CPU-Zの使い方【PC情報表示ソフト】

kosmosmo
パソコンのCPUをはじめ、メモリーの種類や容量、マザーボード等、PCのハードウェアの情報を瞬時に表示してくれるCPU-Zについて紹介します。

CPU-Zとは

CPUやメモリ容量程度であればWindowsの標準機能で確認できますが、それ以上の情報となると何らかのソフトを使う必要があります。

そういった用途のソフトは数多くありますが、その中で恐らく最も優秀なソフトがこのCPU-Zです。

CPU-Zは、CPUはもちろん、マザーボードやチップセットといった細かい情報まで瞬時に表示することが可能です。

以下のサイトからダウンロードすることができます。
https://www.cpuid.com/softwares/cpu-z.html

機能紹介:①CPU


https://matome.naver.jp/odai/2155895963561953801/2155896181662624603

各種情報は起動したソフトの情報にあるタブで管理することができます。

CPUについては恐らくデフォルトで表示されているかと思いますが、一番左側のタブになります。

このタブでは、CPUの名前や動作周波数島の情報を表示してくれます。

また、Windowsの標準機能では確認できないコア数やスレッド数まで表示してくれます。

機能紹介:②キャッシュ

キャッシュタブは左から2番目にあります。

L1~L3までの情報を確認できますが、恐らくこの情報はWindowsの上級者が必要とするものであり、一般的なユーザーは恐らくあまり使わないでしょう。


https://matome.naver.jp/odai/2155895963561953801/2155896181662624503

機能紹介:③メインボード


https://matome.naver.jp/odai/2155895963561953801/2155896181662624403

メインボードの確認タブは左から3番目にあります。

このタブでは、マザーボードの種類や搭載しているチップセット、BIOSのバージョン情報を表示してくれます。

BIOSはアップデートが公開されることがありますが、このCPU-Zで表示された情報と公開された最新のバージョンの情報と比較することで、更新の必要性の有無を確認できます。

機能紹介:④メモリ


https://matome.naver.jp/odai/2155895963561953801/2155896181662624303

メモリーのタブは左から4番目です。

メモリのサイズはもちろん、動作速度やチャネルの状態まで表示してくれます。

機能紹介:⑤グラフィック


https://matome.naver.jp/odai/2155895963561953801/2155896181662624203

グラフィック情報を出してくれるタブは右から3番目です。

グラフィックボード(ビデオカード)の名称、動作周波数等を表示してくれます。

機能紹介:⑥ベンチマーク


https://matome.naver.jp/odai/2155895963561953801/2155896181662624103

右から2番目のベンチというタブを選択すると、ベンチマークのテストやストレステストを実行することができます。

このタブでは情報が表示されるというよりは、パソコンのテストのようなことをするためのものとなります。

おわりに

CPU-Zのよいところは、フリーソフトであるということと、ソフトとしてかなり軽量で、パソコンの動作の妨げにならないということです。

パソコンの構成が気になるというときにこれが入っていると非常に便利ですので、インストールしておいて損はないかと思います。

https://matome.naver.jp/odai/2155895963561953801
2019年05月27日