追記!【エロ良い映画8選】意外なトップレス女優の熱演濡れ場を見逃すな!

MADISON

瀧内公美 / 火口のふたり(2019)

R18「火口のふたり」 柄本佑×瀧内公美、大胆過ぎて上映NGになった幻の予告映像

瀧内公美 / 彼女の人生は間違いじゃない(2017)

薄幸美人っぷりが絶妙にハマっていて、かなり艶っぽい。想像以上に過激なラブシーンの数々からも目が離せない
新・濡れ場の女王誕生!?エロス漂う薄幸美人、瀧内公美を要チェック- 記事詳細|Infoseekニュース

他にも激しい濡場を演じている。

共演の40歳以上も年の離れたベテラン俳優、笹野高史との絡みを披露して大きな話題を呼んだ。
新・濡れ場の女王誕生!?エロス漂う薄幸美人、瀧内公美を要チェック- 記事詳細|Infoseekニュース

『日本で一番悪い奴ら』では綾野演じる主人公の刑事と関係をもつ婦人警官に扮し、激しいラブシーンに挑戦。少し憂いを帯びた表情とスレンダーボディで魅せるアグレッシブな演技が持ち味の注目株だ。
新・濡れ場の女王誕生!?エロス漂う薄幸美人、瀧内公美を要チェック- 記事詳細|Infoseekニュース

樋井明日香 / 後妻業の女(2016)

この子は、単に豊川悦司の「愛人」というだけです。

もう一度言います。映画のストーリーには直接関係ないのに、この子が脱いで濡れ場シーンを作ってるんです
東宝製作、ゲスでエロくて気分はVシネマ! Machinakaは樋井明日香ちゃんを全力で応援します! 「後妻業の女」批評 – Machinakaの日記

https://www.youtube.com/watch?v=vqvIxvyDb14

伊藤歩 / ふくろう(2003)

この映画での彼女の圧巻は、何といってもオールヌードでの行水のシーン。薄汚い格好で大竹と一緒に文字通り「大の字」で寝ていても、その足の長さや肌の美しさについ目がいくのだから、惜しげもなくオールヌードを見せてくれたときは、思わず生ツバを飲みこむと共に、一瞬心臓がドッキン!
映画評論 ふくろう

緒川たまき / ナチュラル・ウーマン(1994)

森下愛子 / 十八歳、海へ(1974)

大塚千弘 / 東京難民(2014)

満島ひかり / 海辺の生と死(2017)

真木よう子 / ベロニカは死ぬことにした(2005)

https://matome.naver.jp/odai/2152681819576997501
2020年02月13日