マジかよ…隕石の衝突が30秒ズレてたら恐竜は存在していた…

tatsubo1208
隕石の衝突が30秒間だけずれていたら恐竜が存在したという仮説があります。

■恐竜

はい、こちらが恐竜さんです。

中生代に栄えた爬虫(はちゅう)類の一群。ニワトリ大のから全長三五メートルを越すのまであり、種類が多様。
恐竜とは – Google 検索

多様な形態と習性のものに適応放散し、陸上動物としては非常に大きくなったものもあったが、約6,600万年前の白亜紀と新生代との境に多くが絶滅した
恐竜 – Wikipedia

■恐竜は隕石の衝突が主な原因?

少なくとも、6500万年前に隕石が衝突したのは確かで、直径約10キロの巨大隕石が6500万年前6月のある日突然地球に、落ちてきた。
恐竜滅亡の様々な説

まきあげられた噴煙によって、地球は暗黒の世界と化し、光合成は不可能、瞬時の衝撃波、津波の後は生体系が狂い、それについて行けなかった生物は絶滅した。
恐竜滅亡の様々な説

■あと30秒ずれていたら…

恐竜を絶滅させたとされる隕石の衝突が30秒ずれていたら、それは海に落下し、被害はずっと少なかったという仮説が発表された。
隕石の衝突があと30秒ずれていたら、恐竜は今もなお生きていたという衝撃の仮説(2017年5月22日) – エキサイトニュース(1/2)

その隕石の衝突は地球上の生命の4分の3までを一瞬でなぎ払った。
隕石の衝突が”30秒”ずれていたら恐竜は今も生きていた? – LINE NEWS

生き残った恐竜も数年のうちに絶滅。衝突で空気中に舞い上がった塵が太陽の光を遮り、気候を大幅に低下させ、深刻な食料不足に陥ったからである。
隕石の衝突が”30秒”ずれていたら恐竜は今も生きていた? – LINE NEWS

■あるテレビ番組にて

BBCの「The Day The Dinosaurs Died(恐竜が死んだ日)」という番組では、6,600万年前にユカタン半島から約40キロ離れた場所で起きた隕石の衝突を調査。
30秒の差が恐竜の絶滅を決めた!【小惑星地球激突死因ランキング】 – 草の実堂

その結果、落下地点は硫黄化合物が豊富な地域であり、これが一層雲を分厚くさせたことが判明した。
隕石衝突があと30秒遅ければ場所が海にずれて恐竜が絶滅しなかったらしい

仮に30秒だけ衝突のタイミングがずれていれば、隕石は大西洋か太平洋に落下し、被害はずっと少ないものになったと推測される。専門家に言わせれば、「極めて残念な場所に落ちた」わけである。
隕石衝突があと30秒遅ければ場所が海にずれて恐竜が絶滅しなかったらしい まとめぞん 2chまとめログ

隕石の衝突時、最大1,000億トンの硫黄が大気中に巻き上げられた。それは10年間地球を寒冷化させ、ほとんどの生物を絶滅させるに十分なものであった。
6500万年前に落ちた巨大隕石がもし1時間ずれていたら、今も恐竜が地球を支配していた – ライブドアニュース

だが恐竜の絶滅は人類にとっては都合がよかったろう。大型肉食爬虫類が消え去ったことで、小さな哺乳類の進出が可能となり、それは進化を通じてやがて人類の登場へと至る。
81-120件 本文「恐竜」を検索 – はてなブックマーク

https://matome.naver.jp/odai/2152344472507719601
2018年04月14日