「They are サム・スミス」 単数形のtheyと男女を表す言葉の変化

Boquqoag
個人に対してtheyを使うのはそれほど変ではないし、男女を表す言葉の変化はそんなに珍しくもないよ、という話です。

ノンバイナリーの歌手サム・スミスが人称代名詞をジェンダー中立なものに変えると発表

イギリス出身のシンガーソングライター、サム・スミスさんが9月13日、自身のSNSで「自分を指す代名詞を(性別を男女のいずれとも特定しない)『They』や『Them』に変える」と発表しました。
彼でも、彼女でもなく。サム・スミスが自分の「代名詞」を変えた理由 – BuzzFeed

2019年9月15日

つまり、「He is a singer」って言いたいときは「They are a singer」って言ってね、ということ。

2019年12月にはアメリカの辞書出版社が今年のワード・オブ・ザ・イヤーにtheyを選んだ

ウェブスター辞書にある「They」には、すでに「ジェンダーをあえて明かさない人に対して使われる」という定義があったが、2019年9月に「ノンバイナリー」の人への三人称として新たに定義された。
米老舗出版社が発表した「2019年の言葉」は『They』、この単語の画期的な意味 – フロントロウ

2019年12月11日

三人称代名詞の単数形として使われるthey (singular they)

最近、注目されているのはサム・スミスのようなノンバイナリーの(自分を男女どちらでもないと認識する)人が使うようになったことが大きい。
使い方は単数にも複数にもなる「you」と似ている。

単数のtheyを使う場合の文法はこちらです。
・動詞の活用は三人称単数(He/She)と同じ。
・ただし、be動詞は複数形の形(are/were)になることが多い。
・本人を指す再帰代名詞は、themselvesではなく、単数のthemselfになる。
LGBTなど多様な性の英語表現:敬称や代名詞はどうする?注意点は? – GOTCHA!

2018年8月22日

用法としては古くからあるらしい

「they」が単数代名詞としての役割を果たせるかどうかを問い詰められ、同僚の辞書編集者たちと私は既に約7世紀にわたってそうなっていて、シェークスピアやジェーン・オースチン、英詩人チョーサーの作品にも登場していると指摘した。
増える単数形の「They」 – WSJ

2015年4月15日

ジェンダー中立な呼び方は最近のものでも英語圏だけのものでもない

スウェーデンには、性の区別のある代名詞が2つあった。「hon(彼女)」と「han(彼)」だ。2012年、ここに男性にも女性にも使える代名詞「hen」が加わった。

(中略)

1960年代にはすでに存在したとも言われる「hen」だが、2010年代初めに話題になるまで一般に広まってはいなかった。転機となったのは2012年に出版された児童書『Kivi and the Monster Dog』だと考えられている。
スウェーデンが導入した”性別不問の言葉”が人々の考え方を変えている —— 最新調査 | BUSINESS INSIDER JAPAN

2019年8月25日

かつてボーイはガールであった

Until the late 15th century the word ‘girl’ simply means a child of either sex. Boys, where they had to be differentiated, were referred to as ‘knave girls’ and girls in the female sense were called ‘gay girls’. Equally a boy could be a ‘knave child’ and a girl a ‘maiden child’.
Great misconception – HistoryExtra

15世紀後半まで、「girl」という言葉は性別を問わず単に子供という意味で使われていた。
呼び分ける必要があった場合は、男の子は「knave girls」、女の子は「gay girls」(!)と呼ばれていた。
男の子を「knave child」、女の子を「maiden child」と呼ぶこともあった。

日本では夫は「つま」だった

「つま」はもともと男女問わず配偶者の意味で使われていた。

つま【▽夫/妻】
《「端(つま)」の意》
1 夫婦や恋人が、互いに相手を呼ぶ称。
夫(オウト)とは – コトバンク

「彼は私の恋人です」

「彼(かれ)」も元々は男女を問わない言い方だった。
明治の頃に西洋の言葉に対応させるため「彼女」が作られ、さらに「彼女」に対応する言葉として「彼氏」が作り出された。

かれ【彼】
2. 三人称。話し手、聞き手以外の人をさし示す語。明治期以前は男女にかかわらず用いられた。
かれ – ウィクショナリー日本語版

彼女(かのじょ)
語源
西欧語の三人称女性を翻訳するのに案出された語。明治初期はかのおんなと発音した。
彼女 – ウィクショナリー日本語版

中国語でも同じような変化が起きた

中国語では彼を「他(ta)」彼女を「她(ta)」と書き分けるが、20世紀初頭までは性別問わず「他」と書いていた。
「她」は言語学者の劉半農がsheに対応する言葉として提案したと言われている。
現在では性別を問わない表記として「TA」が使われることもある。

イギリス留学中、ホームシックにかかった劉は「教我如何不想她」という詩を書き、この詩に趙元任が曲をつけたところ大変流行った。現代中国で使われている第三人称の人称代名詞「她(彼女)」は劉がこの詩の中で作った言葉である。
劉半農 – Wikipedia

https://matome.naver.jp/odai/2156855814443270601
2020年01月29日