吐血や肝障害…「筋肉増強剤」の個人輸入に厚労省が注意喚起

まひろちゃんぶー
筋肉増強剤を個人輸入して重い肝障害などで苦しむ人が増えているといいます。この状況に厚労省が注意喚起を促しています。

■筋肉増強剤

アナボリックステロイド(anabolic steroid)(anabolic androgenic steroid, AAS)は、生体の化学反応によって外界より摂取した物質から蛋白質を作り出す作用、すなわち蛋白同化作用を有するステロイドホルモンの総称
アナボリックステロイド – Wikipedia

スポーツ選手が筋肉を増強させるための薬剤。国際オリンピック委員会などのドーピング規準で,競技での使用を禁じられている
筋肉増強剤(きんにくぞうきょうざい)とは – コトバンク

アナボリック・ステロイドを利用する米国人は100万人にのぼる。さらに、その典型的な使用者は「30歳、平均収入以上を稼ぐホワイトカラー職の有学歴者」
一般層に広がる「ドーピング」:高学歴の若いホワイトカラーが中心|WIRED.jp

■日本では医師の処方せんが必要な薬剤

本来は医薬品として開発されたもので,未熟児の発育を促進させたり,病気や手術で体力を消耗した患者の回復を早めるために使われている
筋肉増強剤(きんにくぞうきょうざい)とは – コトバンク

医療用に処方されることがある。その蛋白同化作用を用いて、骨粗鬆症や慢性の腎疾患の治療、あるいは怪我や火傷による体力の消耗状態の改善などを目的
アナボリックステロイド – Wikipedia

医療用に処方されるアナボリックステロイドには、メスタノロン製剤とメテノロン製剤という2種類のそれがある
アナボリックステロイド – アナボリックステロイドの概要 – Weblio辞書

■しかし、今は「個人輸入」することができる

治療で使う場合は医師の処方が必要だが、個人輸入する場合は不要。
筋肉増強剤で重い肝障害 厚労省が実態調査:社会:中日新聞(CHUNICHI Web)

重い肝機能障害になったとの報告もある。深刻な影響が確認されれば、輸入を規制する方針。
東京新聞:筋肉増強剤で肝障害 厚労省調査、規制も検討:社会(TOKYO Web)

■「重い副作用」の報告がなされていることから厚労省が注意喚起を行っている

筋肉の増強目的で使われている「アナボリックステロイド」による健康被害が相次いでいるとして、厚生労働省が利用実態の調査を始めたことが5日、分かった
筋肉増強剤で重い肝障害 厚労省が実態調査:社会:中日新聞(CHUNICHI Web)

入手経路や利用状況の調査を開始。ネットで購入できるサプリメントなどの成分を分析し、実際にアナボリックステロイドが含まれていないか確認を進めている。
東京新聞:筋肉増強剤で肝障害 厚労省調査、規制も検討:社会(TOKYO Web)

同省は、危険性が高いと確認された場合、輸入規制も検討する。
筋肉増強剤で健康被害か=厚労省が調査、輸入規制も検討 (2019年9月5日) – エキサイトニュース

■取り返しのつかない副作用が出ることがある

肝障害、血圧上昇、性機能低下などの身体的な副作用のほか、抑うつ、イライラ、攻撃性の亢進などの精神的副作用もある。
前代未聞のドーピング事件から考える「勝利の呪い」と依存症の恐怖(原田 隆之) | 現代ビジネス | 講談社(2/4)

全身倦怠感や脱力感のみならず、精神を病み、最悪の場合は自ら命を絶ってしまうことも
筋肉を愛する人たちへ。ステロイドについて知っておいて欲しいこと | Tarzan Web(ターザンウェブ)

肝臓癌や前立腺癌のほか、心臓病や心臓発作、動脈癌、胸痛、高血圧、無精子症、凶暴な行動、過度な緊張、水分の停留(水膨れ状態)、性欲減退、睾丸の萎縮、抜け毛の急増、女性的特徴の発現(乳房の肥大化など)、にきび、うつ状態
薬物乱用防止「ダメ。ゼッタイ。」ホームページ

■摂取をやめた後も「なお苦しみ続ける」ことになることも

使用をやめたが、障害の影響で仕事が続けられず、皮膚には今も亀裂の痕が残る
胸が女性のように膨らみ…筋肉増強剤で肌に亀裂・幻覚も|ニフティニュース

依存症患者では禁断症状も報告されており、うつ・易疲労感・易刺激性・食欲低下・性欲低下・不眠症が見られる。
医学文献検索サービス -メディカルオンライン

ステロイドを服用すると骨が弱くなることをご存知でしょうか?ステロイド薬は骨を作る細胞の働きを弱め、骨を吸収する細胞の働きを強めて骨を弱くします
ステロイド骨粗鬆(そしょう)症

■ネット上でもその恐ろしさが語られている

個人輸入で購入出来る筋肉増強剤で検索かけてると、ボディビルダーの「尿の色がやばい」みたいな、肝臓にダメージ食らってる話がバンバン出てくるんだけど、こんなもん怖くて手出せんよお。

ひよひよまる@totoya1530

早く規制したほうがいい! 肝臓だけではない 心臓 癌 精神 血栓など色々副作用があるのだから

筋肉増強剤で重い肝障害 厚労省が実態調査 | 2019/9/5 – 共同通信 this.kiji.is/54216262334623…

林 優太@yuta_hys

@officialflower 筋肉増強剤だよ。
使いすぎると筋肉の形がおかしくなったり自分で筋肉作れなくなるからヤバい。
細マッチョってどのくらいのこと言ってるのかいまいちピンとこないんだけど笑
@ghoststories222 その理由もドーピング禁止の大きな要因ですね‥特に筋肉増強剤はかなり体に負担かかるようで、同じジムで使ってた人の髪の毛がイッキに抜け落ちてました。ただ筋力Upも絶大で、筋トレ歴1年半位の人でしたが、その歴では有り得んウェート扱ってましたね‥素人が何でそこまでしてと疑問でしたが‥笑

Takashi_cv@tks0810

血行障害は筋肉増強剤によって引き起こされるのか。血管を圧迫する程、筋肉が発達するとか。恐ろしや。愛甲、そんなん使ってたのかよ。

■なお、「筋肉増強サプリ」による副作用も多いという

減量や筋肉増強、活力増進などの効果を謳ったサプリメントを摂取すると、重篤な健康問題につながる危険性がある
想像以上に深刻。筋肉増強サプリによる健康被害の実態 – QLifePro 医療ニュース

品質の悪い医薬品成分や禁止薬物、重金属や殺虫剤などの危険な化学物質が混入している可能性があり、安全面が危惧される
サプリ製品に禁止薬物や危険な化学物質を混入 | ビジネスジャーナル

44種類のSARMサプリを調べたところ、実際にSARMを含んでいたのは52%で、39%には別の未承認成分が含まれていた。
その筋トレ用サプリは大丈夫? | ビジネス | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

■害のある成分が混入されている可能性がある

新たな研究の中で、筋肉増強のための一部のサプリメントに肝障害の副作用がある可能性が指摘
筋肉増強サプリが持つ「肝障害」への危険性

サプリメントは脳卒中や精巣がん、肝障害、死亡と関連することを示した研究も報告されているという。
想像以上に深刻。筋肉増強サプリによる健康被害の実態 – QLifePro 医療ニュース

マッチョなボディーを手に入れても、健康を損なったら元も子もない。ここはサプリに頼らず、地道に体を鍛えるのが正解だろう。
その筋トレ用サプリは大丈夫? | ビジネス | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

https://matome.naver.jp/odai/2156766962165926701
2019年09月05日