絶滅寸前!485系電車の軌跡を追う!

mtmまとめ
「きらきらうえつ」の運転が終了し、国鉄型の485系特急電車も消えようとしています。今回は、485系電車について採り上げてみました。

●当初は少な目の形式でスタートした

1950年代半ば以降、国鉄は地方線区の電化では地上設備の低廉性などから交流電化を推進し、各地に直流電化方式との接続点となるデッドセクションが生じた。さらに特急列車の運転区間が地方線区に拡大され、上述の異電源方式区間への直通運転要求に応えるために製造されたのが本系列である。

1964年(昭和39年)から関西⇔北陸・九州用に直流/交流60Hz対応の481系電車が、翌1965年から関東⇔東北用に直流/交流50Hz対応の483系電車が製造された。1968年からは交流の周波数が50・60Hz両対応となった485系電車が製造され、本系列の統一形式名となった。
国鉄485系電車とは | とは.コム

モハ484-90

485系は電動車だけの形式だったわけですが、便宜的にここでは、クハ・クロ・サハ・サシ・サロについても挙げますね!

クハ481-33
クロ481-2
サハ481-7
サロ481-36
サシ481-19

●寒地向けや北海道用も登場した!

1000番台
300番台を元に、183系1000番台で培われた耐寒耐雪構造を取り入れたグループ。主に東北地方で活躍した。

1500番台
北海道の電車特急化の推進のため、更なる酷寒地対応車として作られた。しかし、あまりの環境の過酷さに故障が頻発し、781系の登場と共に早々と東北へと転属した。運転室上のライトが2灯になっているのが特徴である。

この中には九州の鹿児島まで足を伸ばした車両もおり、電化区間の最北端と最南端を制覇したことになる。
485系とは (ヨンハチゴケイとは) [単語記事] – ニコニコ大百科

クハ481-1508
485系1500番台では唯一の保存車です。屋根上のライトが2灯なのが目を引きます。

●改造されて出来た形式が登場した!

クハ480
昭和60年の特急「くろしお」の増発に際して、不足する先頭車を改造で賄いました。

クロ480
クロ480-1~15(旧サロ4810番代、先頭車化改造車)
1001~1010(旧サロ4891000番代、先頭車化改造車)
2301(旧クロ4801000番代←サロ4891000番代、「かがやき」用)
485系交直流電車の短編成化に伴い登場したグリーン制御車(Tsc)で、1984~1991(昭和59~平成3)年に—両改造された。
特急形交直流電車/485系

クロ480-9
民営化後のJR九州での姿です。

クロ481-300(クハ481-200からの改造車)
グリーン車化改造車、1両のみの存在(クロ481-301←クハ481-243)

クロハ481-0(クハ481-200及び300からの改造車)
半室グリーン車化改造
クロハ481-1~8=クハ481-200
クロハ481-9~13=クハ481-300

クロハ481-200(クハ481-200からの改造車)
クロハ481-201~208

クロハ480-50(クロ480-0からの改造車)
半室グリーン車化
http://torontoron.omiki.com/siryokan/485kaizohenreki.htm

クロ481-2000
特急「スーパー雷鳥」向けに改造されたものです。

旧食堂部分のテーブルと椅子は全て撤去され、1・3位側につい立てで4名ずつの間仕切り式とした畳敷きの和室7区画が配置された。
485系特急形交直流電車|サロ481形500番代(「だんらん」)

サロ481-500和風車だんらん
厨房部分の撤去→ビュッフェ、窓下の金帯、雪見障子が特徴です。
クモハ485-5
運転席後ろに機器室があります。

この他にも、数多くの改造車が登場したので、形式区分は二桁になりました。全部を挙げませんが、次は他形式に改造されたものを挙げます。

●特急「北斗星」の食堂車はサシ481からの改造だった!

本来の24系食堂車であるオシ24形の所要数が不足していたため、電車特急列車の食堂車全廃に伴い余剰になっていた485系・489系電車の食堂車であるサシ481形およびサシ489形を改造して充当した。
特急形電車からの改造のため、車体断面の違いや、冷房装置や台車も種車のものをそのまま使用していることなど、他の24系客車とは外観が大きく異なっており、編成内で目立つ存在になっている。
内装は前述のオシ24 704・705と同じ欧風客車風であるが、テーブル配置が左右に2人掛けと4人掛けのゆったりした配置になっている。
国鉄24系客車 – Wikipedia

スシ24-505
前後の車両と比べると屋根高さや幅が異なりますね。

●特急「なは」のレガートシートはサロ481からの改造だった!

1990年から2008年まで「あかつき」で、1990年から2005年までは「なは」に連結していた普通車座席指定席である「レガートシート」用車両では高速バスの座席配置にならい、1人掛け座席を独立させ3列に配置していた(1+1+1配列)。しかし、これは列車の事情に合わせた例外である。なお、「あかつき」はオハ14形300番台、「なは」用はオハ24形300番台が充当された。
鉄道車両の座席 – Wikipedia

オハ24-300
寝台車中心の特急夜行列車において気軽に利用できる座席車でした。

●特急「北近畿(現在の「こうのとり」)」の車両は485系改造の183系!

内容的には種車の485系・489系から交流用の機器を撤去または使用停止したものである。制御回路は種車と共通しており、直流電化区間であれば無改造の485系・489系との混結も可能であるが、JR東日本所属の本系列とは、引通構造が異なるため混結・併結することはできないほか、第2パンタグラフの撤去は施工されていないものの使用停止措置が採られる。
国鉄183系電車 – Wikipedia

特急「北近畿」
「はしだて」、「きのさき」にも改造183系が投入されました。

他形式への改造は他にもありますが、この辺りでジョイフルトレイン改造車にいきます。

●リゾートエクスプレスゆう

種車から再用されたのは空気ブレーキ装置・電動発電機(MG)・空気圧縮機(CP)・連結器等の一部部品のみで、車体は同時期製造の651系電車をベースにした裾絞りタイプの普通鋼製であり、東急車輛製造で新製された。履歴簿上は余剰グリーン車からの改造名義ではあるが、事実上は新製に近い。制御装置などの走行機器に485系の廃車発生品が使用されたことと三電源対応車であることなどから485系の形式番号が付与された。
リゾートエクスプレスゆう – Wikipedia

189系からの改造が多く、485系からはサロ481-1002からのものが1両改造されました。

リゾートエクスプレスゆう

●「NO.DO.KA」

いずれの車両も編成短縮化により余剰となっていたサロ189形を種車とした改造車名目ではあるが、車体は新製されており、種車からは一部の部品が流用されたにすぎない。また制御装置・電動機・台車などの走行機器は、485系1000番台の予備品が使用されたことから、485系の形式番号が付与された。
シルフィード (鉄道車両) – Wikipedia

「シルフィールド」についてですが、後年「NO.DO.KA」に再改造されました。

「NO.DO.KA」

●「彩(いろどり)」

塗装は、白を基調として裾部にベージュを塗装。上部に各号車ごとのイメージカラーを配し、客用扉にロゴを設置した。客室の窓部分は485系3000番台と同様の連続窓風の塗装が施されている。
制御車は座席車、中間電動車は座席をフルフラットにすることも可能な簡易コンパーメント車もしくはフリースペースカーとした。
彩 (鉄道車両) – Wikipedia

「彩(いろどり)」

●「宴」

客室は木目調を生かしたベージュ色系統の色彩デザインとした。長時間の乗車でも快適に過ごせるように、モロ484形以外は掘り炬燵構造が採用されたが、目的に応じて床を全てフラットにすることが可能なように、昇降装置を内蔵した。モロ484形については一部が低屋根構造であることから掘り炬燵構造とはせず、床は他車よりやや下げた上で全てフラットな状態とした。
宴 (鉄道車両) – Wikipedia

「宴」の室内
車内が宴会!といったコンセプトで改造されました。

●「華」

客室は木目調でシンプルなデザインとした。長時間の乗車でも快適に過ごせるように掘り炬燵構造が採用されたが、目的に応じて床をフルフラットにすることが可能なように、昇降装置が内蔵されている。通路と座敷は分離されていない。通路側には窓下に上蓋式の荷物入れを設け、上蓋は腰掛けることが可能な構造となっている。利用者は一度靴を脱いだら他の車両への移動も靴を脱いだままで可能とするように配慮され、このため畳の下にスライド式下足入れが設置された。客室内の照明は30%の減光が可能である。各車両にオートチェンジャー・ワイヤレスマイク・リモコン選曲式のカラオケ装置が設置されている。
華 (鉄道車両) – Wikipedia

●「ニューなのはな」

座席仕様の場合は固定クロスシート(ボックスシート)となるが、座敷として使用する場合はクロスシートの背もたれを分割して倒すことで畳面が現れる。中央通路はそのままテーブルをセットすることで、深さ380mmの掘り炬燵構造となる。また、荷物棚は座席使用時を基準に設置高さが決められたため座敷利用時には折りたたまれる。
ニューなのはな – Wikipedia

「ニューなのはな」

●「きらきらうえつ」

座席はシートピッチ970mm のリクライニングシートを採用し、席間はグリーン車並みの間隔が確保されている。車内は床面を高くしたハイデッカー構造と大型のウインドウを採用し、より車窓を楽しめるよう設計されている。また1号車と4号車の先頭部(運転室後方)にはレストバーベンチを備えた簡易展望スペースが、3号車には多目的室「きらきらルーム」が設けられている。
きらきらうえつ – Wikipedia

「きらきらうえつ」
定期列車としての運行は9月28日で終了しました。

●「ジパング」・「リゾートやまどり」

2010年12月で営業運転を終了し、2011年1月に中間電動車ユニットのみが「リゾートやまどり」に改造のため東急車輛製造に入場。同年5月に「リゾートやまどり」となって出場した。

残った先頭車2両(クロ485-4・クロ484-6)は引き続き、高崎車両センターに留置されたが、2012年春に開催された「いわてデスティネーションキャンペーン」に際して盛岡支社管内で観光列車を運行する計画が発表され、2011年12月に郡山総合車両センターへ入場。観光列車用として特急「つがる」等で運用されていたモハ485・484-3014と組成した4両編成の「ジパング」に再改造された。

前述の「やまなみ」と併結運転が可能であり、号車番号は「やまなみ」の1 – 4号車に続く形で5 – 8号車とされていた。2010年1月一杯で営業運転を終了し、同年7月12日から2011年2月10日にかけて「リゾートやまどり」に改造された。
リゾートやまどり – Wikipedia

「やまどり」・「せせらぎ」→「リゾートやまどり」・「ジパング」へ改造されましたが、暫く残るでしょう。

「ジパング」
主に、盛岡ー一ノ関間で運転。
「リゾートやまどり」
主に、大宮ー中之条間で運転。

駆け足で485系の軌跡について採り上げましたが、ジョイフルトレインとして残った「きらきらうえつ」、「ジパング」、「リゾートやまどり」が最後の活躍をしています。機会があれば目に焼きつけておきたいですね。

●最後に国鉄色の485系を

国鉄色485系電車
美しい姿でした。

●10月からの「きらきらうえつ」

10月から運行される「きらきらうえつ」
のってたのしい列車!
https://matome.naver.jp/odai/2156990476186662101
2019年10月04日