サッカー選手に多い怪我(グロインペイン症候群、十字靭帯の損傷・断裂)

fujisawasan
サッカー選手の足の怪我は職業病と言っていいほど、頻度が高いですが、選手の特徴と怪我の傾向はある程度あるので、知っておくと対策ができるかもしれません。

よくこういう言葉を耳にする。サッカー選手と怪我は切っても切れない関係性にある。日々肉体を鍛え上げているプロのアスリート同士がお互いの生活、そしてチームの勝利、個人の想いなどを懸けて激しくぶつかり合うのだから、当然ながら無傷のままで過ごせるわけはない。
3度の前十字靭帯断裂負った選手の物語。札幌・深井一希の驚くべき「不屈の魂」。 – Jリーグ – Number Web – ナンバー

怪我はサッカー選手にとっていわば宿命であり、避けて通れない道でもあるのだ。だが、その宿命の重さ、課せられる苦難の回数は、選手によって大きく差がある。
3度の前十字靭帯断裂負った選手の物語。札幌・深井一希の驚くべき「不屈の魂」。 – Jリーグ – Number Web – ナンバー

どんなタイプの選手がどんな怪我をするかのだろうか?

股関節痛(グロインペイン症候群)

体幹から股関節周辺の筋や関節の柔軟性(可動性)の低下による拘縮や骨盤を支える筋力(安定性)低下による不安定性、体幹と下肢の動きが効果的に連動すること(協調性)が出来ず不自然な使い方によって、これらの機能が低下し、痛みと機能障害の悪循環が生じて症状が慢性化していきます。
「鼠径部痛症候群」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる

中田英寿
キャリアの後半のボローニャ-フィオレンティーナ時代 (2004年-)はグロインペイン症候群に悩まされた。

2003-04シーズン冬の移籍市場で、中田に信頼を寄せるマッツォーネ監督率いるボローニャへ半年間のレンタル移籍を決断する。センターハーフを任された中田は、移籍初戦と次節の2試合連続のアシストによってチームメイトの信頼を得た。
中田英寿 – Wikipedia

セリエAと日本代表の全試合にフル出場する過密日程をこなし、サッカー選手の職業病ともいえるグロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)を発症するが、ボローニャのセリエA残留に貢献して恩師の期待に応えた。
中田英寿 – Wikipedia

長谷部誠
長らく日本代表のキャプテンとして活躍。所属クラブのドイツのフランクフルトでももちろんレギュラー。

元日本代表FWの中山雅史氏、元日本代表MF中田英寿氏、元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン氏ら、サッカー界のビッグネームも苦しんできた故障は、サッカー界ではお馴染みの症例とも言える。
長谷部も苦しむグロインペイン症候群 その発症のメカニズムと治療法とは | Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ

発症しやすいタイプは?

1.臀部の筋肉が固い

「股関節が開いた状態になりやすくなるので、臀部の筋肉を使いづらい状態になります。キックやターンの際に内転筋や恥骨部にストレスがかかりやすい懸念が生まれます」
長谷部も苦しむグロインペイン症候群 その発症のメカニズムと治療法とは | Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ – (2)

2.腰痛を抱えている

「ハムストリング(もも裏)や、アキレス腱の固さが原因で、骨盤周囲の支持性が低下し鼠径部にストレスがかかる懸念が増えます」
長谷部も苦しむグロインペイン症候群 その発症のメカニズムと治療法とは | Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ – (2)

3.過剰なトレーニング

「これは若年世代に多いですが、腹筋やお尻の筋肉強化などの特定部位の過度な強化、そして、シュートやロングキックなど特定動作の過度なトレーニングにより鼠径部にストレスがかかる懸念が生まれます」
長谷部も苦しむグロインペイン症候群 その発症のメカニズムと治療法とは | Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ – (2)

ハムストリング(ふとももの裏)=肉離れ

特に瞬発力に優れたアスリートの多くが悩まされるのが「ハムストリングス」と呼ばれる、太ももの裏側の筋肉群の肉離れだ。
見れば分かる「肉離れしそうな選手」の特徴とは?/サッカー日本代表やプロ野球選手も取り入れる正しい走り方 | COACH UNITED(コーチ・ユナイテッド)

マイケル・オーウェン
18歳にして出場した98年フランスW杯で活躍し、「ワンダーボーイ」の愛称で世界的スターの仲間入りした。

イングランドのスピードスター、オーウェン

膝の前十字靭帯の損傷・断裂・部分断裂

サッカーによる膝関節の怪我で、最も問題となるのが靱帯損傷です。膝関節には内側側副靱帯(MCL)、外側側副靱帯(LCL)、前十字靱帯(ACL)、後十字靱帯(PCL)の4本の大切な靱帯があります。これらの靱帯の一つでも損傷すると、最終的に膝関節の緩み(不安定性)が残り、その後のプレーに大きな影響が出ます。
メディカル通信 第8回|メディカル|JFA|日本サッカー協会

ロナウド
爆発的なスピードと巧みなテクニックで20世紀後半スーパースターにのし上がる。

インテル時代の1999年、レッチェ戦で右膝十字靭帯を部分断裂。2000年、リハビリののち復帰した直後のSSラツィオ戦で、ドリブル中に再び同じ箇所を完全に断裂するという悪夢のような出来事に見舞われた。
ロナウド – Wikipedia

一説にはロナウドの地を蹴るパワーが強すぎて起こってしまったのではないかと言われている。
ロナウド – Wikipedia

小野伸二
シドニー五輪・アジア予選のフィリピン戦で後方から悪質なファウルを受け、左膝の靭帯を断裂。

「あのケガで、僕はすべてを失った。シドニー五輪もそうだし、足の感覚だけじゃなく、サッカーのイメージ全体が消えてしまった。

あそこから、自分が持っているイメージ、練習でも試合の時のようにやれていた感覚がなくなって、『あれ、なんでだろう?』と迷いながらプレーするようになってしまった。

その時、自分は『それまでの選手だったんだなぁ』と思いましたね。それほど、あのケガは僕のサッカー人生にとって、大きなターニングポイントになりました」
小野伸二が天才でなくなった日。「あのケガで、僕はすべてを失った」|サッカー代表|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

宮市亮
高校在学中にアーセナルと契約。抜群のスピードでサイドを駆け上がるが、膝に負担がかかるプレースタイルか。

100mを10秒台で走るとされるそのスピードでディフェンダーを置き去りする。その爆発的なスピードはわかっていても止めらない。
宮市亮 現在は!? 日本代表復帰は!? スピードスターはなぜ怪我が多い?? 完全復帰へ

その圧倒的なスピードを生み出すことができるが、その爆発的な瞬発力は身体への影響は大きいのだろう。
宮市亮 現在は!? 日本代表復帰は!? スピードスターはなぜ怪我が多い?? 完全復帰へ

ニコライ・ミュラーは、そのゴールパフォーマンスの回転ジャンプで前十字靱帯を断裂するという災難に見舞われた。彼のケースでは、理学療法士が負傷直後からアイシングと患部の固定に徹し、試合終了後すぐにヴェルシュ医師が診察。負傷から3時間後には病院でMRI検査を受け、2日後に手術を受けている。
よく聞く大ケガ「前十字靱帯断裂」。先進ドイツはどう対処しているか|海外サッカー|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

素早い処置が重要であることがわかる。

足首の捻挫

中村俊輔
日本を代表する稀代のレフティ。独創的なフリーキックで数々の記憶に残るゴールを決めてきた。

関節は、関節包や靭帯で補強され、筋肉や腱・皮膚など軟部組織にて制限を受けますが、生まれつき関節包や靭帯が緩く、関節が柔らかすぎる方もいます。関節が柔らかいということは、競技を行う上で、可動域が大きくなり、有利な面がある一方で、関節には過度なストレスがかかる場合がある。一般的に体が柔らかいと怪我が少ないと言われていますが、柔らかすぎる場合も怪我につながることがあるので注意が必要です
中村俊輔や大谷翔平も苦しむ足首痛 育成年代での心がけでリスク回避も | THE ANSWER スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト – (2)

第5中足骨骨折

第5中足骨とは足の小指側の骨です。負荷がかかる箇所でもあります。そして、第5中足骨の骨折は大きく2種類に分類されます。
サッカー界に多い「足の甲の骨折」 どう対処すればいい? 専門家が考える予防策は… | THE ANSWER スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

1つ目は「下駄骨折」を呼ばれるものです。下駄骨折は、昔、下駄をはいていて挫いたときに発生するケースが多かったために、そう呼ばれています。第5中足骨(小指側)のつま先と踵(かかと)の中間位の箇所で足を捻った際、腱や靱帯により過度なストレスがかかり、骨折が起こると考えられています。これはサッカー選手のみならず、普段の生活の中でも起こるケースが多分にあります。
サッカー界に多い「足の甲の骨折」 どう対処すればいい? 専門家が考える予防策は… | THE ANSWER スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

2つ目は「Jones(ジョーンズ)骨折」と呼ばれるものです。下駄骨折より少しつま先寄りの箇所の疲労骨折で、これはサッカーやバスケットボールなどの競技中に起こります。息子さんもこちらのタイプの骨折かと思います。プレー中の急な方向転換、そして、ボールを蹴った際など、軸足の骨の一部分に繰り返しストレスがかかることなどで、骨がもろくなります。その結果、通常では骨が折れない程度の足首の捻挫や片足で体重を支えた際に骨折してしまうのです。
サッカー界に多い「足の甲の骨折」 どう対処すればいい? 専門家が考える予防策は… | THE ANSWER スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ネイマール
ブラジルのスーパースター。自国開催となった14年W杯でのコロンビア戦での悪質なファウルによる大怪我が記憶に残るが中足骨の怪我が多い。
香川真司
2011年のアジア杯準決勝の韓国戦で負傷。決勝戦に出場できず。

「原因はさまざまな要因が重なって起こると考えられています」と指摘した新盛院長は、発症の要因を5つ挙げている。
1.人工芝など固いグランドでのトレーニング
2.止まりやすいスパイク
3.外側荷重
4.股関節、足首の柔軟性や筋力の問題
5.栄養面の問題
清武ら歴代代表選手も苦しんだ、続発する「第5中足骨骨折」とは? 発症の要因と防止策を専門家が解説 | Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ

https://matome.naver.jp/odai/2156129864500795901
2019年06月29日