【絶対見るべき!】おしゃれな映画8選〈ハズレなし〉洋画

OrganicJPN

音楽もファッションも世界観も映画には全てが詰まっている


https://matome.naver.jp/odai/2155021720301996201/2155022452204750303

アデル、ブルーは熱い色


https://matome.naver.jp/odai/2155021720301996201/2155022210703565603
高校生のアデルは、交差点ですれ違ったブルーの髪の女性エマと視線を交わした瞬間、心を奪われた。偶然にもバーで再会を果たし、知的でミステリアスなエマにますます魅了されていく。週末、ふたりきりでデートに出かけ、見つめ合い、キスを交わし、そして互いを求めあった。初めて知る愛の歓び。情熱と刺激に包まれた運命的な愛に、アデルは身も心ものめりこんでいく…。

https://matome.naver.jp/odai/2155021720301996201/2155022477504788903

https://matome.naver.jp/odai/2155021720301996201/2155022619905026903

https://matome.naver.jp/odai/2155021720301996201/2155022481004796903

シング・ストリート 未来へのうた


https://matome.naver.jp/odai/2155021720301996201/2155022210703567703
1985年、大不況のダブリン。人生14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのPVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を撃ち抜かれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを撮ると決意、猛練習&曲作りの日々が始まった

https://matome.naver.jp/odai/2155021720301996201/2155022491704814903

https://matome.naver.jp/odai/2155021720301996201/2155022491704814803

エブリデイ


https://matome.naver.jp/odai/2155021720301996201/2155022210703566803
映画「エブリデイ」は、16歳の少女リアノンが霊体“A”に恋をする物語。“A”は、毎朝違う体に憑依して目を覚まし、毎日違う人生を送っている。

https://matome.naver.jp/odai/2155021720301996201/2155022515304842803

https://matome.naver.jp/odai/2155021720301996201/2155022525804858803

はじまりへの旅


https://matome.naver.jp/odai/2155021720301996201/2155022210703566203
【第69回カンヌ映画祭「ある視点」監督賞受賞。第89回アカデミー賞主演男優賞ノミネート。】ベン・キャッシュと6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くで暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”をかなえるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキーは知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか・・・?

https://matome.naver.jp/odai/2155021720301996201/2155022542004877203

スナッチ


https://matome.naver.jp/odai/2155021720301996201/2155022210703567103
おしゃれメンズなら絶対観るべき
発端はフランキーが強奪した86カラットの大粒ダイヤ。非合法な賭けボクシングのノミ屋に、ダイヤを持って現れたフランキーが襲われた。ダイヤを追うNYマフィアのアビーと、不死身の殺し屋トニー。そこに賭けボクシングのプロモーター、ターキッシュと、ボクシングで賞金稼ぎをしようとする流浪民(パイキー)ミッキーも加わって、すべてが複雑に絡み合い、予測を越えた展開が繰り広げられる。そして、鍵を握るのは気まぐれな一匹の犬。

https://matome.naver.jp/odai/2155021720301996201/2155022555604897203

https://matome.naver.jp/odai/2155021720301996201/2155022555504897103

https://matome.naver.jp/odai/2155021720301996201/2155022581904952103

エターナル・サンシャイン


https://matome.naver.jp/odai/2155021720301996201/2155022669305433703
14年前の映画とは思えないほど今のトレンドにぴったり
恋人同士だったジョエルとクレメンタインは、バレンタインの直前に別れてしまう。そんなある日、ジョエルのもとに不思議な手紙が届く。「クレメンタインはあなたの記憶をすべて消し去りました。今後、彼女の過去について絶対触れないように-」。自分は仲直りしようと思っていたのに、さっさと記憶を消去してしまった彼女にショックを受けるジョエル。彼はその手紙を送り付けてきた、ラクーナ医院の門を叩く・・

https://matome.naver.jp/odai/2155021720301996201/2155022669405433903

https://matome.naver.jp/odai/2155021720301996201/2155022669405433803

https://matome.naver.jp/odai/2155021720301996201/2155022680805455203

her/世界でひとつの彼女


https://matome.naver.jp/odai/2155021720301996201/2155022210703567503
色使いと世界観
そう遠くない未来のロサンゼルス。ある日セオドアが最新のAI(人工知能)型OSを起動させると、画面の奥から明るい女性の声が聞こえる。彼女の名前はサマンサ。AIだけどユーモラスで、純真で、セクシーで、誰より人間らしい。セオドアとサマンサはすぐに仲良くなり、夜寝る前に会話をしたり、デートをしたり、旅行をしたり・・・・・・

https://matome.naver.jp/odai/2155021720301996201/2155022606705002603

https://matome.naver.jp/odai/2155021720301996201/2155022606705002503

トレインスポッティング


https://matome.naver.jp/odai/2155021720301996201/2155022210703568003
このジャケットからして間違いないおしゃれが全て詰まった映画
マーク・レントンと彼の仲間はヘロイン中毒。ケンカが趣味のベグビー。気のいい小心者スパッド。女たらしのシック・ボーイ。そしてセックスもドラッグもOKの女子中学生ダイアン。窃盗、詐欺、万引きを繰り返し逮捕されたレントンは更生を決意。ロンドンへ出て就職する。だが強盗で手配されたベグビーとシック・ボーイが押しかけてきて会社はクビ。地元へ戻れば、待ち受けていたのはヤク漬けのまま死んだ友人の葬式だった。圧倒的な絶望感の中、レントンと仲間たちは人生を変える賭けに出る。売人から大量の麻薬を仕入れ、ロンドンでさばけば大儲けだ。大金と新しい人生。彼らはそれを手に入れる事ができるのか?

https://matome.naver.jp/odai/2155021720301996201/2155022572604939303

https://matome.naver.jp/odai/2155021720301996201/2155022572604939203
https://matome.naver.jp/odai/2155021720301996201
2019年03月03日