【恋多き女性】宇野千代さんの作品を並べていく 男性の胃袋を掴むのです!!ついでにそこも掴んで!!

koitate2016

私は梶井を尊敬してゐたのでせうか。或ひは梶井を恋ひしてゐたのでせうか。さうとは自分でも気が付かずに、梶井に対して、恋ひしてゐるものしか持たない心持を持つてゐて、自分では夢にもさうとは思はないのに、周囲にゐる人たちが、はっきりさうと決めてゐた、さう言ふ状態だつたのでせうか。

男と女の間には、真の友情は成立たないものです。多少に拘らず、恋情に似た感情が混ざらないと、友情もまた、成立たないもののやうに、私は思ふのです。

宇野千代さん、日本の女性作家です。
恋多き女性、尾崎士郎、梶井基次郎、東郷青児、北原武夫らと恋愛関係を持つ。

おいでませ、山口へ!

今日のご紹介は、岩国市の『宇野千代生家』。
宇野千代さんは、女流作家でもあり着物のデザイナーでもあった。桜の柄は春限定ではなく春夏秋冬いつ着ても良いと広めたのも宇野千代さん。生家には、数枚ですが着物の展示もしてあります。
#岩国市
#宇野千代生家 pic.twitter.com/XrwxhoIdMm

幸福の言葉

忘れるということは新しく始めるということです。
心を空っぽにするから新しい経験を入れることが出来るのです。
いくつになっても人生は今日から始まりである。
幸福の言葉

私の幸福論

長生きをする人たちにアンケートをしましたら、性格にある共通点が発見されたのだそうですよ。
くよくよしない、無理をしない、怒らない、という性格だそうです。
私の幸福論

人の好意は、何の疑いもなく、そのまま素直に受けること。受けた好意は、そのままには済まさないで、受けたと同じように他の人にも好意で示そうと思うものです。そうしてこそ、人の和は広がっていくのですね。好意は実を結び、人々の心に善意の輪が広がるのです。
私の幸福論

これから会う人が初めての人であっても、その人は私をきっと好きになるだろうと思うのです。その人はきっといい人で、だから私はその人と会うのが愉しい、と思うのです。そんなふうに思いますとね、心は期待感にふくらんできます。人に会うための準備がととのうのです。
私の幸福論

人生学校

最も身近な人を幸せにすることは最も難しいことであり、それゆえに最も価値のあることである
人生学校

大人の絵本

幸福は幸福を呼ぶ

幸福は幸福を呼ぶ
人間は心がその存在の全てである
幸福も不幸も本人の望み方次第なのである
自分が不幸であると思えば不幸であるし
幸福であると思えば幸福なのである
思いは人の心に伝染する
自分にも他人にも
幸福だけを伝染させて生きて行きたいものである
幸福は忽ちに伝染して次の幸福を呼ぶ
自然に呼ぶのである

おはん

あまりに時が静かすぎて静かなことにも気づかなかった。理不尽な暴力に抗いもせず沫雪のように消えた。春の風に白い花が散り急ぐ。眺めるいとまもなかったのに、私ほどの仕合わせ者はないと、迷いなく笑うあなたという人。
おはん

https://matome.naver.jp/odai/2158284771168273901
2020年06月14日