『将棋の駒』天童温泉(山形県天童市)&周辺穴場スポット 観光特集

worldwidepartner
みちのくの旅情あふれる温泉街としてもその名が高い。温泉の泉質はアルカリ泉で、肌にやさしい女性向きの温泉。さくらんぼをはじめ、ぶどうやりんごなどのフルーツ狩りや陶芸体験、そば打ち体験なども楽しめる。出典天童温泉の温泉・露天風呂のある宿・ホテル – じゃらん温泉ガイド

天童温泉(山形県天童市)

将棋の駒の生産が全国の95%を占めることで有名な天童市は、みちのくの旅情あふれる温泉街としてもその名が高い。温泉の泉質はアルカリ泉で、肌にやさしい女性向きの温泉。さくらんぼをはじめ、ぶどうやりんごなどのフルーツ狩りや陶芸体験、そば打ち体験なども楽しめる。
天童温泉の温泉・露天風呂のある宿・ホテル – じゃらん温泉ガイド

歴史

1911年(明治44年)、鎌田地区で井戸掘りをした際に温泉が発見され、翌年開湯した。開湯当時は鎌田温泉と呼ばれたが、その後天童温泉と改め現在に至る。2011年に開湯100年を迎える[2]。
天童温泉 – Wikipedia

周辺スポット

佛向寺

温泉と将棋の駒で有名な天童市に佛向寺(ぶっこうじ)がある。
この寺は弘安元年(1278)浄土宗第三祖良忠上人の弟子で、後に時宗一向派の祖となった念仏者、一向俊聖上人の開いた寺である。
佛向寺 | 寺院を検索する | 浄土宗 寺院検索


Tripadvisor 佛向寺

天童公園 (舞鶴山)

天童市の中心部にある舞鶴山は、まちのシンボルとして市民に親しまれ、山頂の展望広場(平成21年度に再整備)からは、月山や朝日連峰、最上川などが一望できます。
また、舞鶴山は桜の名所としても知られています。4月下旬の土・日にはおよそ2,000本の桜の下で、天童桜まつり「人間将棋」が行われます。
天童公園(舞鶴山):やまがたへの旅/山形県観光情報ポータルサイト

天童市将棋資料館

天童市は日本一の将棋のまちで、全国シェア約95%です。
将棋のルーツは、古代インドにおいて遊ばれたチャトランガという、さいころ将棋であるといわれます。
日本に伝えられた時期は明確ではありませんが、平安時代の11世紀頃には既に遊ばれていたそうです。
以来、日本将棋は独自の発展を遂げてきました。
天童市将棋資料館は、将棋の発生と日本への伝来・世界の将棋・駒の製作工程・駒工人の作品など、将棋と将棋駒に関することをわかりやすく展示しています。
てんどう観光物産ナビ|天童市観光物産協会

天童市立旧東村山郡役所資料館

郷土の歴史を知るのには欠かせない資料館。明治12年、東村山郡役所として建てられ、昭和60年の復元工事で今の姿になりました。明治時代の洋風建築として、県の有形文化財になっています。天童織田藩関連資料や明治維新前後の資料を中心に、240点余りを展示しています。
また、雛人形の展示など様々な企画展も行っています。
山形県天童市/資料館・図書館

若松寺

行基開山の最上三十三観音の1番札所です。縁結びのパワースポットとして知られ、4月~12月の第一日曜日に行われる縁結び祈願祭には、県内外から多くの参拝客が集まります。
【若松寺】アクセス・営業時間・料金情報 – じゃらんnet


Tripadvisor 若松寺

おすすめ記事

https://matome.naver.jp/odai/2154860767909040101
2019年02月25日