すごい栄養!明日葉「アシタバ」その栽培方法まとめ

InnocentBlue

・明日葉まとめ

まず明日葉の種蒔きは温暖な地域では10月~11月の秋、寒冷地では4月~5月です。半月から1ヶ月で発芽します。明日葉は一斉に発芽することはなく、時間をかけて徐々に発芽します
明日葉の栽培方法を教えて! 【明日葉(あしたば)のすべて!効能や料理について詳しく】

春になり、新芽が出てきたら、2本は摘まないで置きます。3本目の新芽を摘んで食べるようにします。全部摘んでしまったら、次の新芽が出てこなかったり、最悪枯れることも。もしも、育てていた二本目までの茎が枯れてきたら、別の新芽を育ててください。
アシタバの育て方

アシタバはセリ科の多年草で、栄養素を多く含んでいることから主に食用として栽培されています。元々は暖かい地域で自生していましたが、その栄養分の高さから栽培が盛んにされるようになりました。
明日葉(アシタバ)の栽培にオススメな4手順とは? | 植物の贈り物

本原産。草丈1メートル前後に育つセリ科の多年草で、房総半島から紀伊半島の太平洋沿岸と、八丈島など伊豆諸島に自生していますが、古くから食用、乳牛の牧草として栽培されてきました。伊豆大島系と八丈島系の系統があり、茎の色で伊豆大島産のものを「赤茎」、八丈島産のものを「青茎」と呼んでいます。
明日葉の栽培育て方|楽しい家庭菜園 プランター・ベランダ菜園

今日摘んでも明日には出てくるといわれるぐらい生長が早いことから名前がついたアシタバ(明日葉)。
実際はそれほど早い成長ではありませんが・・・
でも春と秋はアシタバ(明日葉)の育つ力は相当なもので、幼葉が出てきたと思ったら、すぐ大きな葉になってしまいます。
アシタバ(明日葉)の効用 アシタバの育て方 : 育て方.jp|花、野菜の育て方など

https://matome.naver.jp/odai/2152570910778611001
2018年05月08日