【俺ガイルSS】八幡「微妙な沈黙集」

jpiorijp3
【俺ガイルSS】八幡「微妙な沈黙集」

1 : 以下、名… – 2017/10/14 06:53:30.85 rWwUT+Bv0 1/34

【破滅への輪舞曲】

カラオケ 個室

八幡「イクセンコウネンーノー ユーウーウーツーガー♪」

モニター「82点」ババーン

八幡「ふぅ……」

八幡(やはりカラオケは一人で来るに限るな。思い切り歌えるし、他のやつらに合わせる必要もないし)

八幡(……せっかくだし電波ソングでも歌ってみるか)

八幡(たぶん自力で歌いきるの無理だからガイドボーカルも入れて、と……)ピッ

スピーカー<デーッ デーッ デーデーデデッデー

八幡「アサアサモーニンヨルヨルナイナイ ヤッバイ ペッラペラー♪」

八幡「ワンツースリーフォーファイ イロハニホヘト ヒー フー ミツ……ドモ……エ」

八幡(やだこれ一人でもめちゃくちゃ恥ずかしい! 聞くのは好きだけど歌うのは無理!)

八幡「……消すか」ガタッ

八幡「……いや、次の曲決まってからにしよ」スッ

2 : 以下、名… – 2017/10/14 06:54:09.47 rWwUT+Bv0 2/34

カラオケ 廊下

戸部「隼人く~ん、デュエットしようぜデュエットぉ~」

葉山「はは。分かった分かった」

海老名「これは濃厚なとべはやの予感!」

三浦「海老名、出てる。出てるから」

由比ヶ浜「あははー……」

由比ヶ浜(あいかわらずだなぁ、姫奈は)

由比ヶ浜「……?」

由比ヶ浜(あれ、ヒッキーだ。一人で来てるのかな? ……誘ってくれればいいのに)ムッ

由比ヶ浜「!」ピコーン

由比ヶ浜(そうだ! いきなり入ってビックリさせちゃお! そうと決まれば……)

3 : 以下、名… – 2017/10/14 06:55:06.11 rWwUT+Bv0 3/34

八幡(やっと決まった。意外と歌う曲ってすぐなくなるもんだな)

八幡「えーっと、演奏中止演奏中止っと……」

由比ヶ浜「ヒッキー! やっはろー!」バァン

八幡「え」

スピーカー<ハルハルスプリンナツナツサマー ハイッ ハイッ ペッラッペラー!

由比ヶ浜「……」

八幡「……」

スピーカー<アンドゥートロワー イーアルサンスー ヒー フー ミツドモエー!

由比ヶ浜&八幡「「…………」」

由比ヶ浜「あはは……。えっと……ご、ごめんねー!」バタン

<ドシタン、ユイー?
<ア、ウウン! ナンデモナイヨー!

八幡「……」(演奏中止ボタンを押す)

八幡「…………」(ソファーに座り込む)

八幡「………………」(頭を抱えてうずくまる)

4 : 以下、名… – 2017/10/14 06:55:55.18 rWwUT+Bv0 4/34

【遺伝子を信じよう】

ショッピングモール

八幡(さて。目当ての本も買えたし帰って小町とイチャイチャするか)

八幡「……お」

八幡(あれ雪ノ下か。なにしてんだあいつ)

雪ノ下「……」キョロキョロ

八幡(挙動不審すぎる。下手すりゃ俺以上だぞおい。アイデンティティクライシスしちゃいそう)

八幡(あそこは……女性用下着店か。それでさっきからやたらと気にしてるのは……)

5 : 以下、名… – 2017/10/14 06:56:29.01 rWwUT+Bv0 5/34

寝てるだけでバストUPブラ「オススメ」

雪ノ下「……」スッ

雪ノ下「……!」ググッ

雪ノ下「……。……」スッ

雪ノ下「……! ……!」グググッ

雪ノ下「…………」

雪ノ下「……」キョロキョロ

雪ノ下「……」スッ

八幡(もの凄い葛藤の末手にとりやがった)

八幡「……」

八幡(ここは見なかったことにして立ち去ろう。うん。それがお互いのためだ。思い合いって素晴らしいね! あとそんなに気にしなくていいと思うよ!)

雪ノ下「!」バッ

八幡「げっ」

6 : 以下、名… – 2017/10/14 06:57:00.81 rWwUT+Bv0 6/34

八幡(な、なぜバレた。俺の視線ってそんなに湿度高いのん?)

雪ノ下「……」コツコツ

八幡「……おう」

雪ノ下「……こんにちは」

八幡&雪ノ下「「…………」」

雪ノ下「比企谷君。あなた、いつからそこにいたの?」

八幡「今通りかかったとこだよ。上の書店行っててな。もう帰る」

雪ノ下「……そう。私も今から書店に向かおうとしていたところよ」

八幡「そうか。……じゃ、また」クルッ

雪ノ下「……ええ」

八幡「…………」テクテク

八幡(……っぶねー乗り切れたあっぶねー! めっちゃ心臓ドキドキしてるなんだよあの緊張感戦場かよ)

八幡(まあしかし、これで雪ノ下の面子も立つだろう。よしんば俺が見ていたことに気づいてたとしても、俺が見てないと言ったからには――)

下着売り場店員「あ、あのぉすみませんお客様。商品を持ったまま出ていかれますのはちょっとぉ……」

八幡(勘弁してくれ)

7 : 以下、名… – 2017/10/14 06:57:39.35 rWwUT+Bv0 7/34

雪ノ下「あっ……。はい、すみません。……これ、やっぱりいいです」グイッ

下着売り場店員「そうですかぁ?」

雪ノ下「……はい」///

八幡「……」

八幡「……」テクテクテク

八幡(振り向くな。振り向いたら負けだ。戦場ではいかなる場合でも敵に背を向けてはならない。いや別に敵じゃないんだけど)

八幡(とにかく、いたたまれな過ぎてヤバイ。ヤバイ以外の語彙がなくなるくらいにはヤバイ)

雪ノ下「……ぅぅっ」///

8 : 以下、名… – 2017/10/14 06:58:28.53 rWwUT+Bv0 8/34

【パペットマスター由比ヶ浜結衣】

部室

由比ヶ浜「……暇だねー」

八幡「……いつもこんなもんだろ」ペラッ

由比ヶ浜「……まぁ、そうだけど」

由比ヶ浜(今日はゆきのん来てないし、ヒッキーはずっと本読んでて反応薄いし。もっと話したいなー)

由比ヶ浜(あ、そうだ!)

由比ヶ浜「ねえ、ヒッキーヒッキー」

八幡「なんだ」ペラッ

由比ヶ浜「コン!」

狐の手「ジャジャーン」

八幡「……」

9 : 以下、名… – 2017/10/14 06:59:05.95 rWwUT+Bv0 9/34

由比ヶ浜「コン! コンコン!」

八幡「……」

由比ヶ浜「コーン! コンコン、コーン!」

八幡「……お前それ恥ずかしくねえの? あと狐は『コン』ってよりは『ワン』って感じで鳴くんだぞ」

由比ヶ浜「う、うるさいしっ! 狐は『コン』でいいの!」///

八幡「そうかよ」ペラッ

由比ヶ浜「コーン。コーン。コーン。……クゥン、クゥーン……」

八幡(ちょっと犬に寄せはじめてんじゃねえか)ペラッ

由比ヶ浜(むぅ。ぜんぜん反応してくれないし……こうなったらヒッキーの手に直接……!)

由比ヶ浜「えいっ!」カプッ

八幡「! ちょっ、」

由比ヶ浜「カプっ! カプカプカプぅ~!」カプカプカプ

八幡「お、お前、」

由比ヶ浜「!」

由比ヶ浜(やっと反応してくれた! これでようやくちゃんと話してくれるよう……に?)

八幡の手「……」

由比ヶ浜の手「ギュッ」

由比ヶ浜(……これ普通に手つなぎにいってるようなもんじゃん!)

10 : 以下、名… – 2017/10/14 06:59:47.21 rWwUT+Bv0 10/34

由比ヶ浜「あっ……///」パッ

八幡「……お、う」

八幡&由比ヶ浜「「…………」」

由比ヶ浜「え、えへへー……」

八幡「……」ポリポリ

八幡&由比ヶ浜「「…………」」

由比ヶ浜「そ、それにしても暇だねー。あ、パソコン立ち上げてみる? なんか来てるかも!」ガタッ

八幡「……そうだな」

由比ヶ浜「う、うん!」バタバタ

由比ヶ浜(……うわー! なにしてんのあたしめっちゃドキドキするし絶対変だって思われたしー!!)///

八幡(その可愛くて恥ずかしいやつやめろよマジで。変な気分なっちゃうだろ。もう本読めねえよ)

11 : 以下、名… – 2017/10/14 07:00:29.07 rWwUT+Bv0 11/34

【元気です】

部室

由比ヶ浜「でねー、ママがねー」

雪ノ下「そう。それは大変だったわね」

八幡「……」スヤスヤ

由比ヶ浜「……ヒッキー、めっちゃ寝てるね」

雪ノ下「そうね」

由比ヶ浜「なんか、こうしてるとかわいいかも」クスッ

雪ノ下「……どうかしら」フフッ

12 : 以下、名… – 2017/10/14 07:01:21.48 rWwUT+Bv0 12/34

八幡「……ん」

由比ヶ浜「あ、起きた」

八幡「おー……めっちゃ寝た……。ちょっと、顔洗ってくるわ」ガタッ

雪ノ下「ええ、いってらっしゃ……」
由比ヶ浜「うん。わかっ……」

雪ノ下&由比ヶ浜「!」ハッ

八幡「……?」

八幡(なんだ? そんな驚いた目で一体どこを見て……)スッ

ミニ八幡「オハヨー」ギンギン

八幡(あっ)

13 : 以下、名… – 2017/10/14 07:02:20.62 rWwUT+Bv0 13/34

八幡「いや違うんだ。とにかく違うんだ。これはあれなんだよなんて言うかイルミナティの陰謀がだな」

由比ヶ浜「え、いや、その……」

雪ノ下「……」

雪ノ下「……男性は、寝て起きただけでああなってしまうことがあるそうよ」

八幡「! そう! そうなんだよ!」

由比ヶ浜「へ、へー。そうなんだ」

雪ノ下「……ええ」

八幡&雪ノ下&由比ヶ浜「「「…………」」」

由比ヶ浜「……ゆ、ゆきのん詳しいね!」

雪ノ下「ほ、保健体育の一貫よ」

由比ヶ浜「そ、そっか!」アハハー…

八幡「……」

八幡&雪ノ下&由比ヶ浜「「「…………」」」

八幡(なんだこれ死にてえ……)

雪ノ下(そ、そうよ。常識の範疇よ。別に今のは恥ずかしい指摘ではなかったはずでもこれじゃまるで私が性に詳しいみたいに)

由比ヶ浜(うわー、男の人のアレってあんな感じになるんだ、うわー……)///

22 : 以下、名… – 2017/10/14 20:43:48.89 rWwUT+Bv0 14/34

【沈黙殺し《サイレンス・ブレイカー》】

昇降口

八幡「……」テクテク

一色(あ、先輩だ。登校時刻に会うのって初めてかも)

一色「!」キュピーン

一色(ふふ、後ろからこっそり近づいて……)

一色「せんぱーいっ。おはようございますっ」トンッ

23 : 以下、名… – 2017/10/14 20:45:04.07 rWwUT+Bv0 15/34

八幡「……おう、一色か」クルッ

一色「……相変わらずリアクション薄いですねー」ムッ

八幡「妹で慣れてんだよそういうの。それにお前のやることなんて大体お見通しだし」

一色「へー。やっぱり先輩って年下好きなんです……はっ! もしかしてそれ私のことよく知ってるアピールですか口説いてますかそういう言葉は付き合うようになってから言ってくださいなので付き合ってくださいお願いします」

八幡「はいは……は?」

一色「へ?」

八幡「……いや、何でもない。ていうかお前、あれだ、サッカー部の朝練行かねえのかよ、あいつら今日とか朝練ある日なんじゃねえの、知らんけど」

一色「……はぁ」

八幡「……」

一色「……」

八幡&一色「「…………」」

一色(……ぜ、ぜったい今のちゃんと聞いてた! いつもは適当に聞き流すくせになんで今日に限ってー!)///

24 : 以下、名… – 2017/10/14 20:45:56.23 rWwUT+Bv0 16/34

一色「……」

一色(まあでも、これはこれで逆に……)ニヤリ

一色「ねえ、先輩」

八幡「……なんだよ」

一色「……今、私が言ったこと、ちゃんと聞いてましたか?」

八幡「……いや……」

一色「聞いて、ました……よね?」ウルウル

八幡「……っ」ゴクリ

一色「……」ウルウル

八幡&一色「「…………」」

25 : 以下、名… – 2017/10/14 20:46:47.80 rWwUT+Bv0 17/34

一色「……」ニヤッ

八幡「!」

一色「ふふん、先輩もまだまだ甘いですね。私もまだ全部を見せてるわけじゃありませんから。私のこともっと分かるようになってからああいうこと言うようにしてくださいごめんなさい」ペコリ

八幡「はいはい……」

八幡(こいつ本当いい性格してる。純情男子専門のAEDになれるんじゃねえの? いやそれどころか最悪ネクロマンサーになるまである、ていうか顔赤くなってねえだろうな)

一色(ま、本当はそういうことあの人たちに言ってあげて欲しいんですけどねー。私がいくら張り合ったって無駄なんですし)フフッ

八幡「……なんだよ、その顔」

一色「別に。なんでもないですよー」ニヤニヤ

八幡「むかつく……」

一色「ふふっ♪」

26 : 以下、名… – 2017/10/14 20:49:27.53 rWwUT+Bv0 18/34

【地雷原タップダンス】

駅前

八幡「悪いな。小町のわがままに付き合ってもらって」

由比ヶ浜「ううん、あたしもちょうど服買おうと思ってたから! ……小町ちゃん、途中で帰っちゃったけど」アハハー…

八幡(あいつの気づかい本当怖い。こっちにも色々準備とかあるんだからせめて一言二言くらいはかけてくれよ)

タッタッタ……

八幡「?」

八幡(なんか走ってくる音が……)

27 : 以下、名… – 2017/10/14 20:50:18.20 rWwUT+Bv0 19/34

手品師「そこの仲睦まじいカップルさん! ちょっといいですか?」

由比ヶ浜「……。へ、へぇ!? あ、あの、別にあたしたちカ、カップルとかじゃないんですけど!」///

八幡(そんな強く否定しなくてもよくない? 八幡傷ついちゃうよ? いや実際違うんだから別にいいけどよ)

手品師「ああ、そうでしたか。いやとても親しげな雰囲気を出してらっしゃったのでつい……」

由比ヶ浜「……そ、そう、ですか」///

由比ヶ浜「……」チラッ

八幡(今このタイミングでこっちの様子窺うのは卑怯じゃないですかね……。まあ俺も横目で見てる時点で同罪かもしれないが)

八幡「……あの、なんか用ですか」

手品師「ええ。実は私、手品師見習いのようなことをしてまして。少し技を見てもらってもいいですか?」

八幡(ああ。なんか下積み時代のマジシャンは通行人相手に自分の技術を試したりもするって聞いたことあるな。ソースはインターネット)

由比ヶ浜「あ、はい! それなら全然! ……いいよね? ヒッキー」

八幡「おう」

手品師「ありがとうございます! では、まずこのトランプを……」

28 : 以下、名… – 2017/10/14 20:52:06.89 rWwUT+Bv0 20/34

手品師「……はいっ! この通り!」

由比ヶ浜「おーっ」パチパチ

八幡「おー……」パチパチ

八幡(普通にすげえな。生でちゃんとした手品見るの初めてだが、本当に種も仕掛けも分からん)

手品師「では、お次はですね。この硬貨をコップに入れて、こうしてこうして……」シャッシャッシャ

八幡(カップシャッフルか。まあ大方「どれに入っていると思いますかー」とでも聞いてきて、答えに合わせて開けていくがどのカップにも硬貨がないとか、そんなオチだろう)

手品師「さてさて。では……」

手品師「どれが『本物』だと思います?」

八幡 ピクッ

由比ヶ浜 ピクッ

八幡&由比ヶ浜「「…………」」

29 : 以下、名… – 2017/10/14 20:52:57.22 rWwUT+Bv0 21/34

手品師「……?」

八幡(っべー。これっべー。なんかクソ恥ずかしい思い出が脳裏から離れないんですけど。癖のある聞き方してくんなよっべー。……由比ヶ浜さんちらちらこっち見てくるのやめてもらっていいですかね!)

手品師「どうかされましたか……?」

由比ヶ浜「へ!? あ、別に何でもないです! そ、そうですねー。えーっと、これかなー?」アハハー

手品師「お嬢さんはこれが『本物』だと思うんですね?」

由比ヶ浜「うっ……は、はい……」カァーッ

八幡(耳真っ赤にして俯いちゃったよ……見てられん。頼む。頼むからこれ以上犠牲者を出さないでくれ。何事も平和がいちば、)

手品師「お兄さんはどうですか?」

八幡(ですよねー)

30 : 以下、名… – 2017/10/14 20:54:45.82 rWwUT+Bv0 22/34

八幡「……俺も、同じ、です」

手品師「お兄さんは、これが、これこそが『本物』であると?」

八幡「……うす」

手品師「なるほど。お兄さんはこれが『本物』だと言うんですね。『本物』だと。なるほどなるほど……」

八幡(え、こいつ分かっててやってない? なんでそんな繰り返しちゃうの? 由比ヶ浜さんもう顔中真っ赤だよ? かく言う俺も顔が熱いです逃げたいです)

手品師「さて。ではではお二方の言うようにこれが『本物』なのか。それともこちらが『本物』なのか。はたまた右端が『本物』なのか」

八幡「……」アセダラダラ

由比ヶ浜「……」ソワソワ

手品師「やはり、手にするのなら何でも『本物』がいいですよね。私も『本物』の手品師になれるよう頑張っていきたいです」

八幡(やめて……もう八幡のライフはゼロよ、やめて……)

由比ヶ浜(うー、色々思い出しちゃってヒッキーの顔見れない……)///

手品師「少し話は逸れるんですが、私『本物』の金塊に触ったことがありまして。いや『本物』は凄いですね。重みからしてまさしく『本物』という感じで――」

由比ヶ浜「……」チラッ

八幡「……」ササッ

八幡&由比ヶ浜「はぁ……」

八幡&由比ヶ浜((帰り道なに話そう……))

38 : 以下、名… – 2017/10/15 02:33:41.48 kODchtY60 23/34

【だって男の子だもん】

部室

一色「こんにちはー」ガラガラ

由比ヶ浜「やっはろー! いろはちゃん」

雪ノ下「こんにちは」

一色「雪ノ下先輩も結衣先輩もやっはろーでーす。……あれ、先輩は?」

由比ヶ浜「あー……なんか平塚先生に呼ばれてるから遅れるって」アハハー…

雪ノ下「全く、何をしでかしたのかしらねあの男は」フゥ…

一色「先輩ってほんと平塚先生に弱いですよねー」

一色「……でも、今いないのは好都合です」ボソッ

雪ノ下&由比ヶ浜「「?」」

39 : 以下、名… – 2017/10/15 02:34:24.70 kODchtY60 24/34

※いろはすが「雪ノ下先輩」呼びなのは、時系列が11巻以前だからだと思ってください

雪ノ下「……ところで一色さんは何をしに来たのかしら?」

一色「もちろん相談があるから来たに決まってるじゃないですか!」

雪ノ下「はぁ……。言っておくけれど、生徒会の手伝いならもうしないわよ」

一色「あ、いえ。今日はそういうんじゃないので大丈夫です。結衣先輩に相談がありまして」

由比ヶ浜「ほぇー。……え、あたし!? な、なになに?」ニヤニヤ

雪ノ下(頼られるのがよっぽど嬉しいのかしら。頬がゆるみにゆるんでいるわ)クスッ

一色「あのですねー」

由比ヶ浜「うんうん!」キラキラ

一色「結衣先輩ってバスト大きいじゃないですかー?」

雪ノ下&由比ヶ浜「「!?」」

40 : 以下、名… – 2017/10/15 02:35:23.90 kODchtY60 25/34

由比ヶ浜「い、いやいやいや、そんなことないって!」ブンブン

一色「いやいやいや、さすがに否定するのは無理がありますよ。見るからにおっきいですもん」ブンブンブン

雪ノ下「……そうね。見るからに、ね」ジーッ

由比ヶ浜(ゆ、ゆきのんの目が怖い……)

由比ヶ浜「いや、でも、それが依頼となんの関係があるの?」

一色「えっとー。やっぱり男子って胸大きい人が好きじゃないですかー?」

由比ヶ浜「そ、そうとも限んないじゃん! ちっちゃいのが好きな人もいるかもだし!」

雪ノ下「ちっちゃい……」フッ

由比ヶ浜(ああ! ゆきのんがもの凄く切なそうな笑顔浮かべてる! 胸が痛い!)

41 : 以下、名… – 2017/10/15 02:36:00.69 kODchtY60 26/34

一色「でも結衣先輩って先輩のやらしい視線とか感じることあるじゃないですかー?」

由比ヶ浜「『ですかー?』って、べ、別にそんなことないし! ヒッキーの目いつもあんなだし!」

一色「……。ほんとですか?」ジーッ

由比ヶ浜「ほ、ほんとだよ! ほんとほんと!」

一色「……」ジーッ

由比ヶ浜「……ほんと、だよ?」

雪ノ下「……」ジーッ

由比ヶ浜(ゆきのんまで!?)

雪ノ下&一色「「……」」ジーッ

由比ヶ浜(うううううう……!)

42 : 以下、名… – 2017/10/15 02:37:10.99 kODchtY60 27/34

由比ヶ浜「……ぶっちゃけ……見られてるって感じることは、ある、かも……」ボソッ

一色「ほら! やっぱり男子は胸大きい人が好きなんですよ! ……というわけで、わたしももうちょっと欲しいなーと思うので、特別なことしてるのならご教授願いたいなーと」

由比ヶ浜「い、いや、そんなこと言われても……」

雪ノ下「私も知りたいわ。由比ヶ浜さん」ニコッ

由比ヶ浜「今日のゆきのんなんか怖いよ!?」

一色「ほらほらー教えてくださいよ結衣せんぱーい」ユサユサ

由比ヶ浜「そ、そんなこと言われても、特に変わったことは……。ご飯食べて、お風呂入って、ぐっすり寝て、ってだけだし……」

雪ノ下「……才能って残酷ね」ボソッ

由比ヶ浜(ゆきのんから冷気を感じる……)ゾクゾクッ

43 : 以下、名… – 2017/10/15 02:37:48.55 kODchtY60 28/34

一色「じゃあ、質問を変えましょう。いつぐらいから大きくなりはじめたんですか?」

由比ヶ浜「えっと……ちゅ、中二くらいから。膨らみはじめたのは、小学生の頃だと思うけど……」

一色「うーん、わたしも膨らみはじめた時期は同じですねー。そこからの伸びしろが違うって感じですか」

雪ノ下「……そう。私も、過去には由比ヶ浜さんと同じラインに立っていたのね……」フッ

由比ヶ浜(どうしよう! 今日はなにしてもゆきのんが傷ついちゃう!)

一色「あの、結衣先輩」

由比ヶ浜「……こ、今度はなに?」ジリッ

一色「……ちょっとだけ触らせてもらってもいいですか?」ニコッ

由比ヶ浜「」

44 : 以下、名… – 2017/10/15 02:38:24.74 kODchtY60 29/34

由比ヶ浜「え、ええっ!?」

一色「いや、ほんとにちょっとだけでいいですから。どんな感じなのかなーって」ワキワキ

由比ヶ浜「む、むりむりむりむり!/// それはほんとむりだから!/// ね、ゆきのんも……」

雪ノ下「私もいいかしら」ザッ

由比ヶ浜「やっぱり今日のゆきのんおかしくない!?」

部室前

<ウワッ、スゴイジュウリョウカンガアリマス!
<ダ、ダメ、ダメダッテ///
<コレガ、ホンモノ…
<チガウカラ! キヲタシカニモッテユキノン!

八幡「……」

45 : 以下、名… – 2017/10/15 02:39:10.43 kODchtY60 30/34

八幡(何やってんだよあいつら。超入りづれぇ……)

八幡(会話が途切れるタイミング見計らってたんだがこの分じゃまだかかりそうだな)ハァ…

八幡(……でもまあ、実際いいですねこういうの! 由比ヶ浜さんの由比ヶ浜さんがこう、ね! いやマジか。あんなに指沈み込んだりするもんなのか……ほぉ……)

八幡「……」フヘッ

八幡(いやいやいや流石にこれはキモい。五割くらいストーカーだし職質されちゃう。ここはマッ缶でも買いに行って時間を潰し……)クルッ

八幡「……」ピタッ

八幡(い、いや。もうちょっとだけ……)コソッ

シーン……

八幡(……あれ? なんかやけに静かだな。あれー?)

ガラガラ

一色「せーんぱいっ♪」

八幡「」

46 : 以下、名… – 2017/10/15 02:39:46.47 kODchtY60 31/34

八幡「……お、おう」

一色「……」ニコニコ

雪ノ下&由比ヶ浜「「……」」

八幡(やめて! そんな目で見ないで!)

八幡「ど、どうしたんだ一色。またなんか厄介事でも、」

一色「いえ、もう用事は済みました。わたしこれから生徒会の定例会議があってケツカッチンなので。ではでは~」スタスタ

八幡「……」ポカーン

八幡(……え? これもう入るしかない感じ? このタイミングで?)

雪ノ下&由比ヶ浜「「……」」ジーッ

八幡(入る……しか、ねえよな……)

47 : 以下、名… – 2017/10/15 02:40:47.22 kODchtY60 32/34

八幡「……うす」ガタッ

雪ノ下「……」

由比ヶ浜「……」

由比ヶ浜「……ヒッキー?」

八幡「……なんだよ」ペラッ

由比ヶ浜「さっきの、聞いてた?」

八幡「なんのことだ? なに話してたのか知らねえけど、俺は今さっき平塚先生から解放されたとこだし「聞いてたよね?」はい。聞いてました」

由比ヶ浜「……聞いてただけ?」ジトッ

八幡「いや、その……ちょっと、見てもいた……」

由比ヶ浜「……へえ」ジトーッ

八幡「……すまん」

由比ヶ浜「……」シラーッ

八幡(こっわ! 今日の由比ヶ浜こっわ! 雪ノ下の冷たい笑顔と同等かそれ以上の迫力だぞ)

48 : 以下、名… – 2017/10/15 02:42:00.58 kODchtY60 33/34

由比ヶ浜「……」ポチポチ

雪ノ下「……」ペラッ

八幡「……」

由比ヶ浜「ヒッキー、マジキモい……」ボソッ

八幡(反論の余地が一ミリもねえ……)

雪ノ下「……はぁ」ドンヨリ

八幡(こいつはこいつで怖い……)

八幡&雪ノ下&由比ヶ浜「「「…………」」」

八幡(な、なんなんだ。この今までに味わったことのない種類の気まずさは……)

八幡(戸塚に、戸塚に会いたいよぉ……)

49 : 以下、名… – 2017/10/15 02:43:02.42 kODchtY60 34/34

以上になります。ありがとうございました

https://matome.naver.jp/odai/2157511151244163801
2019年11月30日