殺害にまで至ってしまう…不倫の末路は悲惨そのもの

egawomsiete
背徳感と罪悪感がスパイスとなり、激しく燃え上がる不倫…その火遊びの代償は想像以上に大きいのは知っているはずも辞められないのでしょう。その不倫が家族崩壊のみならず、人の命までも奪って終結するとなれば誰しも他人事ではなくなるはずですが。

・バニーガール姿で “男漁り”、自宅で不倫相手を刺殺した女の「奇行癖」

「夜中に“キーッ”って奇声を上げたり、ガンガン音楽をかけたりするので、住人みんなで壁を叩いて抗議したりしました。ひどいときは突然、叫び出して、裸足(はだし)で走り出す。このマンションは、外出モードにしてから部屋を出ないといけないのに、それをしないから、セコムが来て大騒ぎになったこともありますよ」

同じマンションに住む住人は迷惑そうな表情で、容疑者の奇行癖をそう伝える。

警視庁町田署は3月9日、殺人未遂の疑いで東京都町田市の自称職業不詳、佐藤千夏容疑者(43)を逮捕した。

「8日午後11時50分ごろ、本人が自宅マンションで『愛人を殺した』と110番通報しました。被害男性の胸を複数回、突き刺し全治不明の傷害を負わせたもので、男性は搬送先の病院で死亡が確認されました」

と捜査関係者。
バニーガール姿で “男漁り”、自宅で不倫相手を刺殺した女の「奇行癖」 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する

被害者は近所に住む嵐富雄さん(61)。佐藤容疑者宅のベッドの上で、パジャマ姿のまま包丁でめった刺しにされていた。

「ワインに睡眠導入剤を入れて眠らせて、抵抗できない状態で刺した。かなり計画的です」(全国紙社会部記者)

嵐さんを知る古参住民は、

「小柄で色黒の消防士さんでした。奥さんもいて、子どもも3人います。周囲の人も、嵐さんに“あの女の人には手をつけたらダメだよ”って忠告していたらしいんだけどね。嵐さんは“俺は付き合わないよ”って言っておきながら、長い間、付き合っていたみたいです」
バニーガール姿で “男漁り”、自宅で不倫相手を刺殺した女の「奇行癖」 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する

消防団の中で3人くらいと深い関係に

事件のあったマンションに佐藤容疑者が引っ越してきたのは昨年7月ごろだった。

「やせていて、身長は160cmぐらい。43歳にしては若く見えて、きれいというか」

と同マンションの住人。
バニーガール姿で “男漁り”、自宅で不倫相手を刺殺した女の「奇行癖」 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する

引っ越し直後から佐藤容疑者は、少し風変わりな行動に出た。町内会に率先して入り、古くからの地元男性が多い消防団に加入した。

「子どもがいればまだわかりますが、ひとり暮らしで、どうして町内会に入りたがるのか。本当におかしいと思ったんですよ」

そう振り返る近隣の女性住民は、

「いきなり女性が消防団に入るのも変でしょ? 消防団の中で男女トラブルになって、3人くらいと深い関係になったって聞きました」
バニーガール姿で “男漁り”、自宅で不倫相手を刺殺した女の「奇行癖」 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する

消防団の行きつけの飲食店店主は、佐藤容疑者に迷惑をこうむったと話す。

「酒が入ると裸足で店内を走り回ったり、奇声を上げたりするので、あの人がいるとほかのお客さんが帰ってしまうんです。調理しているときに、勝手に厨房(ちゅうぼう)にまで入ってきちゃうので、ちょっとおかしい人だなとは思っていました。このへんのお店では、けっこう出禁になっているところがあるらしいです」

佐藤容疑者を出禁にしたという居酒屋店主は、

「無銭飲食をしたので、警察を呼びました。警察が来たら普通、店の人間にどうしました? とか聞くじゃないですか。警察官は、いきなり彼女を見つけて、外に呼び出しました。警察官を蹴っ飛ばしていましたから、公務執行妨害ですよ」

と証言する。地元の警察官に顔を覚えられている“常習犯”だったのだ。
バニーガール姿で “男漁り”、自宅で不倫相手を刺殺した女の「奇行癖」 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する

無銭飲食をするほど生活費に困っていた佐藤容疑者の手口は、

「結婚している消防団員を呼び出して、飲みに行こうって誘うんです」

と前出・居酒屋店主。

「それで奥さんたちも怒っちゃって。(被害者の)嵐さんも最初、彼女を更生させると言って面倒を見始めた。それがきっかけで付き合うようになったんだけどね」

佐藤容疑者の危険なふるまいに消防団員の妻たちからも苦情が寄せられ、3月いっぱいで消防団を退会させられることが決まっていたという。
バニーガール姿で “男漁り”、自宅で不倫相手を刺殺した女の「奇行癖」 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する

無銭飲食で警察ざたになったその日の夜の佐藤容疑者の驚くべき行動を、前出・居酒屋店主が続ける。

「夜中に近くのコンビニの駐車場で男漁(あさ)りをしていた、と聞きました。バニーガール姿で白いコートを羽織って、男の人に近づいてはコートをパッと広げて見せる。お金が欲しいから私を買ってちょうだいってことですよ」
バニーガール姿で “男漁り”、自宅で不倫相手を刺殺した女の「奇行癖」 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する

近所の主婦も、佐藤容疑者がうろうろする姿を頻繁に目撃していたそうで、

「毎日徘徊(はいかい)していましたね。売春婦とかなんかウワサになっていましたよ」

佐藤容疑者に誘惑されていたという同じマンションに住む60代の男性は、

「食べ物とかおすそ分けみたいに持ってきました。そのうち、タバコくれとか、腹減ったから何か食べさせてくれ、救急車を呼んだけど金がないから貸してくれって。よくわからないフィギュアを、これかわいいからって持ってくるんだよ。お酒があるからうちに来ないって言われたり、勝手にうちに入ってきて、布団の中に入ったり。面倒に巻き込まれるのは嫌で、お金がないからって言い続けていたら、2月中旬くらいから急に来なくなったけどね」
バニーガール姿で “男漁り”、自宅で不倫相手を刺殺した女の「奇行癖」 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する

そんな佐藤容疑者の犠牲になってしまった嵐さん。

「嵐さんのお子さんは、お父さんの亡骸(なきがら)はいらないって言っていましたよ」

と近隣主婦が明かす。家族の衝撃はもっともだ。9か月前に近所に住むようになった18歳年下の不倫相手に夫を殺された夫人は、

「すみません、お話しすることは何もなくて。どうかお引き取りください」

そう答えるだけだった。
バニーガール姿で “男漁り”、自宅で不倫相手を刺殺した女の「奇行癖」 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する

・31才男、不倫相手の51才女性を殺害するまでのドロドロ

2017年11月19日、千葉県船橋市にある、このラブホテルの一室から服を着たまま、仰向けになって亡くなっている50代の女性が発見された。着衣に乱れはなかったが、遺体の首には絞められたような痕が残っていた。

翌20日、千葉県警は殺人の疑いで習志野市に住む無職・安垣瑠威被告(31才)を逮捕した。「首を絞めて殺した」と容疑を認めている。

被害女性・A子さん(51才)と安垣被告は1年以上にわたり、不倫関係を続けていたという。20才を超える年の差カップルの間に一体何が起きたのだろうか。

事件現場から車で約15分。千葉県市川市内の豪邸が立ち並ぶお屋敷街に、赤レンガと白い壁が特徴的な2階建てのマンションが建つ。A子さんは、ここでリフォーム会社を営む夫と長男、義母の4人で暮らしていた。また彼女には独立して家を出た長女もいる。
31才男、不倫相手の51才女性を殺害するまでのドロドロ|NEWSポストセブン

近隣の住民は驚きを隠せない様子でこう話す。

「A子さん夫婦はどこにでもいる50代夫婦という感じで、夫婦げんかなんて一切聞いたことがありません。彼女は小柄で、昔から口紅もつけたところを見たことがないくらい、化粧っけのない控えめなかた。自分から他人に話しかけることもほとんどなく、こっちから“A子さん”と声をかけると、ようやく顔を上げて挨拶を返してくれるような、内向的な女性でした。正直、旦那さん以外の男性と関係を持って、その上、殺されてしまうなんて、まったく想像がつきません」

町内会の行事などにも参加せず、ママ友たちと連れ立って、近所の飲食店やカラオケ店に遊びに行くこともなかったというA子さん。人づきあいに対して決して積極的ではなかった彼女が、なぜ殺人事件の被害者となってしまったのか──。
31才男、不倫相手の51才女性を殺害するまでのドロドロ|NEWSポストセブン

お母さんが変なつきあいをしている

A子さんと安垣被告が出会ったのは2016年秋のこと。たまたま居合わせた飲食店で意気投合し、交際へ発展したという。2人は独身の安垣被告が暮らす習志野市内のアパートなどで逢瀬を重ねた。2人をよく見かけたという近隣住民が話す。

「いつもアパートから一緒に出てきて、男性の運転する車で出かけて行く。女性はずいぶん年上のようだけど、体を密着させるように並んで歩いていて、親子のようにはとても見えませんでした」

A子さんは人知れず安垣被告との関係を深めていったが、出会いから1年ほど経った頃、状況は一転する。
31才男、不倫相手の51才女性を殺害するまでのドロドロ|NEWSポストセブン

「2017年9月、安垣被告のマンションに滞在していたA子さんは自ら習志野署に通報して“別れ話で口論になった。このまま別れてもトラブルになる”と相談しています。警察はすぐにマンションに出向き、安垣被告に、関係を断つようにと説得したところ、彼も納得したようです。1か月後の10月25日に同署員がA子さんに確認すると“もう一切かかわっていません。わざわざすいません”と答えたそうです」(捜査関係者)
31才男、不倫相手の51才女性を殺害するまでのドロドロ|NEWSポストセブン

ところが、事件が起こる2週間前の昨年11月3日、安垣被告の自宅付近の住民から、「女性の叫び声がする」と110番通報があり、習志野署員が駆けつけると、安垣被告とA子さんが別れ話で言い争いとなっていた。通報をした住民が当時の状況を振り返る。

「夜10時過ぎでした。男女がけんかをしていて、女性の“もういい加減にして!”“もうやめて!”と言う泣き叫ぶ声が、30分以上にわたって続いていたんです。男性が何を話しているかは聞き取れませんでしたが、女性はずっと泣いていた。実は警察に通報したのは、この1度だけではなく、昨夏にも同じような叫び声が聞こえて、警察を呼んだことがあった。いつか事件になるんじゃ、と心配していたのですが…」
31才男、不倫相手の51才女性を殺害するまでのドロドロ|NEWSポストセブン

捜査関係者によると、この日2人は「縁を切る」ことを約束したという。だが、2人はその“約束”を破り、禁断の恋は、最悪の結末を迎えてしまった──。安垣被告は独身だったが、A子さんには家庭があった。残された家族は、今、何を思うのだろうか。

A子さんの夫の自宅を訪ねると「そのことについては一切、話したくありません」と口を閉ざした。A子さんの父親は「私は何もわからない。娘の夫に任せている」と言いながらも、ぽつり、ぽつりと、突如、娘を失った胸の内を明かしてくれた。
31才男、不倫相手の51才女性を殺害するまでのドロドロ|NEWSポストセブン

「娘が亡くなった日、孫娘が“泊めてほしい”と遊びに来たんです。そこで、初めて孫娘が“お母さんが変なつきあいをしている”と告白をしてくれた。そんな話をしているときに孫に警察から電話がかかってきて…。突然、孫が泣き出したものだから、私も“何か大変なことが起こったんだ”と知りました。そして、孫を警察に送り届けて…。

娘の夫も(妻が不倫をしていることは)“知らなかった”と言っていました。娘夫婦は、若い頃に行ったスキー旅行で知り合い、恋愛結婚をしました。それからというもの、お金には恵まれていなかったものの、よく働く、仲のいい夫婦だったのだけれど…」

A子さんの葬式では、彼女の夫が喪主を務めた。妻の不貞を事件によって知るという耐えがたい苦しみを味わいながらも、彼は妻への不満を口にすることはなく、残された家族を守っているという。
31才男、不倫相手の51才女性を殺害するまでのドロドロ|NEWSポストセブン

・不倫の末路…幼稚園教諭殺害事件

岐阜県瑞浪市の幼稚園教諭、松井洋子さん(40)の刺殺体が同県土岐市の山林で見つかった事件で、岐阜県警多治見署の捜査本部は2012年6月1日、瑞浪市の建築設計会社経営、安藤克巳容疑者(60)を死体遺棄容疑で逮捕した。
「松井さんは5月7日、勤務を終え車で帰宅。周囲に『知人に会いに行く』と言ったまま姿を消していました。10日午前には瑞浪市役所東分庁舎駐車場で、松井さんの車が運転席や助手席に血痕が残されていた状態で発見。12日午前に、土岐市の山林で遺体が見つかったのです」(社会部記者)
不倫の末路…幼稚園教諭殺害事件 (2012年6月25日) – エキサイトニュース

司法解剖の結果、松井さんの死因は左胸を包丁のような刃物で刺されたことによる失血死だった。2人の関係について、双方の知人が語る。
「安藤と松井さんは16年前から付き合っていました。飲み屋で知り合ってすぐに関係ができたと聞いていますが、安藤には妻子がいて不倫関係。最初の数年間こそ内緒にしていましたが、そのうち安藤が店で酔っ払うと松井さんが車で迎えに来るといった具合に、周りにも大っぴらに振る舞っていたといいます」
不倫の末路…幼稚園教諭殺害事件 (2012年6月25日) – エキサイトニュース

さらに安藤容疑者について社会部記者が言う。

「当初は経営する会社が順調だったようで、あちこち飲み歩いていました。月1回、公民館などを借り仲間8人で飲み会を開き、そこにも松井さんが同席していたこともある。ところが3年ほど前に取引先の建設会社が倒産してからは、経営が一気に悪化。

その頃から安藤が松井さんに金を借りるようになり、松井さんは交際に疑問を持つようになったのです」(地元記者)

先の知人によれば、実際に松井さんは安藤に別れ話を持ち出しており、家族が勧めた見合いにも興味を示していたという。
金の切れ目が縁の切れ目ということか。
不倫の末路…幼稚園教諭殺害事件 (2012年6月25日) – エキサイトニュース

・都城主婦絞殺事件 普通の奥さんを死に至らしめた「バイトと不倫」

2005年、宮崎県都城市で発生した絞殺事件。被害者はごく普通の主婦で、なぜ人通りのない市道脇で遺体が発見されたのか不明点が多かった。
都城主婦絞殺事件 普通の奥さんを死に至らしめた「バイトと不倫」 | FRIDAYデジタル

被害者である宮崎県西都市に住む主婦・田代裕子さん(仮名=死亡時30)の家族や事件前にとっていた行動について。同記者は言う。

「裕子さんは52歳の夫と3歳の娘の3人で暮らしていました。遺体が発見された日の午後4時ごろ、夫に『いま宮崎(市)にいる。保育園に預けた子供を迎えに行ってほしい』との連絡を入れた後に姿を消しており、その3日後に夫が警察に届け出て、遺体の身元が判明したのです」
都城主婦絞殺事件 普通の奥さんを死に至らしめた「バイトと不倫」 | FRIDAYデジタル

https://matome.naver.jp/odai/2156930104175034401
2019年09月24日