【2019】カバン屋のプロが選ぶ!本当に質の良いメンズ革バッグブランド厳選!【5選】

Italynews

fetia(フェティア)

こちらのバッグ最大のポイントは、全面にフルタンニン鞣しの革を使用している点です。鞣し(なめし)とは、原皮を「革」へと加工する作業の事を指しますが、この加工方法によってレザー素材の風合いが大きく左右されます。

ライロアシリーズの象徴でもあるシュリンクレザーは、日本の革メーカーと共同開発したオリジナルレザーです。

革の表情にこだわり、厳選した肉厚の革に時間をかけてじっくり芯まで染めたあと型押しをする際、シボの大きさや質感にこだわりながら仕上げました。

水の波紋からインスピレーションされた曲線と直線の繋がりが美しいシリーズです。
オイルレザーは、天然素材の良さを生かした素上げ加工により、牛が本来持つ自然なシワ・傷跡・血筋・ほくろ等を残し、透明感のある風合いに仕上げております。
美錠・小判カン・Dカンなどの金具類は、星のように主張せずとも輝く存在感と、強度を保ちながらも華奢で流線形なフォルムを意識し、デザイン設計しました。

【公式】フェティア ライロアシリーズ<バックパック>F17-104(ネイビー) カジュアルバッグ フェティア公式オンラインストア

「重厚感と軽快感の融合」をコレクションテーマに、高級感溢れるオリジナルの帆布PUコーティング生地を、軽快感溢れるデザインに落とし込んだシリーズです。

メインに採用した帆布PUコーティング生地は、独自の製法により、コーティング層を極力薄くしている為、軽く柔らかい仕上がりになっております。

アニアリ

カタチは、トート・ザ・ベーシック。天ファスナーを備え、万が一のスリ対策も万全。ですが、このトートバッグのキモは、重心バランスにあります。というのも、サイドを見ると、底の奥行きは12.5cmですが、そこからシャープな台形を描くように、4cm幅までトップが先細っていきます。つまり、低重心。どっしり自立します! 見た目シンプルですが、その安定感で他のトートよりかなり持ちやすいかと。
特にシンプルを極めれば極めるほど、細部のデザインへのこだわりが重要になってきます。それはこのショルダーバッグをご覧いただければお分かりいただけるかと。素材には見るからに上質なソレとわかるシュリンクレザーを使用し、その分デザインアクセントとして大きめのファスナーを採用。
背面下部には左右2箇所にD管金具を付けることで、左右どちらの肩からも掛けられる仕様になっています。しかも身体に触れる部分にはボディよりも若干大きめなパネルを配し、さらにコバをヘリ巻きにすることで、背負った際のフィッティングを向上させているのです。

土屋鞄製造所

トートならではの使い勝手を踏襲しながら、品のある佇まいにもこだわったトートだ。特徴的な縦型フォルムは、手にした時の姿をスマートに演出。余裕のマチで収納力も充実し、革を芯材に用いた持ち手やファスナートップなど、細部まで使い勝手に配慮した。素材にはイタリアの伝統を受け継ぐ「バケッタ製法」の革を、接ぎのない一枚革で贅沢に使用。時間と共に色艶を重ね、品格に円熟味を加えていく。機能性だけでなく、洗練されたスタイルでも男を支える相棒だ。
男の外出に必要な物をシステマティック、かつコンパクトにまとめて颯爽と持ち歩く。手に取るだけで外の空気が恋しくなる、軽快で機能的なボディーバッグだ。本体と2つの独立した箱型のポケットに、小物をすっきり分けて収納。肩ベルトはホールド感が良く、身体に心地よくフィットする。メイン素材の「ヴィンテージワックスレザー」は使い込むほど色艶が増して、自分だけの革に。革の匂いを感じながら風を切るのが心地よい、大人のボディーバッグだ。
多様なビジネスシーンに合わせて活躍が期待できる、スマートで機能的なビジネストートだ。縦長のフォルムは携える姿がすっきりとし、スタイリッシュな印象。機能面では着脱可能なショルダーベルトが付属し、シチュエーションによって手持ちと肩掛けを自在に使い分けられる。トップをファスナーで閉じられるので中身が見られず、持ち歩きも安心だ。水牛革とイタリア製ヌメ革のコンビネーションは、男性らしい力強さと洗練された大人の雰囲気を併せ持ち、使いこむほどなじんで味わいある表情に。様々な場面で柔軟に対応でき、颯爽と持ち歩ける現代的なビジネスバッグだ。

ガンゾ(GANZO)

革一枚で大胆に、贅沢に仕立て上げたトートバッグ。 軽さを演出するため、内装にポケットなどをあえてつけず、極限までシンプルな造りを追求。 アジのある革を使用しているが、シンプルなデザインのため、都会的な雰囲気を演出できる。 肩掛けができる長さのハンドルは嬉しい仕様。ビジネスやカジュアルとシーンを問わない汎用性の高いバッグとなっている。
財布やスマートフォンなど必要最低限の荷物で出かけたい時に便利なサコッシュ。 両手も空くため、お買い物時にも邪魔になりません。 ショルダーの長さを調節できるので、短くしてボディバッグのように使用もできます。 オールレザーにも関わらず一枚革で製作しているので軽く、シンプルなデザインは、ファッションを大人っぽく引き締めるのに一役買ってくれること請け合い。
シンプルだからこそ何にでも合う、タウンユースでどこか雰囲気の良さを感じさせるデイパックとして開発。
コートの上からも背負ってカッコいい大人が持つべきキャンバスのリュックサック。

ダヴィンチファーロ(Da Vinci FARO)

シンプルでスマートなフォルムのトートバッグ。内部のポケットも大きめの各ポケットを適宜に配したベーシックで末永く飽きのこないデザインと機能性のバランスが両立したバッグとなっている。
シンプルで大きめのポシェット型ショルダーバッグ。内部のポケットも大きめの各ポケットを適宜に配したベーシックで末永く飽きのこないデザインと機能性のバランスが両立したバッグとなっている。
石畳の道を自転車で駆け抜けるスタイルにぴったりの人気のリュックタイプ。スリムなシルエットはデイリーに使いにぴったり。シンプルな見た目ながら、使った時に実感できる考えられた機能性は目逃せない。こだわりの内装はもちろん、背負う面にはクッション素材&通気性の良いメッシュ加工を施し、疲れにくくて快適性もプラスされた秀逸の逸品。
シーンに合わせて縦方向にも横方向にしても持てる。定番の斜め掛けスタイルをはじめ、握りのソフトなハンドルにも注目したい。背面にはリュック用のショルダーベルトも内蔵しています。 内装ポケット類も余裕を持たせた大きめのサイズでしっかりとビジネスグッズやプライベートグッズをキープします。
荷物はミニマム、なるべく身軽が一番自由だったりします。コンパクトなシルエットながら欲しい機能は当然のように備わっているミニバッグ。 斜め掛けはもちろん、ショルダーベルトを外してカジュアルなクラッチスタイルも良いかもしれません。
https://matome.naver.jp/odai/2156221319586389601
2019年07月05日