですが、知識や研究を表します。

4室 蟹座 「家庭」「晩年」

4室は家庭を表します。
4室の起点は、ホロスコープでもっとも下の場所
IC(ラテン語:Imum Coeli(イムム・コエリ)空の底)なので、
人生の終着点を表します。

ホロスコープは、1~6室(夜)が北半球、
7室~12室(昼)が南半球を表します。
また、10室~3室(左半分)が東、
4室~9室(右半分)が西を表します。

ちょうど地図とは逆になります。

5室 獅子座 「創造」「娯楽」

5室は創造を表します。
獅子座のキーワードは「 I create(私は創造する)」です。
恋愛、求婚、子供、芸術活動、娯楽、勝負事などをあらわします。

6室 乙女座 「勤務」「健康」

6室は、勤労、就職などをあらわします。
病気、奴隷、小動物、雑用などの少しよくないイメージの意味もあります。

対抗関係にある12室(障害、秘密の敵をあらわす)の部屋とともに
解釈が難しいハウスです。

7室~12室の解説です。

https://matome.naver.jp/odai/2158796696105509401
2020年04月29日