F1を去ったドライバーのその後とは?

ぱれってい

デビット・クルサードの今

BBCのF1中継の解説者に!

https://www.youtube.com/watch?v=zLEQrcP5c9A

2010年からはドイツツーリングカー選手権(DTM)に参戦していたが[4]、2012年シーズン終了後にDTMからも引退を表明[5]。以後はDTM参戦と並行して担当していた英国放送協会(BBC)のF1中継における解説者の仕事を中心に、メルセデスAMGのブランドアンバサダーなどを務めている。2018年にはF1解説者としての立場でF1パドック殿堂の第1回表彰者に選ばれた
デビッド・クルサード – Wikipedia

ハインツ・ハラルド・フレンツェンの今

父は葬儀屋を経営しており、日本に来る前にはよく実家の手伝いで霊柩車を運転していた。引退後も同じく実家の葬儀屋を手伝っているという
https://ja.wikipedia.org/wiki/ハインツ%EF%BC%9Dハラルド・フレンツェン

本人の公式サイト

ミカハッキネンの今

ミカ・パウリ・ハッキネン(Mika Pauli Häkkinen, 1968年9月28日 – )は、フィンランド出身の元レーシング・ドライバー。1998年と1999年を2年連続でF1ワールドチャンピオンになり、フライング・フィンと形容されていた。

現在、メルセデス・ベンツとジョニー・ウォーカーのキャンペーン活動の他に、エーシズ・マネージメント・グループ社に加わりドライバー・マネージメント業として、若手ドライバーの発掘と養成にも携わっている
ミカ・ハッキネン – Wikipedia

2019年8月には来日してレースに参戦するが・・

2019鈴鹿10時間耐久レース。ミカ・ハッキネンが乗り込んだ#11 Planex SmaCam Racingは22位完走を果たした。

自身のアプリのアピールも行なった

2019 第48回サマーエンデュランス『BHオークションSMBC鈴鹿10時間耐久レース』」の予選終了後、辺りが暗くなる中、ミカ・ハッキネン選手がGPスクエアでファンセッションを行った。
トークショー以外にもアプリ「iNZDR」(インサイダー)の有料会員限定、オフィシャルハッキネングッズを購入した先着200名限定で、サイン入りフォトカードをハッキネン選手が直接プレゼントするという、スペシャルなイベントも行われた。

iNZDR(インサイダー)ってどんなアプリなの?

iNZDRでは写真や動画の閲覧に加え、ハッキネン選手が生配信したミーティングに参加できたり質問に答えてくれるというファンにはたまらないコンテンツが満載だ。

子供のモータースポーツ参戦に思わず熱が入る?往年のドライバーたち

① ヨス・フェルスタッペンと最年少でF1デビューした息子のマックス・フェルスタッペン

ヨス・フェルスタッペン(Johannes Franciscus “Jos” Verstappen, 1972年3月4日 – )は、オランダ出身のレーシングドライバーで、元F1ドライバー。姓はバースタッペンとも表記された。愛称はヨス・ザ・ボス(Jos the Boss)。
息子のマックス・フェルスタッペンもレーシングドライバーである
ヨス・フェルスタッペン – Wikipedia

息子の活躍のために不満を漏らすことも・・

マックス・フェルスタッペンの父親で、元F1ドライバーのヨス・フェルスタッペンは、レッドブル・ホンダが改善することができなければ、息子がF1チャンピオンを狙う上で2020年も”失われた年”になってしまうと語った。

②ヤン・マグヌッセンの息子、ケビン・マグヌッセンもF1に参戦している

長男のケビン・マグヌッセンもレーシング・ドライバーの道に進み、かつてヤンも所属したマクラーレンの若手ドライバー育成チームに所属した。2011年にはイギリスF3選手権に名門カーリンから参戦しシーズン2位を獲得している。2014年からはF1にマクラーレンで参戦し親子2代にわたりマクラーレンからF1デビューする事になった。
ヤン・マグヌッセン – Wikipedia

③ ラルフシューマッハの息子、デビッドもFIA-F3に参戦するなど将来を期待されている

元F1ドライバーであるラルフ・シューマッハの息子デビッド・シューマッハが、FIA-F3の最終戦ソチでカンポス・レーシングから参戦することが発表された。

デビッド・シューマッハ(17歳)は、前戦モンツァの大クラッシュによって負傷したアレックス・ペローニの代役として、アレッシ・デレッダとセバスチャン・フェルナンデスとチームを組む。

父の血かおじ(ミハエル・シューマッハ)の血か結果を残している

デビッド・シューマッハは、2018年のF4 UAEで3勝を挙げて準優勝。今季はフォーミュラ・リージョナル・ヨーロッパ選手権に出場し、3勝を挙げている。

事故により両足を切断するが、パレリンピックにて金メダルを獲得したアレックス・ザナルディ

アレッサンドロ・レオーネ・ザナルディ(Alessandro Leone Zanardi, 1966年10月23日 – )は、イタリア・ボローニャ出身のレーシングドライバー、ハンドサイクル選手。通称として、特にアメリカでは「アレックス・ザナルディ」(Alex Zanardi)とも。
1991年から1994年と1999年にF1ドライバーとして活動したほか、CARTで2度シリーズチャンピオンに輝いた。また2012年のロンドンパラリンピックのハンドサイクル・タイムトライアル、ハンドサイクル・ロードレースで金メダルを獲得した。
アレッサンドロ・ザナルディ – Wikipedia

【ザナルディの二度目のF1参戦後のキャリア】

事故後、様々なカテゴリーに参戦した後、ハンドサイクルに転向

2009年限りでWTCCを引退、数年前から並行して取り組んでいたハンドサイクルに2012年のロンドンパラリンピック出場と、メダル獲得を目指して本格的に転向した。

そしてオリンピックに二大会連続で出場し、金メダル獲得

2012年3月14日、同年開催のロンドンパラリンピックイタリア代表に選ばれ[1]、かつてカーレースで走った事のあるブランズ・ハッチサーキットで行われた[2]、16kmのH4ハンドサイクル・タイムトライアル、[3]ハンドサイクル・ロードレースの2種目で金メダル、ハンドサイクル・チームリレーで銀メダルを獲得した。
2016年9月14日、リオデジャネイロパラリンピックのH5タイムトライアルで金メダルを獲得した[4]。

残念ながら別カテゴリーで参戦中に亡くなったドライバー

長身で記憶に残るジャスティン・ウィルソン

ジャスティン・ウィルソン(Justin Wilson、1978年7月31日 – 2015年8月24日)はイギリス(イングランド)、シェフィールド出身のレーシングドライバー。身長191cm、体重88kg。
ジャスティン・ウィルソン – Wikipedia

2004年以降は活動の場をアメリカに移し、チャンプカーに参戦。

2015年8月23日に行われた、第15戦ポコノでのレース中、単独スピンでウォールにクラッシュしたセージ・カラムのマシンから飛散したやや大きめのパーツ片がヘルメットを直撃。
当日深夜、ウィルソンが意識不明の危篤状態であることがインディーカーより発表された[1]。ドライバー仲間や、モータースポーツ界からも回復を祈る声が寄せられたが[2]、翌8月24日、意識が戻ることがないまま、同病院にて死去した。37歳没

佐藤琢磨も遺族のためにチャリティーに参加した

ジャスティン・ウィルソンの遺族支援のための基金として、ジャスティン・ウィルソン・メモリアル・オークションがeBay(イーベイ)で行われています。最終戦ソノマで出場ドライバーたちが着用したヘルメットがオークションに出品されていますが、佐藤琢磨もポコノとソノマで着用したヘルメットをサイン入りで提供させて頂いてます。
takumasato.com « 佐藤琢磨 オフィシャルサイト

ジャスティンの奥様やふたりのお嬢さんの支援のために、今後もできる限りのサポートをしていきたいと思っています。

佐藤琢磨のコメントより抜粋

https://matome.naver.jp/odai/2157158127526493401
2019年11月04日