【朝鮮半島】大国に囲まれた悲しい歴史

やおいかん

日本、中国、ロシアに囲まれた朝鮮半島が生き残るためには・・・

悲しい属国の歴史

ある時はモンゴル(元)

黒歴史、中国の属国・・・

貢女(朝鮮語: 공녀、コンニョ)は、一般に女性を朝貢品の1つとして献上することである。帰国が出来た女性は国内でも還鄕女(朝鮮語: 환향녀、ファンヒャンニョ)として蔑視・差別待遇を受けた[1][2]。現在でも朝鮮語・韓国語で女性を節操のない女だと罵倒して卑下する言葉として用いられるファニャンニョン(화냥년)の由来となっている[3]。 5世紀に高句麗・新羅から中国の北魏に送ったという記録があるが、朝鮮半島から貢女の献上が最も盛んに行われたのは高麗後期から李氏朝鮮時代にかけてだったため[4][5]、ここでは高麗と李氏朝鮮時代の貢女について説明する。
貢女 – Wikipedia

日清戦争 清からの解放

日清戦争(にっしんせんそう)は、1894年(明治27年)7月25日から1895年(明治28年)4月17日にかけて日本と清国の間で行われた戦争である。なお、正式に宣戦布告されたのは1894年8月1日であり、完全な終戦は台湾の平定を終えた1895年11月30日とする見方もある。李氏朝鮮の地位確認と朝鮮半島の権益を巡る争いが直接の原因となって引き起こされ、主に朝鮮半島と遼東半島および黄海で両国は交戦し、日本側の勝利と見なせる日清講和条約(下関条約)の調印によって終結した。
講和条約の中で日本は、清国に李氏朝鮮に対する宗主権の放棄とその独立を承認させた他、清国から台湾、澎湖諸島、遼東半島を割譲され、また巨額の賠償金も獲得した。しかし、講和直後の三国干渉により遼東半島は手放す事になった。戦争に勝利した日本は、アジアの近代国家と認められて国際的地位が向上し、受け取った賠償金は国内産業の発展に活用されて日本は本格的な工業化の第一歩を踏み出した。
日清戦争 – Wikipedia

晴れて独立のはずが・・・

https://www.youtube.com/watch?v=oCSquyOJMmw

朝鮮王朝(李朝)は独立した王国であったが、1637年に服属して以来、清朝を宗主国としてその宗主権を認め、その影響下にあった。日清戦争後の下関条約において、清は朝鮮が独立国であることを認め、宗主権を放棄した。
これによって朝鮮は法的な独立国家となったが、今度はロシアと日本の介入が強まり、その両派の争いは、1895年の閔妃暗殺事件などの悲劇を生んだ。これは朝鮮宮廷内でロシアを結んで実権を握った王妃である閔妃を日本公使が暗殺団を送って宮中で殺害するという、朝鮮の主権を脅かす事件であったが、かえって日本は立場を悪くし、親ロシア派が台頭した。その間、1897年には、清と対等な独立国であることを示すために、国号を大韓帝国(その略称が韓国)と改めた。
その後、中国で起こった義和団事変などを機にロシアの東アジア進出はより顕著になり、ついに日露戦争に発展するが、韓国は戦中および戦後の三次にわたる日韓協約によって日本の保護国とされ、さらに1910年の日本の韓国併合によっていったん消滅することとなる。
朝鮮の独立

今度は日本とロシアの板挟みに。

日本の保護国に

韓国併合(かんこくへいごう、英: Japanese annexation of Korea)とは、1910年(明治43年)8月29日、「韓国併合ニ関スル条約」に基づいて大日本帝国が大韓帝国[1]を併合して支配下に置いた事実を指す。日韓併合、朝鮮併合、日韓合邦とも表記される[2]。この後、日本による朝鮮半島の統治は大日本帝国がポツダム宣言による無条件降伏後も支配は厳密には続き、1945年(昭和20年)9月9日に朝鮮総督府が降伏文書に調印するまで実質的には約35年間続いた。
韓国併合 – Wikipedia

日本の敗戦・・・アメリカ、ロシアにより分断国家へ

https://www.youtube.com/watch?v=gSVyqvD2i9c

38度線(38どせん、英: 38th parallel north)は、本来は、第二次世界大戦末期に朝鮮半島を横切る北緯38度線に引かれたアメリカ軍とソ連軍の分割占領ラインである。北緯38度線上に定められたことから、こう呼ばれる。大韓民国(韓国)では38線(朝鮮語: 38선、三八線)と呼んでいる。
韓国と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の独立から朝鮮戦争勃発までは、それらの国の境界線(国境)となっていた。朝鮮戦争後の軍事境界線もやはり38度線と呼ばれることがあるが、正確には一致しない。北緯38度線と軍事境界線は、北緯38度0分0秒 東経126度47分13.20秒の地点(朝鮮民主主義人民共和国黄海北道長豊郡沙是里/大韓民国京畿道漣川郡百鶴面梅峴里)で交差する。
38度線 – Wikipedia

ベトナム戦争参戦

また中国に擦り寄る

歴史は繰り返す・・・

https://matome.naver.jp/odai/2154802946703051001
2019年01月21日