トヨタがかつて発売していた自慢のSUVはこんなに深い歴史が刻まれていた!

cobbyjp
サイズ、燃費、価格から判断して自分に合った物を見つけるのが楽しいトヨタのSUVは、ハリアーやランドクルーザー、ハイラックス、C-HRなど色々あり、それで自社の業績を上げている。

世界を代表する自動車メーカー・トヨタはSUVで業績を上げている

トヨタ C-HR bot@TOYOTA_CHR_bot

#CROSSOVER_THE_WORLD
トヨタの世界戦略SUV、C-HRです。pic.twitter.com/ylCh9Lqrzq
初代TOYOTA ハリアー
昔はよく見たね〜〜。 pic.twitter.com/1eMkAijcyz

かつては自衛隊で活躍して今ではすっかり希少なSUVとなってしまったメガクルーザー

フルタイム4WD、15B-FT型 4.1 L 直4エンジン、大きくて頑丈なボディを兼ね備えたメガクルーザーは、多目的自動車で航空自衛隊や海上自衛隊が使っていた。またの名を和製ハマーとも呼び荒れた道でもどんどん進めるオフロード性能があるのが特徴だが、注文を受けてから製造する完全受注生産だったのでたった132台しか製作されておらず、今の中古車市場ではほとんど見かけないことが当たり前だ。

トヨタ・メガクルーザー 自衛隊向け高機動車の民生版。通称和製ハマー。全長5090全幅2170の特大サイズ。最低地上高も420mmと圧巻。ホイールベースが軽自動車の全長と同じだが4WSにより意外と小回りが利く。そしてこれも意外で4輪独立懸架。やっぱりロシア人に大人気 pic.twitter.com/BvwHu6GWao
トヨタ メガクルーザー
自衛隊用車両の一般向け使用。センチュリーと同価格帯だが高級感はなく、その特殊装備とスペック故の価格。4WS付きでも持て余す大型ボディとハブリダクションによる420mmの最低地上高は伊達じゃない pic.twitter.com/IREF50cKnA

鈴木田しゅんご@aikyousinbun

メガクルーザーBXD20v。
TOYOTAが最後に製造したディーゼルエンジン15B-FTを搭載。
全長5,090mm
車幅2,017mm
車高2,075mm
最大安定傾斜角度46度
最低地上高420mm
車重2,850kg
最大積載量6名+600kg
総重量3,780kg
最高速度130km/h
燃料消費率9.3km/h(時速60km/h)
最小回転半径5.6m
#メガクルーザー pic.twitter.com/ja1ZqEtjSM

本来は北米市場のみでの展開だったが、日本でも人気を集めたFJクルーザー

海外向けは2006年から2014年、日本仕様は2010年から2018年までの間で展開したFJクルーザーは、たくましさがある個性的な外観と後輪駆動または4WDの駆動方式、V6 1GR-FE型エンジンを融合させている。最初は北米市場専用車種を目的として開発したが、2010年から日本国内でも発売することになった。ちなみに海外展開はメキシコ、中国、オーストラリアやニュージーランド、韓国にも浸透し、他の車では決して見かけない唯一無二のSUVだったことをアピールしている。

Wohl&BEAVERS@Wohl_BEAVERS

トヨタ・FJクルーザー プラドをベースにランクル40風にリバイバルした本格SUV。ガチ勢とファミリーユースからは敬遠されたがマニアには大ウケ。4.0L V6のみで5速ATの他、海外には6速MTも有。唯一無二の個性の塊で今でもファン多しpic.twitter.com/TsZ4w7JhAz

✮✮アノレ✮@The_REALbadGANG

そろそろ新車が欲しい←
今のやつ8年乗ってるし……( ºωº )
(もっと乗れって?www)
1番欲しいのは、TOYOTAの
【 FJクルーザー】かな♪(*´ェ`*)
ランクルでも可ww
買えないけど。。。 pic.twitter.com/0fKsL6kLTD

高級感を追求したクロスオーバーSUV・ヴァンガードは売れ行きが好調

今度登場したヴァンガードはアクティブ&ラグジュアリー、高級クロスオーバーSUVを目指している。
定員は最大で7人に達し、前後で異なるサスペンション、新MCプラットフォームを始めV6 3.5Lエンジンや4WD、安定した走行を実現する装備のおかげで、よりトヨタのSUVをアピールすることができた。発売されたのは初代・A33W型だけで、生産販売期間は2007年から2013年までの間で、さらに8000台もの受注が舞い込んだこともあったので、販売は好調だった。

最近、トヨタヴァンガードかっこいいと思う✨ pic.twitter.com/111de0Rc3H
トヨタ ヴァンガード pic.twitter.com/mIceutkDdf

最大で7人乗ることができてハイブリッドもあるミディアムクラスのSUV・クルーガー

COBBYによると、2000年に誕生したクルーガーは、同じくトヨタで製造していたハリアーの兄弟車を兼ねて最大で7人乗れる座席が3列に並んでいるのが特徴。その上エンジンはV型6気筒3000cc、直列4気筒2400ccで、160~220までの馬力を発揮できる。駆動方式は前輪駆動または4WDの2通りがあり、デュアルエアバッグ、ブレーキアシスト、EBD付きABS、プリテンショナー付きシートベルトが備わって安全に配慮しているのが特徴。初代から3代目まで継続して2013年に終了したが、ハイブリッドモデルもそれぞれの代であることを忘れてはならない。

トヨタ ハイランダー(3代目) トヨタのミッドサイズSUV。但しアメリカ基準。そのため日本では車庫に入らんだー…なんて(激寒)。初代は日本でクルーガーの名で販売。初代から引き続きHVも用意。北米における最も小さなトヨタ製3列SUVだ pic.twitter.com/nCf8U6Pppt
https://www.youtube.com/watch?v=whew1x9L_5g

日野自動車が協力したハイラックスサーフは、ランドクルーザープラドと共通している所がある

なかなかないトヨタの大型SUVと言えば、1981年に登場したハイラックスサーフが当てはまる。一番最初はキャンピングカーのような小さいRV車を目指して設計し、屋根を外してオープンカーにもできる、それぞれ性能が異なるガソリンとディーゼル、4WDを生かしたサスペンション、後にターボディーゼルの2L-T型エンジンを追加するなどの特徴がある。初代から5代目まで継続していかにも剛性が十分にあることが伝わってくる。

セルシオだけかと思いきや…
なんとハイラックスサーフまで出てきた
イギリスの割にはトヨタ車多いな(^o^;) pic.twitter.com/MLDT2sQz0D

くぅみん@kuumin_tr50

#皆さんが1番最初に好きになった車は何
トヨタ ハイラックスサーフ(130系)
ランクルでもなくパジェロでもなくハイラックスだったのは自分でも謎。時代的にはRVブームはとっくに終わっていて210系が出ようかとしていた頃に130系にゾッコンでした。 pic.twitter.com/rS5BfbyWjA

ダイハツのOEM供給モデルを兼ねている小型SUV・ラッシュ

こちらも他ではなかなか見られないコンパクトサイズのSUVで、直列4気筒DOHCエンジン、4速ATと5速MTのトランスミッション、後輪駆動または4WDが備わっていて、2006年に初登場した時は6000台を売り上げた実績もある。さらに2017年に登場した2代目はインドネシアのみで展開したが、初代も2代目も名前に使われている単語・ラッシュの通りに勢いよく進むという意味の性能を持っている。

トヨタ・ラッシュ 縦置きFR+センターデフロック付+ビルトインラダーフレームの小型SUV。無難な見た目に反し作りが本格的。アジア圏で売る旧型ミニバンをベースにしたらしく、おかげでMTもある。無名だが良く走る、知る人ぞ知る類の珍車。 pic.twitter.com/kNyBoAKQuV

自動車大好き@5ztnGByfYabT0Tk

トヨタ 新型ラッシュを東南アジア向け発売。日本で発売されるといいですね。

#新型
#トヨタ
#SUV

ソース(英語) pic.twitter.com/1M5wEzG2hy

今では世界各国で展開しているRAV4も捨てがたい

クロスオーバーSUVとして分類されるRAV4は、3代に渡って1994年から2016年までの間に日本で展開し、4代目以降は海外のみで活躍している。これにもSUVにふさわしいエンジンが用いられ、トヨタ独自のMCプラットフォームや電子制御式4WDを採用したので、海外からの需要も高かった。

トヨタ 新型 RAV4 日本仕様のプロトタイプを初公開!本格SUVらしいスタイルにふさわしい走破性と優れた燃費性能 buzzwall.net/debut/archives… pic.twitter.com/q6IwsI05B1

Car Daily@CarDaily79

2019 トヨタ 新型 RAV4
日本仕様のプロトタイプを初公開!
youtu.be/hw_BuVRIULU
迫力あってかっこええ pic.twitter.com/LhhsiddEcE

まるで特別なランドクルーザーを連想させるようなランドクルーザー70

トヨタのロングセラーSUV・ランドクルーザーは現在でも高い人気があるが、過去にはランドクルーザー70もあった。エンジンはそれぞれ複数の種類があるガソリンやディーゼルが使われ、MTまたはATのトランスミッションや誕生してから30周年を迎えたことを記念する発売30周年記念復活モデルも製造された。

ランドクルーザー70シリーズの世界販売台数はオーストラリアトヨタさんの2016年10月のプレスリリース
toyota.pressroom.com.au/press_kit_deta…
によると累計130万台以上、そのうちオーストラリアでの販売台数は26万台だそうです pic.twitter.com/zWFXVWle8y

カートレード@CarTradeWeb

【NEW】兵庫県 リンテックよりトヨタ ランドクルーザー70 ピックアップ/TOYOTA LANDCRUISER 70 PICKUPのご出品。平成27(2015)年登録、2,000km、車検ナシ。販売希望価格は¥3.980,000。
cartrade.co.jp/cars/view/1573
#カートレ #特選車 #査定 #買取 #下取り #中古車 #個人売買 #クルマのフリマ pic.twitter.com/ZipkEfe1nX
ランドクルーザー70シリーズ 全輌国内で生産し、月に7000台以上売れているトヨタの影の屋台骨。30年前の誕生時から基本設計が変わってない。4.2L 直6 1HZや4.5L V8 1VDディーゼルを搭載。命を安心して預けられる頼れる相棒。日本での再々販、米国での正式販売の声高し pic.twitter.com/Zd0R8PuG1O
https://matome.naver.jp/odai/2155081531115319501
2019年02月22日