『男鹿温泉郷・なまはげ』男鹿温泉(秋田県男鹿市)&周辺穴場スポット 観光特集

worldwidepartner
半島の北側に位置する秋田を代表する温泉宿泊地である男鹿温泉郷は、純弱炭酸食塩泉の湯。。名物料理は石焼き。新鮮な魚介類などを桶に入れ、その中に、真っ赤に焼けた石を投げ込むことで、瞬時に煮込むという豪快な漁師料理だ。出典男鹿温泉の温泉・露天風呂のある宿・ホテル – じゃらん温泉ガイド

男鹿温泉(秋田県男鹿市)

奇習なまはげの里、男鹿半島。半島の北側に位置する秋田を代表する温泉宿泊地である男鹿温泉郷は、純弱炭酸食塩泉の湯。。名物料理は石焼き。新鮮な魚介類などを桶に入れ、その中に、真っ赤に焼けた石を投げ込むことで、瞬時に煮込むという豪快な漁師料理だ。
男鹿温泉の温泉・露天風呂のある宿・ホテル – じゃらん温泉ガイド

歴史

日本書紀にも登場した温泉地であるとも言われる。
温泉郷としての活動は、1947年から始まっている。
2004年には映画釣りバカ日誌15のロケ地となった。
男鹿温泉郷 – Wikipedia

周辺スポット

真山神社

男鹿北部に位置する真山は、南部の本山や東部の寒風山と同様に、古くから山岳信仰の霊場として、時の支配者の庇護を受けながら栄えました。
その繁栄ぶりを今に残しているのが真山神社です。杉木立に囲まれた境内は静かで、古代以来の荘厳な雰囲気を感じることができます。なまはげゆかりの地として神社の境内では、毎年2月なまはげ柴灯まつりが行われることでも有名です。
真山神社|男鹿なび


Tripadvisor 真山神社

男鹿真山伝承館

なまはげ館の隣にある男鹿真山伝承館は、男鹿地方の典型的な曲家(まがりや)民家です。
ここでは、元来、民俗行事として大晦日にのみ地元の人以外には中々見ることが出来なかったナマハゲ習俗を広く観光客の方にも知ってもらうために、古い伝統としきたりを厳粛に受け継いでいる真山地区のなまはげ習俗が体感できる学習講座を行っています。
男鹿真山伝承館 | なまはげ館

男鹿水族館GAO

「男鹿の海」の魚類の生息状況を再現した迫力の大水槽、また、世界の珍しい魚たちや、秋田県の魚である「ハタハタ」などが展示されており、アザラシ、ペンギンなどの海の動物たちも皆様をお待ちしています。中でも一番人気はホッキョクグマ、おもちゃで遊んだり、泳いだり、見ている人を飽きさせません。海の生き物に直接触れて学べる「タッチプール」、海を眺めながら食事ができるレストランもあります。
【男鹿水族館GAO】アクセス・営業時間・料金情報 – じゃらんnet


Tripadvisor 男鹿水族館GAO

入道崎

景勝地として名高く、見るものの心を奪う緑の大地、青い海、空の絶妙なコントラスト。
ここに来たら、一面に広がる芝生の上で、パノラマ上に広がる海を見ながら穏やかなひと時をお過ごしください。
男鹿半島から産出される安山岩で造形される北緯40度ラインのモニュメントはぜひ覗いてください。
入道崎|男鹿なび


Tripadvisor 入道崎

なまはげ館

ナマハゲの伝説がなぜこの男鹿の地に残るのか、多くの思いを募らせる貴重な資料の数々が展示されています。男鹿産出の寒風石による石積み造りの外壁と、秋田杉をふんだんに利用した内装が雰囲気を感じさせます。男鹿市内約88地区で行われるナマハゲの面はそれぞれ微妙に風体を変えます。各地区の面・衣装を一同に展示されており、見ごたえ十分です。
【なまはげ館】アクセス・営業時間・料金情報 – じゃらんnet


Tripadvisor なまはげ館

おすすめ記事

https://matome.naver.jp/odai/2154860495808340701
2019年02月25日