成長率の高いアメリカ大都市トップ10ランキング

ペトテッペンソン
米国の人口増加は停滞しています。 全国のいくつかの都市では、人口と経済活動が急激に減少しています。 一方、大小を問わず、不安定な経済状況にもかかわらず繁栄を続けている年もあります。 ここでは、2019年に急成長したアメリカの大都市のトップ10を見てみます。

第10位:フロリダ州タンパ

タンパの近くには美しいビーチがいくつもあります。 人口は過去30年にわたって一貫して増加し続けています。 市の人口は392,000人以上。 年間を通じて温かいので、主に退職した高齢の夫婦が余生を楽しむ土地として選ぶことが多いようです。

Enjoy Nature +☀️=@EnjoyNature

第9位:ノースカロライナ州シャーロット

ノースカロライナ州で最も人口の多いシャーロットは、ここ10年以上にわたってミレニアル世代(アメリカ合衆国で概ね1980年代〜1990年代に生まれた人々のこと)が多く住んでいます。 シャーロットの人口は872010人で、2010年の731,000人から増加しました。
シャーロットは、米国最大の金融の中心の一つです。

第8位:ジョージア州アトランタ

アトランタには、世界で最も忙しい空港(ハーツフィールド)があります。 この都市の人口は498,000人、GDPは3,850億ドルと推定されています。 コカコーラ、ホームデポ、UPS、デルタ航空などのグローバル企業は、アトランタに本社を置いています。 この街は主に求職ミレニアル世代を魅了しています。

昨日会社の同僚と片道400kmのアトランタ散策に
久しぶりの日本食やコカ・コーラ本社近くの『World of Coca-cola』へ✨
色んなコーラが試飲できると聞いてたけど、凄い行列で断念⤵️
日帰りツアーで帰りは夜の10時過ぎ
帰り車中で『菊地カープ残留』のニュースに一同盛り上がりました pic.twitter.com/AWdCuPqr02

第7位:テキサス州フォートワース

フォートワースはここ数年で急速に成長しており、都市の急激な家賃の増加に明確に反映されています。 フォートワースの1ベッドルームアパートメントの平均家賃は、昨年から10.78%増加して1,163ドル(約13万円)になりました。 フォートワースは、大都市ダラスに近いという利点もあります。

第6位:カリフォルニア州オークランド

オークランドの人口は432,000人です。 サンフランシスコに隣接しており、サンフランシスコ湾岸地域の貿易センターとして機能しています。 オークランドは、自動車製造業が盛んです。 この都市の住宅市場は途方もなく高価です。 Redfin(オンラインで不動産情報を検索できるサイト)によると、オークランドの住宅価格の中央値は750,000(約8200万円)ドルで、家計収入の中央値は92,714ドル(約1000万円)です。

第5位:コロラド州デンバー

デンバーは、最も急速に成長している都市の1つであるだけでなく、米国で最も勤勉な都市の1つでもあります。 716,000人の人口を持つコロラド州で最も人口の多い都市で、莫大な経済と雇用の機会を提供しています。 500マイル以内にデンバーより大きな都市がなく、米国中部の多くの大企業の本拠地です。

第4位:第4位:ネバダ州ヘンダーソン

ヘンダーソンはラスベガスからわずか24㎞の距離です。 人口は310,000人で、2010年の257,000人から大きく増加しています。減税と低い商業用不動産価格のおかげで、ヘンダーソンは多くの求職者と起業家を引き付けています。

第3位:ワシントン州シアトル

シアトルは、 マイクロソフト、アマゾン、ボーイング、スターバックスなどの大企業の中の大企業の本拠地です。 雇用機会の拡大により、ここ数年で新しい住民が急速に流入しています。 ファーストフード店で働く若い人たちの最低賃金を15ドル(1時間)にした発祥の地で、若い層を引き付けています。

ACROSS THE SKY☁️@acrossthesky813

シアトルといえば…!
#スターバックス コーヒー
1号店を訪れました☕️

このあとその模様をお届けします!

#jwave #sky813 #starbucks pic.twitter.com/S4gYs1Xq25

第2位:フロリダ州マイアミ

マイアミには世界最高のビーチがいくつかあります。 人口は2010年の400,000人から2018年には470,000人に増加しました。この都市は強力な国際ビジネスコミュニティを誇っています。 退職者だけでなく、求職者を引き付けます。 ラテンアメリカに近いため、いくつかの大企業がマイアミをラテンアメリカ事業の本部にしました。

第1位:テキサス州オースティン

毎年3月にはSXSWという世界規模の音楽の祭典が開かれる土地として有名なライブミュージックの街は、退職者のお気に入りの場所の1つでもあります。 オースティンの人口は約964,000人です。
年々カリフォルニアなどから移住してくる人たちが増え、不動産に関しては需要に供給が追い付かない状態で、アパートが増え続けています。

Kinder Institute@RiceKinderInst

Austin named America’s fastest-growing large city in 2019, report says. #KIUrbanEdge kinder.rice.edu/urbanedge/2019… pic.twitter.com/9jYGApQDC5
https://matome.naver.jp/odai/2157755647056239701
2020年01月08日