初めてのシニアとボーイズどこを選ぶ???

らんたんぐ

ボーイズリーグ日本全国のチーム数:
約700チーム以上。(小・中学生の部を合計)
現在では日本全国で、40支部という大規模に成長。
少年野球のボーイズ、シニア、ポニーの違いは?入部するならどれ? – KettiNotes

リトルシニア日本全国のチーム数:
計555チーム(2017年4月末現在)
年々チームの数は増加している。
少年野球のボーイズ、シニア、ポニーの違いは?入部するならどれ? – KettiNotes

ボーイズ、シニアリトル、ポニーはものすごく大きな違いはありませんが、細かいルールや規定などによって違いがあります。実際チームに入る時に一番重要なのは息子さん、娘さんの意見の尊重や各チームの指導者や雰囲気を見ることも重要です。あとは話し合って相談することも大切です。
少年野球のボーイズ、シニア、ポニーの違いは?入部するならどれ? – KettiNotes

湘南ボーイズ(神奈川県)
川崎中央リトルシニア(神奈川県)
中本牧リトルシニア(神奈川県)
世田谷西リトルシニア(東京都)
横浜青葉シニア(神奈川県)
中学野球も見よう!関東で注目のボーイズ、リトルシニア5選(3/3)|【SPAIA】スパイア

『硬式ボールはケガをしやすい』
『肩とか肘に負担がかかる』
とか言われますが、中学生にピッチャーの連投を強いる、痛みを根性で
克服する、とかがなければそうそう故障しないと思います。
『中学までは、軟式野球or硬式野球?』について その① – 40代 おやじの家族論

『なにがなんでも甲子園!』とかなんかだと、硬式クラブチームが

最短距離かもしれません。
『中学までは、軟式野球or硬式野球?』について その① – 40代 おやじの家族論

親御さんが、本格的な野球経験者であって、お子さんに指導できる
ような環境でないと、強豪クラブでは、一般的な運動神経だと
なかなかレギュラーになるのは難しいです。
バケモノみたいな子、実際いるんですよ。
『中学までは、軟式野球or硬式野球?』について その① – 40代 おやじの家族論

なにがなんでも、甲子園!』『なにがなんでも、プロ野球選手!』
このようなこと、目指しているのであれば硬式野球クラブを
選ぶべきだと思います。
『中学までは、軟式野球or硬式野球?』について その① – 40代 おやじの家族論

硬式野球のメリット

プロ野球、高校野球と同じボールを使用するため、中学生で硬式ボールに慣れておくと、その後野球をする上で有利になります。

硬式ボールは軟式ボールと違い、打球のスピードが速く、瞬発力や判断力が軟式ボール以上に必要とされます。

投げ方や打ち方も体を上手に使わないと速い球が投げられたり、ボールを遠くへ飛ばす事が出来ません。

早い段階から硬式ボールで野球をすると、自然と体の使い方を覚えるようになります。

硬式ボールに慣れているので、高校野球を始めて即戦力になる期待が持てます。

中学校の野球部出身者は硬式ボールに慣れるのに必死な状況と、硬式ボールに慣れているのでは差は歴然としています。

また、リトルシニアでは世界大会に積極的に参加しています。

中学生の頃から世界を対象とした野球ができるのは、良い経験になるはずです。
中学時代を硬式野球リトルシニアに所属するメリットとデメリットについての説明 – 野球上達のサポート

硬式野球のデメリット

体が成長中の中学生時代に怪我をしてしまい、成長が思うようにいかなくなる可能性もありま
す。また、中学校での部活動にほとんど参加する事が出来なくなります。
リトルシニアの活動日は主に土日祭日です。
そのため、中学校の部活動と試合の日程が被ったりします。
ボグの場合はリトルシニアを優先出来るように陸上部に入っていました。
陸上は団体競技と違い個人競技なので、試合を休んでもあまり迷惑が掛かりません。
それに、走る事はトレーニングの一環になります。
リトルシニアに所属する場合は、中学校の部活動にほとんど参加出来なくなるので、所属する部活動は考えなくてはいけません。
リトルシニアのチームにもよりますが、活動はほぼ土日祝日のため、平日は野球の練習ができません。
個人で練習しないといくらリトルシニアに所属しているからと言っても上手くはなりません。
最低限ピッチャーだったらシャドーピッチングやランニング、バッターだったら素振りはしないといけません。
もちろん、平日練習するチームもあるので、所属する前に十分確認する必要があります。
中学時代を硬式野球リトルシニアに所属するメリットとデメリットについての説明 – 野球上達のサポート

https://matome.naver.jp/odai/2157059885883470201
2019年10月29日