慶應大と上智大はどっちがいい?頭いい?偏差値やレベルで比較、イメージや雰囲気の違いとモテるのは?

denkiiruka
慶應義塾大学と上智大学はどっちがいいか?頭いい?偏差値やなレベルで比較をして、イメージや雰囲気の違いとモテるのはどちらか?について書いてみました。

慶應義塾大学と上智大学はどっちがいい?


https://matome.naver.jp/odai/2155806066190432401/2155892447348389703

文句なし慶応。超1流と1流のちがい。慶応なら就活は楽、最強のOB会三田会があります。
慶應と上智受かりました。 – 慶應に進学しますが、あなたならどっちを選びま… – Yahoo!知恵袋

学部によるのでは?
そりゃGMARCHなんかとは両校とも格が違うけどさ。
慶應と上智受かりました。 – 慶應に進学しますが、あなたならどっちを選びま… – Yahoo!知恵袋

同じ学部ならよほどの事情がない限り慶應を選びます。学部が違う場合でも日吉三田で学べる学部なら普通は慶應を優先させるでしょう。

慶應SFCと上智の場合、学閥や大学名を重視するなら慶應で立地を重視するなら上智です。
慶應と上智受かりました。 – 慶應に進学しますが、あなたならどっちを選びま… – Yahoo!知恵袋

慶應SFCと上智経済なら、50%以上が上智経済に進学するらしいです。

慶應文も、だったら上智法とかに進学した方が就職は強いね(男性総合職)。
慶應と上智受かりました。 – 慶應に進学しますが、あなたならどっちを選びま… – Yahoo!知恵袋

慶應義塾大学と上智大学はどっちがいいか?慶應義塾大学と上智大学では偏差値やレベルが違います。大きな差ではないかもしれませんが、多少違いがあるのです。慶應義塾大学と上智大学では文学部、法学部、経済学部などが共通です。それぞれの学部で比較をしても、基本的には慶應と上智では偏差値やレベルが高いのは慶應になります。慶應義塾大学と上智大学のW合格の結果などがあると分かりやすいですが、恐らく慶應義塾大学と上智大学のW合格の結果では、基本的に慶應が優勢でしょう。慶應義塾大学と上智大学のイメージや雰囲気の違いがあるので、そういったところでも慶應義塾大学と上智大学はどっちがいいか?というのを検証していきましょう。慶應義塾大学と上智大学の難易度はどっちも高いですし、モテるでしょう。知名度もかなり高いですから。慶應義塾大学と上智大学は頭いいと言える大学名なので、学歴的には十分だと思います。この2つで悩める人はかなり恵まれている人なのでしょう。

慶應義塾大学のキャンパスは学年割れに注意!


https://matome.naver.jp/odai/2155806066190432401/2155892447348389803

大学を選ぶとき絶対にやめたほうがいいのは学年割れ大学。
東大や慶応くらいならそれを補って余りあるメリットもありますけどそれ以外の大学ではメリットよりデメリットの方がずっと大きい。
学年割れ大学の弊害の大きさ – 騙されない大学選び

まず
1、学年割れ大学では1、2年次のキャンパスは大抵郊外か沿線にしかない。
2、メインキャンパスが別にある場合次のような弊害が生じる。
(1)教員の研究室は大抵メインキャンパスにあるので1,2年生は教員との交流が希薄である。
(2)1、2年のキャンパスは図書館設備が貧弱(大規模大学でも大抵30万冊程度で小規模大学未満)
(3)先輩後輩の関係が希薄。サークルなどは実質2年生で卒業状態で学生生活が面白くない。
(4)3年生になってメインキャンパスに行っても後輩がいない上に上級の4年生は就活で忙しく学校に来ないので孤独。大学に来ても授業以外やることがない。
学年割れ大学の弊害の大きさ – 騙されない大学選び

まあ主なところではことなとこ。
勉強でも学生生活でも学年割れだと本当にマイナスです。

ちなみに首都圏の私立大学で山手線内都市部のキャンパスに4年間一貫して通える大学をあげておくと実はこれだけしかありません。

・早稲田大学
・上智大学
・青山学院大学
・立教大学
・学習院大学
・法政大学

ときどき都会はごみごみして嫌だという人がいますがそれは田舎キャンパスに通う人たちの妬みです。
やはり便利なことは最大のメリットなのです。
学年割れ大学の弊害の大きさ – 騙されない大学選び

慶應義塾大学と上智大学はどっちがいいか?を考えるときには違いが重要ですけど、慶應は文系がキャンパスが学年割れしています。上智は四年間ずっと同じです。慶應義塾大学と上智大学の比較ではここが大きいです。慶應の文系は日吉と三田ということで、日吉は神奈川県横浜市にあります。三田は東京都港区なので、かなり都会です。慶應義塾大学と上智大学はどっちがいいか?というときには、この違いは大きい可能性があります。慶應義塾大学と上智大学の偏差値やレベルの違いとは別に、キャンパスが学年割れするか?どうかは学生生活に大きな影響を与える可能性があります。気にならないって人もいると思うので、一概に学年割れすることが悪いとは言えないので、そんなの関係ないって人は気にしないで良いと思います。慶應義塾大学と上智大学のイメージや雰囲気の違いとしても大きいので、どっちも頭いい大学ですけど、こういったところは受験する前に知っておきましょう。

上智大学は早慶よりもMARCH寄りになりつつある?


https://matome.naver.jp/odai/2155806066190432401/2155892447448390003

今年はSMARTなんていう新しい分類が出てきて、早慶上理と呼ばれていたソフィアがMARCHと一括りにされるとは何事だ!とショックな方もいるかも知れません。
“SMART”から脱皮する、上智大学生学入門 | アリオーゾweb

一学生にとしては、”SMART”よりも”早慶上理”と呼ばれたほうが嬉しいかも知れませんが、これらの評価は結局「大学入試に対する評価」に他なりません。

入試において最も重要な要素に「偏差値」があります。しかし偏差値は定員数や人気度によって左右し、必ずしも正確とは限りません。募集枠が小さければそれだけ「狭き門」となるのです。

ひと度、門をくぐればこれらの評価は関係なくなります。一学生の目線から、上智大学の本当の良いところと及ばないところが分かるようになります。
“SMART”から脱皮する、上智大学生学入門 | アリオーゾweb

奇しくも、この多様性と個性の時代では偏差値が絶対的な基準ではなくなってきているようです註1。そうなると、大学の魅力が重視されるようになります。

上智大学の強みは「国際性」だと言われていますし、大学自身もそう自負していますね。Bさんの話のように、周りの語学力に驚かされることもあるでしょう。逆に、意外とそうでもないと感じることもあるでしょう。

どちらにしろ、それが現在の上智大学の実際の姿です。

“SMART”は単に偏差値で測られたものに過ぎないので、皆さんは自分の目で確かめてくださいね。
“SMART”から脱皮する、上智大学生学入門 | アリオーゾweb

上智大学の偏差値やレベルが落ちたというよりは、MARCHの明治、青山学院、立教あたりの偏差値やレベルが上がってきており、上智大学と近づいてきているというのがSMARTの要因でしょう。慶應義塾大学と上智大学では差が多少ありますし、MARCHとの差の方が小さくなってきているので、そういった括りが生まれてきているのです。慶應と上智はどっちがいい?というときのW合格の結果では多くが慶應を選びそうな状況ではありますけど、上智大学とMARCHのW合格の結果を見たときには、明治、青山学院、立教あたりならば割と拮抗するケースが考えられるのです。まだ上智の方が全体的には上だと思います。頭いい印象を持っている人も多いと思いますが、上智大学とMARCHの比較をする時代になってきたのです。上智大学もモテるでしょうけど、MARCHも全体的にモテると思いますから。特に男子学生ならば慶應は人気なので、その点で慶應義塾大学と上智大学のイメージや雰囲気の違いがあるのでしょう。

慶應や上智でも就職できない人は常に存在する


https://matome.naver.jp/odai/2155806066190432401/2155892447448389903

高学歴であっても就活で失敗する話が話題になる。それに該当する人だとこれら3つに見事に当てはまる可能性がかなり大きい。

これは最難関私立大学である早慶上智だけでなく、旧帝大などの難関国立大にも共通する。
早慶上智でも就職できない人とは!? 失敗する人の3つの特徴 | たくみっく

コミュニケーション能力が低いというのは、単純にいうと「他の人と話すのが苦手」という意味である。

勉強ができてもコミュニケーションをとることに著しく苦手意識を持っている学生は結構少なくない。

しかし、就職をはじめとするビジネスの世界では周囲の人のみならず見知らぬ人との意思疎通が問題なくできるということが求められる。

これに学歴の違いは関係ない。早慶上智のような難関大学だからといってコミュニケーション能力が不要なわけではなく、これがない人を企業の採用担当者も内定を出したくないだろう。

「早慶上智なのみ就職できない」という人に当てはまる最も多い特徴でもある。これに当てはまる人が一番多いということで、決して無視できない悪い事情でもある。
早慶上智でも就職できない人とは!? 失敗する人の3つの特徴 | たくみっく

有名でネームバリューが高い難関大学に通う高学歴の学生に多いのが、プラウドが高いという点である。具体的には、自分が非常に優れた人であると考え、他人を見下す性格を持つ人である。

早稲田・慶應・上智でもこれに該当する学生が結構いる。そして、この点も就職できる確率を大きく落とす悪い原因ともなっている。

グループディスカッションで自分の意見が正しいと押し切る人、あるいは面接で自分のすごさを過剰にアピールする傾向が見られる。

プラウドが高いとなると、企業の採用担当者からすれば悪い印象になるだろう。そうではなく、周囲の意見を尊重する謙虚な学生に内定を出したいというのが、ほとんどの企業の思いではないか。
早慶上智でも就職できない人とは!? 失敗する人の3つの特徴 | たくみっく

有名で誰もが知っている大手企業に就職したいという考えを持つ人はかなり多いだろう。この気持ちそのものには何の問題もない。

しかし、何が何でも大手でないといけないと考えているのは問題があり、これもまた高学歴であってもなかなか就職先が見つからない原因ともなる。

「中小企業や無名な会社では親や友達には言えない」という考え方をするのが、この典型的な例だろう。

早稲田・慶應・上智に所属する学生だと、自分は高学歴だから大手企業への就職には非常に有利になると考えを持つ例が多い。これを根拠にして大手企業のみの選考を受ける。

しかし、大手というのは誰もが受ける企業でもある。倍率は数百倍に達することも例外ではなく、就職難易度が高いのは間違いない。

入社するのが難しい企業ばかりを受けていると、その分内定が出る確率が下がる。ものすごく優秀な人材出ない限り、これでは就職できない可能性も出てきてしまう。
早慶上智でも就職できない人とは!? 失敗する人の3つの特徴 | たくみっく

慶應大と上智大はどちらも頭いいというイメージが人事にあるので、学歴で損をすることはないでしょう。モテるという意味では、企業にもモテるのが慶應大と上智大だと思います。慶應大と上智大の比較では就職も重要で、どちらかと言えば慶應の方が就職に強いイメージはありますけど、そもそも学歴が高いとしても、引用したような条件に当てはまっていると、就職は叶いません。就職に有利になるために良い大学に行くというのは、必ずしも正しいわけではないです。コミュ力がない人は東大でも厳しいでしょう。そういった人は就活サポートが優れているFランク大学の方が良いという可能性だってあります。Fランク大学は知名度が低いので、就職実績で結果を残すことが生き残りになるので、有名大学よりも絶対にサポートは厚いです。学生が多くないので、1人に使える時間も多いですから、慶應義塾大学と上智大学はどっちがいいか?偏差値やレベルの比較ではちょっと差がありますし、W合格の結果でも恐らくさがあると思います。慶應大と上智大はどっちがいいのか?難易度の違い以外でも、イメージや雰囲気などを調べたうえで決めてほしいです。

https://matome.naver.jp/odai/2155806066190432401
2019年05月27日