【花の名前】「ミモザ」という植物は存在しない!?

花が好き
mimosaミモザ/ミモサ・日本で使われている「ミモザ」という言葉は、「アカシアの仲間の花」を総称した言葉・ミツバチが蜜を集めるニセアカシア(ハリエンジュ)・ミモザアカシア・フサアカシア・ギンヨウアカシア・wattleワトル

【ミモザの日】

「ミモザ」という呼び名はどこから来たのでしょうか。
https://hanalabo.net/2018/03/05/about-mimosa/

【mimosaミモザ/ミモサ】は、オジギソウ属の総称

ミモザ(mimosa)の名称は、古代ギリシャ時代、パントマイムのもととなったmimos (ミモス)のように、刺激によって葉が動くことから。
http://sweetlife.site/festa-della-mimosa/

植物学的にはオジギソウ属Mimosaがミモサと呼ばれる。
熱帯アメリカに約 300種ほど知られるマメ科の1属で多年草または低木。ネムリグサ属ともいう。
https://kotobank.jp/word/ミモザ-139466

「ミモザ(mimosa)」は、オジギソウなどを含む植物の属名。
http://www.hananoatorie.co.jp/?p=1244

最も有名なものはオジギソウである。
https://kotobank.jp/word/ミモザ-139466

オジギソウ(Mimosa pudica)
オジギソウは、マメ科ネムノキ亜科オジギソウ属の植物。花はポンポンしてて、色はピンク色です。

オジギソウ属とアカシア属は違う。

オジギソウ属の花弁は小さく4〜5枚あり,おしべは 10本以下で,10本以上あるアカシア属と区別される。
https://kotobank.jp/word/ミモザ-139466

ちなみに、アカシア属の葉は刺激を与えてもオジギソウのように閉じません。
http://sweetlife.site/festa-della-mimosa/

日本では【ミモザ】を「アカシア属」にも使っている。

日本ではオジギソウ属とは別のアカシア属の植物をミモザと呼んで切り花用などに使うこともある。
https://kotobank.jp/word/ミモザ-139466

私たちが思い描くあの黄色いぽんぽんの花は、アカシアの花です。
アカシア(Acacia)はマメ科ネムノキ亜科アカシア属の植物。
https://hanalabo.net/2018/03/05/about-mimosa/

「ミモザ」は「アカシア」の花
日本では【ミモザ】を「アカシア属」にも使っている。

日本では一般的に【アカシア】は「ニセアカシア(ハリエンジュ)」のこと。

「ミモザ」は「アカシア」の花のこと。
でも私たちがよく知っている「アカシアはちみつ」の「アカシア」はまったく別の植物です。
https://hanalabo.net/2018/03/05/about-mimosa/

ミツバチが蜜を集めるアカシアはニセアカシア(ハリエンジュ)
アカシア蜂蜜のアカシアは黄色いお花のミモザとは関係なく、ニセアカシアの花です。

石原裕次郎のヒット曲「赤いハンカチ」に歌われる「アカシアの花」も、レミオロメンの「アカシア」も、ユーミンの「acacia」も、ニセアカシアのことです。
https://hanalabo.net/2018/03/05/about-mimosa/

【ミモザ】は「ミモザアカシア」のこと。

「ミモザ(mimosa)」は、正式にはミモザアカシアといいます。
http://www.hananoatorie.co.jp/?p=1244

Mimosaは本来「オジギソウ」の学名。葉っぱがオジギソウに似ていたので、ヨーロッパの人たちは、「ミモザアカシア」と呼ぶようになった。
http://sweetlife.site/festa-della-mimosa/

ミモザアカシア
【ミモザ】は「ミモザアカシア」

イースターと同様に西洋では春の象徴カラーは黄色です。
http://www.hananoatorie.co.jp/?p=1244

黄色い花は、西欧では 厳しい冬に終わりを告げ、暖かい春が来たことを知らせる幸せの色を象徴しています。その代表的なお花がミモザなのです。
http://sweetlife.site/festa-della-mimosa/

日本では「ミモザアカシア」を【ミモザ】に省略して使っている。

ミモザといえばフランスやイタリアなど、なんとなくヨーロッパを連想する方も多いと思いますが、本来は南半球の植物。主にオーストラリアやアフリカに多く分布しています。
https://hanalabo.net/2018/03/05/about-mimosa/

ミモザアカシア
フサアカシアの花。ヨーロッパの人にとって「ミモザ」といったらコレ。

ミモザアカシアがいつしか「ミモザ」と略して呼ばれるようになり、もう黄色い花のアレはミモザ!!ってことになってしまったのです。
https://hanalabo.net/2018/03/05/about-mimosa/

【ミモザアカシア】は「フサアカシア」のこと。

日本では、この黄色いお花をつけたフサアカシアがミモザと呼ばれるようになりました。
http://sweetlife.site/festa-della-mimosa/

フランスやイタリアなど、西欧でいうミモザはフサアカシア
http://sweetlife.site/festa-della-mimosa/

ヨーロッパの人が「ミモザアカシア」と言ったのは、正確には「フサアカシア(Acacia dealbata)」。
http://sweetlife.site/festa-della-mimosa/

フサアカシア(Acacia dealbata)
フサアカシア。羽状複葉がギンヨウアカシアより大きくて緑色。ドライにしても、葉っぱの存在感が際立ちます。

見た目は 花も葉もギンヨウアカシアより大きいのが特徴です。
http://sweetlife.site/festa-della-mimosa/

日本では「ギンヨウアカシア」も【ミモザ】と呼んでいる。

ギンヨウアカシアは、南半球の熱帯から亜熱帯域アフリカ、ポリネシア、中南米などに生息する植物。
http://sweetlife.site/festa-della-mimosa/

ギンヨウアカシアもミモザと呼ばれています。
http://sweetlife.site/festa-della-mimosa/

ギンヨウアカシア
日本の花屋さんで一番よく見るミモザ

耐寒性があるので、日本でも越冬することができます。
日本で手に入りやすいのは、ギンヨウアカシアです。
http://sweetlife.site/festa-della-mimosa/

オーストラリアでは、アカシアは「wattleワトル」

オーストラリアの国花はゴールデンワトル=ピクナンサアカシア(Acacia pycnantha)
http://sweetlife.site/festa-della-mimosa/

オーストラリアでは、アカシアは「ワトル」と呼ばれ、春を告げる花として愛されています。
http://sweetlife.site/festa-della-mimosa/

英語ではCootamundra wattle(クータマンドラ ワトル)と言いますが、Cootamundraとは原産地オーストラリアのニューサウスウエールズ州にある町名で、銀葉アカシアが自生している場所なのだそう。
https://lovegreen.net/botanicallife/p72001/

オーストラリアの国花はゴールデンワトル=ピクナンサアカシア(Acacia pycnantha)
オーストラリアでは、9月1日が「ワトルの日」。ワトル(アカシア)の花や枝を身につけ、春の到来を祝います

原産地であるオーストラリアやアフリカの一部から、世界中に広がって楽しまれているミモザ。
https://hanalabo.net/2018/03/05/about-mimosa/

日本では【ミモザ】と呼ばれる様々な「アカシア」の花々

春のはじまりを告げる可愛い黄色い花は、どの国でも大人気です。
https://hanalabo.net/2018/03/05/about-mimosa/

ミモザという植物はありません。
https://hanalabo.net/2018/03/05/about-mimosa/

https://matome.naver.jp/odai/2158070629750208001
2020年02月06日