梅雨にカサカサに!? 油断できない雨の季節の乾燥対策

柿食う刺客
徐々に梅雨へと突入した地域も出てきました。梅雨という肌の悩みで気になるのが、テカリやベタつき。でも、それだけではありません。実は乾燥にも注意が必要です。

梅雨の肌の悩みというと・・・

梅雨は雨が多く、さらに湿度が高いため、肌のテカリやベタつきが気になります。

「雨の日が多い梅雨の季節は、湿度が高いので肌にとっては良いのでは…?」と思うかもしれませんが、美肌を保つ理想の湿度は50~60%といわれていて、雨が降る日はもっと湿度は高いのです。湿度が高いと、肌表面の汗が蒸発しにくくなり、過剰な皮脂の分泌も伴うと肌のテカリ、ベタつきの原因となってしまいます。
梅雨の季節の肌の悩み

テカリ、ベタつき

皮脂の分泌が多いことが直接ニキビの原因に繋がるのではなく、古い角質が毛穴を塞いで肌内部で皮脂と混ざり、菌が繁殖してニキビができるのです。
梅雨の季節の肌の悩み

ニキビ

皮脂が空気に触れ酸化すると黒ずみの原因になりますし、紫外線などの影響を受けると肌のたるみでティアドロップ状の毛穴開きによる影や、メラニンによる黒ずみも起きることがあるようです。
梅雨の季節の肌の悩み

毛穴の開き、黒ずみ

実は乾燥にも注意!!

冷房の影響、乾いた汗などが影響して、肌の乾燥しやすい状態にあるのです。表面は潤っているように見えても、肌内部はカラカラということも!!

ずっと部屋に除湿や冷房を効かせていると、どんどん乾燥が進み、時には部屋の湿度が真冬並みの40%以下という状態になることも…。
ベタつくけど実は乾燥してる?梅雨の肌トラブルにはシンプルケアが一番! ルナプラが「キレイ」を応援します

快適なはずの除湿・冷房の落とし穴!

実は汗も放置していると肌のトラブルを招きます。汗をかくと角質層が吸収した汗の水分で膨張し、ふやけた状態になります。ここから水分が急速に蒸発することで角質層の構造を壊し、バリア機能の低下につながります。
ベタつくけど実は乾燥してる?梅雨の肌トラブルにはシンプルケアが一番! ルナプラが「キレイ」を応援します

汗の放置は厳禁!

紫外線によって肌の水分が蒸発し、バリア機能が低下することで、肌のうるおいが保てなくなり肌乾燥などのトラブルの原因に。
ベタつくけど実は乾燥してる?梅雨の肌トラブルにはシンプルケアが一番! ルナプラが「キレイ」を応援します

梅雨でも紫外線対策を!

気になる梅雨の乾燥対策

洗顔と保湿の基本のスキンケア。べたつくからといって、保湿ケアをおこたるのはNG!!いつも通り化粧水とクリームを使って潤いを補給しましょう。
また、エアコンの頼りすぎにも気を付けてください!!

お風呂から上がったらすぐに保湿です。時間が経てば経つほどどんどん肌は乾燥していきます。
べたつくけど実は乾燥している梅雨の肌。湿度に負けない梅雨肌対策

洗顔のし過ぎにも気をつけます。皮脂を落とそうとして何度も洗ったりするのは逆効果です。
べたつくけど実は乾燥している梅雨の肌。湿度に負けない梅雨肌対策

梅雨が明けるとすぐに夏が!!

梅雨の肌ダメージを引きずったままだと、初夏の紫外線の影響が重なり、より肌トラブルが悪化することもあるのです。
梅雨のうちから先回りしてケアしていくようにしましょう!

紫外線による影響や、間違った過剰な洗顔などによる外部刺激によって、角質層が乾燥してダメージを受けることにより脂性乾燥肌を招いてしまいます。
初夏の強い紫外線と乾燥に注意!脂性乾燥肌とは?

脂性乾燥肌を改善するために最も重要なことは、洗顔方法を見直すことです。ゴシゴシと力を加えて擦り洗いするのではなく、よく泡立てた洗顔料の泡で汚れをからめ取るようなイメージでやさしく洗いましょう。
また、洗顔後はしっかりと保湿効果のあるスキンケアを行い、水分を保持することが大切です。
初夏の強い紫外線と乾燥に注意!脂性乾燥肌とは?

脂性乾燥肌になってしまったら…

https://matome.naver.jp/odai/2152808743569790101
2018年06月04日