ロシアW杯のレッドカード一覧【退場】

mrbcourse

ワールドカップが始まりました

これから熱い戦いが1カ月にわたって行われます。さて、得点と共に試合の流れを変えるのがレッドカードです。

ベッカムやジダンの退場は非常に有名です。

今大会のレッドカードの一覧をまとめてみました。

①カルロス・サンチェス(コロンビア)

退場第1号はなんと日本戦でした。

3分、自陣からのロングボールに抜け出した大迫勇也の1対1でのシュートを相手GKダビド・オスピナがセーブ。こぼれ球に反応した香川真司がダイレクトで強烈なシュートを放つと、ジャンプしたカルロス・サンチェスが右手を伸ばしてストップし、ダミル・スコミナ主審は迷わずPKと退場を宣告したのだ。
「何であれが一発レッドなの…」史上2番目のスピード退場となったコロンビア代表MFが嘆き節(SOCCER DIGEST Web) – Yahoo!ニュース

しかもこの退場は歴代2位のスピード記録。

1986年メキシコ大会のスコットランド戦で、ウルグアイのホセ・アルベルト・バティスタが開始56秒で退場したのに続く、W杯史上2番目のスピード退場
「何であれが一発レッドなの…」史上2番目のスピード退場となったコロンビア代表MFが嘆き節(SOCCER DIGEST Web) – Yahoo!ニュース

この退場が日本を有利にし、番狂わせともいえる勝利を演出したのです。退場の恐ろしさをまざまざと見せつけられました。

②ジェローム・ボアテング(ドイツ)

81分、ドイツがさらに劣勢に。後ろからタックルを仕掛けたボアテングが、2枚目のイエローカードで退場。数的不利に陥る。
後半ATの劇的弾!前回王者ドイツがスウェーデンに逆転勝利でGL突破へ望みつなぐ/W杯グループF第2節(GOAL) – Yahoo!ニュース

しかし後半アディショナルタイムで勝ち越しのゴールを決めて劇的な勝利。この勝利でドイツの連覇は間違いないという確信を得ました。

③イゴール・スモルニコフ(ロシア)

ロシアのスモルニコフが前半36分に2枚目のイエローカードを受けて退場。
A組はウルグアイが首位通過、ロシアを下す サウジは24年ぶり白星(CNN.co.jp) – Yahoo!ニュース

https://matome.naver.jp/odai/2152596439969705601
2018年07月03日