【沖縄知事選】故翁長県知事の音声テープ捏造の可能性あり?社民党、共産党系の謀略の可能性も!!

rep0627

9月30日投開票の沖縄県知事選に向け、県政与党は19日夕、那覇市内で調整会議(議長・照屋大河県議)を開き、8日に死去した翁長雄志知事が生前残した後継に関する音声について協議し、翁長氏が後継に指名した金秀グループの呉屋守将会長(69)と玉城デニー衆院議員(58)の2氏のいずれかを擁立することを全会一致で決めた。
玉城、呉屋氏のいずれかを擁立へ 沖縄知事選、翁長氏の後継指名重視 – 琉球新報 – 沖縄の新聞、地域のニュース

音声はあるの?

急逝した沖縄県の翁長雄志知事が期待する後継者として玉城デニー衆院議員らの名前を挙げた音声を巡り、与野党で波紋が広がっている。県政与党関係者によると、音声を聞いたのは新里米吉県議会議長一人で、与党会派のおきなわは音声の公開を求めているが新里氏は応じていない。かたくなに開示を拒む姿勢に自民党からも「本当に音声はあるのか」といぶかる声さえ上がる。
「本当にあるのか」翁長知事の音声、内容巡り波紋 後継指名で与野党に疑問(沖縄タイムス) – Yahoo!ニュース

オール沖縄は早くも分裂?

会派おきなわ(瑞慶覧功会派長)は20日、新里米吉議長に音声の開示を求めたが認められなかった。同会派は「直接音声を聞かなければ言葉のニュアンスが分からない」として、開示されない限り、候補者選考作業を進める「調整会議」への参加を見送る方針。
県議会会派おきなわ、翁長知事の音声開示を要求 知事選候補選考からの離脱も言及(沖縄タイムス) – Yahoo!ニュース

「開示されるまで調整会議には参加できない」。会派おきなわの赤嶺昇県議は21日、改めて音声の公開を求めた。その存在が注目される中「あることを示すことが玉城氏のためになる」と語る。
「本当にあるのか」翁長知事の音声、内容巡り波紋 後継指名で与野党に疑問(沖縄タイムス) – Yahoo!ニュース

会派おきなわとは?

沖縄県議会会派 『会派おきなわ』は、平成24年6月に結成した会派県民 ネット所属議員、奥平一夫、赤嶺昇、玉城義和、新垣清涼、瑞慶覧功、山内末子、 玉城満、から会派「おきなわ」へ名称を改め、平成24年4月1日に施行された沖縄県議会基本条例に基づき、ともに県民の直接選挙により選出された知事と議会が対等で切磋琢磨の関係にある二元代表制の一翼を担う議会の果たすべき役割と責務がこれまで以上に増大していることを踏まえ、議会が知事の追認機関になることなく、自らの権能と責務の重さを深く自覚し、県民の負託と信頼に全力でこたえることを決意し、県民のための会派を平成28 年6月結成しました。
会派おきなわ とは | 会派おきなわ

主導権争い?

「音声を聞いたという新里米吉県議会議長に対し音声の開示を求めたが、新里氏は開示を拒否した」
→ここで拒否する理由は何だろう。

この音声から突然浮上した形の玉城デニー氏だけど、会派おきなわが支援を渋る理由も気になる。
何か主導権争いでもあるのだろうか。
三ーチェさんのツイート

神の声で候補者を変更!!

実際にこの音声データの存在が明るみになる直前まで、呉屋守将会長、謝花喜一郎副知事、赤嶺昇県議、稲嶺進前名護市長、富川盛武副知事等の間で調整する予定だったのです。

(琉球新報)

しかし、翁長氏の「遺言」ともいえる音声データの存在によって、状況は一変します。

たった二日間で玉城デニー氏が後継候補に指名されることになったのです。

ところが、この翁長氏の音声データが存在しなかったのではないかとの疑惑が浮上し、「オール沖縄」内部で混乱が生じているのです。
【緊急拡散】翁長知事の遺言音声は本物か? | 戦後体制の超克

そもそも翁長氏死後何故直ぐに公開されなかった?

そもそも、テープの存在が死後すぐに公開されなかったこともおかしかった。真相は、よくわからないが、勝てる候補者として2人の名前を挙げたが、後継者指名ではなかったということも考えられる。まさかの「虚偽」ということになったら、おおごとだ。
デニー玉城指名の翁長遺言は存在するのか? – アゴラ

録音を聞いたのが何故一人?

音声を聞いたのは、沖縄県議会議長の新里米吉で、新里は「聞いたのは調整会議の中で自分一人」と言っているのだから、始末が悪い。それも、翁長氏の肉声ではなく録音ものだ。
翁長の玉城デニー後継指名は「虚偽」の疑いも ~ 音声を聞いたのはたった一人 | 私的憂国の書

三流の推理小説?

「死人に口なし」とは、殺人事件を題材にした三流の推理小説でよく聞かれるフレーズだが、「翁長氏の音声を聞いたから玉城」というシナリオづくりは、ある意味、きっと忖度があったに違いないと政権を批判する中央の野党より酷い。
翁長の玉城デニー後継指名は「虚偽」の疑いも ~ 音声を聞いたのはたった一人 | 私的憂国の書

会派おきなわの候補者を出さない為の謀略?

会派おきなわの『翁長の遺言』開示要請を拒否したのは社民(新里米吉)
会派おきなわが推薦した赤嶺昇に意思確認(出馬の打診)をしなかったのは社民(照屋大河)
右近衛少将さんのツイート

調整会議議長も照屋氏!

調整会議議長の照屋大河県議は会合後の記者会見で、両氏から前向きな感触を得られていないことを踏まえ、説得に全力を挙げる考えを強調した。
L.A.M.F.さんのツイート

音声テープを唯一聞いたという新里氏と照屋氏は同じ会派!!

翁長雄志沖縄県知事を支援している県政与党や労働組合、企業は1日、那覇市の八汐荘で、秋の県知事選に向けた調整会議を開き、新里米吉議長の後継として、同じ県議会会派の照屋大河県議を議長に選出することを決めた。照屋氏は社民・社大・結の会派長を務めている。新議長が決まったことで今後、照屋氏を中心に翁長知事の2期目の出馬に向けた環境整備を加速させる。
知事選議長に照屋大河県議 与党、現職再選へ作業加速 – 琉球新報 – 沖縄の新聞、地域のニュース

社民の照屋大河が議長を務める選考会議で各党から候補を募った際、謝花喜一郎、呉屋守将、赤嶺昇が推薦されたが、選考会議は謝花と呉屋には意思確認の打診しておきながら赤嶺昇を無視したという前科もあるので、候補者選考で会派おきなわに不信感を持つなと言う方が無理があるわな(´・ω・`)
右近衛少将さんのツイート

共産党ともズブズブの関係?

沖縄の革新政党及びサヨク団体は共産党におんぶに抱っこ。本来水と油のはずの社民党と共産党がこうして手と手を取り合い共闘しているのが沖縄。街中を走り回る軽の違法街宣者もその多くが普段民〇などの広報車に使われている車両。名護市と南城市両方に配備できる力は他の革新政党にはない。
ボギーてどこん(再起動宣言おきなわ)さんのツイート

勝手に捏造の可能性もある?

翁長氏は8日に死去し、その直後から県知事選の前倒しは既成事実だった。音声データの話が出てきたのは、死後約7~10日後。この10日というタイムラグも不自然だ。「後継者指名」という弔い合戦のシナリオを、勝手に捏造していたとすれば、大問題である。そこには県民の意思など欠片も考慮されず、ただ単に翁長の後継という政局のみが存在するからだ。
翁長の玉城デニー後継指名は「虚偽」の疑いも ~ 音声を聞いたのはたった一人 | 私的憂国の書

なぜ加工しやすい音声だけにしたのか?本当に翁長が後継者指名してるならビデオ収録して公開するだろう。病人なので見た目が衰えて映像に出たくなかったにしても、後々問題化しないようにサイン付きの自筆で文書に残す筈。それもないとなると真偽はかなり怪しいと言わざるを得ない。
Ш公爵さんのツイート

何故オール沖縄を脱退した呉屋氏も後継指名になる?

死の直前に翁長知事自身が後継者は呉屋守将か玉城デニーと後継指名をしていたという遺言だかのテープ。大きな疑問があります、呉屋氏はオール沖縄は共産党に乗っ取られたと3月に脱退をしています。それを故翁長氏が指名するわけありません。共産党に音声テープを出せとオール沖縄内でもめています。
井上太郎さんのツイート

日本共産党に乗っ取られたオール沖縄!

オール沖縄を主導しているのは共産党である。共産党と経済界は敵対関係であり両者が共闘することは不可能だ。金秀グループが共産党と共闘したことに矛盾があった。共産党が翁長知事が主張するように「イデオロギーを腹八分六分にして沖縄アイデンティティで共闘する」政党であったら共闘してもお互い妥協しながらオール沖縄を継続していくことができたはずであるが、共産党はイデオロギーの塊である。イデオロギーを腹八分六分にするような政党ではない。イデオロギー100%に徹している政党が共産党である。金秀グループの共産党との共闘はいづれは破綻する運命にあった。破綻する運命の共闘であったから運命通りに破綻したのである。破綻したから呉屋金秀会長はオール沖縄を離脱したのである。
呉屋金秀会長の共同代表辞任はオール沖縄崩壊の始まりではない。終わりである。 | オピニオンの「ビューポイント」

共産党の言いなりになり下がった翁長知事?

政治家である翁長知事は共産党の支持なしには知事の座に居座り続けることはできないから、ますます共産党のいいなりになっていかなければならなくなった。逆に言えば安倍政権とのつながりを絶たれても共産党のいいなりになっていれば知事の座は安定する。
呉屋金秀会長の共同代表辞任はオール沖縄崩壊の始まりではない。終わりである。 | オピニオンの「ビューポイント」

分裂に分裂の顛末!

分裂に分裂のオール沖縄。会派おきなわの離脱宣言で息の根を止められたね
分裂に分裂のオール沖縄。会派おきなわの離脱宣言で息の根を止められたね – 品格より民主そして自由

会派おきなわはテープを公開しないならオール沖縄を離脱し、県政与党が玉城デニー氏を擁立するならデニー氏を支持しないと発表した。
会派おきなわは共産党、社民党、社大党を中心とするオール沖縄にとどめを刺したね。
分裂に分裂のオール沖縄。会派おきなわの離脱宣言で息の根を止められたね – 品格より民主そして自由

オール沖縄から会派おきなわが抜けたらオール沖縄が知事選に勝てないのは誰が見ても明らかだ。例え、玉城デニー氏が出馬しても会派おきなわが支持しなければ落選するのは確実であることを誰もが思うだろう。
分裂に分裂のオール沖縄。会派おきなわの離脱宣言で息の根を止められたね – 品格より民主そして自由

オール沖縄=左派になると?

幅広い層の支持を得るというオール沖縄本来の目的からかけ離れ左派系による排除の論理が働いている時点で結果は決まったと言える。より狂信的、暴力的になるのは目に見えている。その様な方向を翁長氏は望んでいたのだろうか?勝手に意志を継いだと喧伝している彼らのことを嘆いているに違いない!

https://matome.naver.jp/odai/2153493522768925601
2018年08月22日