【豆知識】韓国の新幹線<KTX>乗り場には必ずあるはずのアレがない!?

myloveKOREA
韓国の新幹線とも言われるKTX。日本の新幹線ほど高くないので(2時間乗って4万ウォン(約4000円)程度)利用もしやすく、とても便利。しかし・・・乗ったことがある方はご存知でしょうが、KTXの乗り場には日本の駅には必ずある「アレ」がないんです!その「アレ」とは一体!?

韓国KTX乗り場にはアレがない!?

韓国の新幹線とも言われるKTX。日本の新幹線ほど高くないので(2時間乗って4万ウォン(約4000円)程度)利用もしやすく、とても便利。駅で切符を購入またはインターネットで予め席を予約し、当日時間通りに乗車するといった至って一般的な方法で利用できます。
しかし、1つ日本とは違う、ちょっと変わった点と言えば・・・KTXの乗り場には日本の駅にはどこに行っても必ずある「アレ」がないんです!「アレ」がないなんて、じゃあどうやって乗るの!?と思ってしまうその「アレ」とは一体・・・???

下↓↓↓のFacebookページの動画でKTXの乗り方をシミュレーションしています。あるはずなのにない「アレ」が何か動画を見て当ててみましょう!

「アレ」の正体は?

みなさん動画はご覧になりましたでしょうか??そうです。あるはずなのにない「アレ」とは、「改札口」のことです!
韓国KTXの乗り場では、オンライン/オフラインで切符を購入した後、なんと改札を通らずに乗車することができちゃうんです!日本では考えられないですよね。

どうやって切符をチェックするのか?

改札がないとなると、気になるのはどうやって切符をチェックするのかですね。KTXでは乗車後、車掌さんが車両をまわり、座席をチェックしていきます。そこで切符を見せるように言われたら、切符またはインターネット上で予約した画面を見せるだけでOK!
また、指定の席に座らず空いている席に移動した際も、車掌さんに切符を見せて席移動したことを伝えて問題なければそれでOK。
これでいいのか?!と思っちゃいますが、これでいいみたいです笑

改札がないことでメリットもあります!
お見送りに来た人が、無料で乗車寸前まで一緒にいれるという点!最後の最後まで別れを惜しめるのはなかなかいいかもしれません。もちろんお出迎えに来た場合も降りてすぐに会うことができますね。

韓国鉄道・交通の中心部<大邱>

そんな韓国の鉄道・交通の中心部を担っているのが韓国第3の都市<大邱(テグ)>です。
大邱広域市は韓国内でとても重要な位置にあります。ソウルや釜山を結ぶ地点でもあり、韓国の伝統都市で有名な慶尚北道・慶州市、慶尚南道・晋州市とも鉄道で結ばれています。また、安東市、順天市、光州市など主な観光地とも高速道路で結ばれているのです。

東大邱複合乗換センター

東大邱複合乗換センターは大きく東大邱駅と東大邱バスターミナルの2つに分かれています。
この2つの役割や運行地域などについての詳細は下↓のブログを参照。

また、東大邱駅のすぐ横には超大型新世界百貨店が!規模もかなり大きく、百貨店の中にテーマパークや水族館があってフードコートなども充実しています。ここで1日遊べちゃいそうです!

https://matome.naver.jp/odai/2153472830893293001
2018年08月21日