【洋楽】最高にテンションが上がる23曲!

Mrドーナッツ
中学生の頃から洋楽ばかり聴いてました。ベストヒットUSAやMTVが放送開始。聴いたことないサウンド。見たことないMV。僕の感性は洋楽で完成されたといっても過言ではありません。最高にテンションが上がる洋楽ロック&ポップス10曲です!

ヴァン・ヘイレン「Jump」テンション上がるキーボードのリフ。卓越したライトハンド奏法。演奏能力の高いバンドで知られるヴァン・ヘイレン。全世界で8千万枚のアルバムを販売。度々ボーカルが変わっておりこの時はデイヴィッド・リー・ロス。この曲を聴けば否が応でもテンションが上がる。

ザ・キラーズ「Mr.Brightside」アメリカ、ラスベガス出身のロックバンド。ストロークスやホワイトストライプスと同じく先にイギリスで火が点いたバンド。キラーズのファーストシングル。テンションが上がる曲を作るのが上手いバンドだ。

マイ・ケミカル・ロマンス「Welcome To The Black Parade」日本でも武道館ライブやTVに出演しブレイクしたマイケミ。ドラマチックに展開する曲のアレンジにテンション上がる。♪We’ll carry on~,We’ll carry on~♪と口ずさんだ方も多いのでは。

ブラー「Song2」90年代イギリスを代表するオルタナバンド。テンション上がるブラーの代表曲。なかなか売れなかったアメリカでもヒットしブレイクを果たす。当時オアシスとの対立が話題になったバンド。

ザ・ヴェロニカズ「Untouched」オーストラリア、ブリスベン出身。リサとジェスからなる双子姉妹デュオ。双子ならではの息の合った美しいハーモニー。アップテンポでパワフル。ガールズロックが好きな方はオススメの曲です。

カサビアン「Club Foot」グラストンベリー・フェスティバルでヘッドライナー(主役)も務めたイギリスを代表するロックバンド。うねるグルーブ、ダンサブルなリズム。ザラついたサウンドは攻撃的で刺激的。もう!カッコよすぎ!

ディック・デイル「Misirlou」映画パルプ・フィクションやTAXiで使われた超有名曲。サーフ・インストの創設者でありサーフ・ギターのキングと呼ばれたディック・デイル。早いリズムにテンションが上がる。

レディー・ガガ「The Edge Of Glory」メガヒットアルバムBorn This Wayからの3rdシングル。レディー・ガガの中でもベスト3に入るくらい好きな曲。パワフルでドラマチック。サックスがこの曲の良いスパイスになっている。全米3位を獲得。

アイコナ・ポップ「I Love It(ft.charli XCX)」スウェーデン出身の女性エレクトロポップデュオ。この曲は本国スウェーデンで大ヒットしプラチナディスクを獲得。全米で最高7位を記録したこの曲。ポップでノリノリで超クールです。

イーダ・マリア「I Like You So Much Better When Youre Naked」ノルウェー出身。エネルギッシュでエキサイティングなサウンド。キャッチーでエロカッコイイ、ロックソング。ゾクッとするハスキーボイスがたまらない。テンション上がる曲。

エド・シーラン「Castle On The Hill」3rdアルバムからShape Of Youと同時にリリースされたこの曲。ビルボードで2曲共にTOP10に入る快挙を成し遂げる。曲はエドが育った故郷が舞台。少年時代の思い出を綴った故郷へのラブソング。

フォール・アウト・ボーイ「Sugar,We’re Goin Down」アメリカ、イリノイ州で結成。エモいパンクロックバンドとして絶大な人気を誇る。ビルボードで最高8位を獲得したこの曲。壮大でパワフルなサウンド。最強にエモい!

スージー・クワトロ「She’s In Love With You」女性ロッカーのパイオニア。女性がベースを奏でながら歌ったりガールズグループを率いたりとロックに多大な影響を与えた彼女。日本に来日した際、バックギタリストと着物姿で結婚式を挙げている。

MGMT「Time To Pretend」ローリングストーン誌が選ぶ史上最高500曲のリストで493位にランクインしたこの曲。ダンサブルなリズム。サイケデリックでほとばしるサウンド。エレクトリックでアヴァンギャルドなアレンジが素晴らしい。

サフリ・デュオ「Played-A-Live(The Bongo Song)」2,000年リリース。デンマーク出身のパーカッションデュオ。打楽器ボンゴとテクノミュージックを巧みにアレンジしたこの曲。本国デンマークやスイスで1位を獲得。テンション上がる曲です。

ビッグ・カントリー「In A Big Country」80年代活躍したスコットランド出身のロックバンド。ノリの良い爽快なリズム。バグパイプを思わせるギターリフ。壮大でスケール感ある隙のないアレンジ。テンション上がる名曲です。

ミスター・ミスター「Kyrie」Kyrie(キリエ)って彼女とか人の名前を叫んでるとずっと思ってたけど、ギリシャ語で「主よ」を意味するらしい。主よ!憐れみたまえ!と歌っている。自分を鼓舞するための宗教的な賛歌。80年代洋楽を代表する名曲です。

ホセ・ゴンザレス「Step Out」映画LIFE!の主題歌。TV番組のBGMでも使用され一度は聴いたことあるはず。壮大で雄大なサウンドはこの映画にぴったり。たまらない高揚感は鳥肌もの。聴くと勇気が湧いて来る。後世に残る名曲です。

スクリレックス「バンガラン」EDM系ミュージシャン。女性ラッパー、シラーとフューチャリングしたこの曲。狂気に満ちたキレッキレのサウンドは攻撃的で刺激的。間違いなくテンション上がる。

ウォーク・ザ・ムーン「Shut Up And Dance」アメリカ、オハイオ出身の4人組バンド。80年代洋楽を思わせる明るくポップなサウンド。聴いてて楽しいこの曲。ビルボードで最高4位を獲得したヒット曲。

アンドリューW.K.「Party Hard」鼻血を出したジャケットでお馴染みのバンド。アメリカ、カリフォルニア出身。イギリスで火が点き日本でも大ヒット。硬派で明るいヘビィメタル。バカっぽいけど本気のサウンド。こんな楽しい曲があるから洋楽が好き。

ノルマンディー「Collide」スウェーデンで結成されたポストハードコア&オルタナロックバンド。鳥肌が立つくらいテンションが上がるこの曲。正統派ハードロック的なサウンドが超クール。めっちゃ良い曲です。

ザ・テンパー・トラップ「Sweet Disposition」美しいハイトーンヴォイス。スケール感溢れる良質なサウンド。インディアンセム(名曲)として評価が高いこの曲。アップテンポでノリが良く最高にテンションが上がる。超クールです。
https://matome.naver.jp/odai/2156838511590612201
2020年03月18日