古いノートパソコンを再生しようとしたけどまだ動いていない話

sawawa.jp

世間は10連休(2019年5月執筆)。
ネットを徘徊していたら懐かしいPCを書いた記事に出逢いました。

1999年3月、進学が決まり私が選んだ初めてのPCはバイオノート505でした。
当時最新の505はPCG-505Sという機種で、MMX Pentium266MHz。HDDは4.3GB。
同時期のA4ノートPCと比べて非力ではありましたが、迷うことなく選んだのを覚えています。

繰り返しになりますが、世間は10連休。
フリマサイトで検索したのが運の尽き、懐かしから無性に触りたくなりとうとうジャンク品を買ってしまいます。
当時使っていた505は実家にまだ保管してあるのですが、最悪部品取りに使えるかなという理由をつけて…

20年経った今でもちらほら出品され落札されているようです。
写真の通り届いたものもまずまず綺麗でますます期待が高まります。

しかし、ACアダプタを接続してみても、あと1mmぐらい刺さりそうだけど刺さらない。
テスタを当てても電源がPCに供給されていないことがわかり、ジャックを交換してみることに。
元は黄色いジャックですが、これは黒。基盤にぴったりフィットしますので問題ありません。

ここですでにもう一つ問題が発生しています。
内蔵電池が寿命を迎え、液漏れして塩を吹いていました。
取り急ぎ取り外して清掃します。
加えてHDDが動かない時のために、CFをIDEのHDD代わりに使うアダプタも用意しました。

しかしジャック交換だけでは動作しません。
電池の液漏れがメインボードを腐食させてしまったか…?

実家に置いてあるPCの電池も心配になってきます。
次回の更新は6月の予定です。

最後までお読み頂きありがとうございました。
少し懐かしい気持ちになって頂けたら幸いです。

https://matome.naver.jp/odai/2155715121714505101
2019年05月16日